https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

アイドルと報道

  今日、大麻所持の現行犯で田中聖が逮捕された。この件を、元KAT-TUN田中聖と報じられた事に、意義を唱える人がいる。『現在は別の事務所で別のバンドのボーカルとして仕事をしているのだから、元KAT-TUNと報じるのはおかしい。現在の事務所名と現在の所属バンド名で報じるべきだ。』という訳だ。

  そうだろうか?現在のバンド名で田中聖と報じられたとして、多くの人が、それが誰なのか思いつかないだろう。事実を的確に伝えるのが報道の使命であるなら、今回の件を『元KAT-TUNの… 』と報じるのはやむを得ない。現在グループとして活動休止しているメンバーの3人がどんなに頑張っているか….3人がどんなに心を痛めているかは、また、別の話である。

  また、最近の小山慶一郎手越祐也の報道をもみ消すためにジャニーズ事務所が情報をリークしたのではなどという話もあるが….あり得ないだろう。『アイドルの個人のSNSの情報が流出してファンが不快な思いをしている』という件をもみ消すために『大麻所持』の情報を流す必要が事務所にあるだろうか?そもそも、もみ消す必要性がわからないし…。『大麻所持』は明らかに違法である。『SNSの流出』と同等の事として論じられるのが不思議である。

 

   自身のニュース番組で『この容疑が事実であれば、頑張っているKAT-TUNの3人の気持ちを思うと、悔しく、許せない気持ちになる。このように疑われること自体、あってはならないことだと思う。』とコメントした小山慶一郎。とても立派だ。

  批判されることは覚悟の上で、あえての厳しいコメントだったのだろう。『大麻所持』と『アイドルの私生活の流出』ではことの重大さのレベルが違う。たとえば、手越祐也が過去に撮った指名手配犯との写真が流出したとしても、法的に手越になんの罪もない。小山くんの毅然としたコメントが、あたしにはホントに清々しかった。

 

  田中聖が元KAT-TUNと報じられたところで、現在頑張っている3人、亀梨和也、中丸雄一、上田竜也にはなんの罪もないし、なんの関係もない。今まで通り素敵な仕事をして欲しい。かつての仲間の逮捕で、3人の心は当然波立っているだろうが…割り切って頑張って欲しいなぁ。今度のことで、逆に3人を応援したくなる人がいるだろうし(←あたしもだ)追い風に変えて頑張ってください!

 

  余談だけれど…大麻って『所持』は罪になるけれど、『使用』は罪にならないんだって。え??持ってたらだめだけど、使っちゃえばいいの???合法的に麻の栽培をしている人などを処罰しないようにするための措置らしいが…なんだが腑に落ちないなぁ。

 

とりとめもなくHey!Say!JUMPを語る。

  今日はテーマ無し。とりとめもなく、Hey!Say!JUMPについて語るよ。

 

  まずは、有岡大貴のドラマが決まった事!嬉しいね。コード・ブルーと言えば…山下智久新垣結衣、などなど、最強キャストの中に、大ちゃんも入るのね。しかも、患者役じゃないよ。ドクターだ!娘の高校では、すでに『面白そう』『絶対見る!』と話題になっているって。フジテレビ系なので、番宣でめざましに出演、あるよねぇ。いのちゃんが、取材に行ったり、ゲスト出演を賭けて勝負したり…楽しい企画がありそうだ。

  孤食ロボットに続いて、どんどんお仕事が決まる大ちゃん!有岡革命も来てる?いい演技を楽しみにしてるぜ。

 

  次は、ananについて。いのちゃんのanan…表紙が挑発してるんですけど…笑。あの表情と胸元、襟元に輝く汗…エロいよねぇ。中身の写真もちょっとだけ立ち読みしたけれど…もう、ダメだぁ…。クラクラするわ。

  ananの撮影に入る直前に相葉ちゃんに『これからananの撮影です。相葉くんの時みたいなポーズをします。』ってメールを送って、相葉ちゃんにラジオで『伊野尾はオレをバカにしている!』って言われていたけれど笑…そんなふざけた感じじゃないよ。真面目に相葉ちゃんみたいなカッコいい写真を、撮りたかったんじゃない?(←いや、メールはふざけたんだよね多分…笑)

  で、ananを見ていたら頭の中で『vanilla ice』が無限ループした。まさにエロかっこいいの嵐…。そうだよ、いのちゃんも、あと1ヶ月で27歳、アラサーだぜ。エロかっこいいって、当たり前なんだよね。いのちゃん自身は『長瀬くんみたいな男らしい容姿』に憧れているみたいだけど、いのちゃんの中性的な…でもやっぱりどこか男性らしい艶っぽさは、いのちゃんだけの魅力だよ。だれにも真似出来ないと思う。なんなら、アイドル誌の可愛い感じは卒業してしまって良いのでは…と思ってしまう…(←アイドル誌のグラビアって何歳まで撮ってもらえるんだろう?)

 

  あと…遅ればせながら….山本美月ちゃんがゲストのらじらーが、最高だったね!ピーチガールの番宣ではいつも、すごくしっかりしていて、場を締めてくれる美月ちゃんが、ちょっぴり甘えた声でいのちゃんの進行に身を任せている姿が(←姿は見えないけど笑)ホントに新鮮だった。

  いのちゃんと美月ちゃんの息がぴったりで、『カップルとうっかり一緒に帰る事になっちゃった同級生』な感じの光くんも、ところどころ置いていかれている感じが…でもカップルがちゃんと気を遣っている感じが…なんだかよかったよ笑。次は光くんが恋愛映画撮って、らじらーにお相手を呼んじゃいな!リベンジだぜ!と、わけのわからんことを考えちゃったひるねこである。

 

  と、いうわけで…今日は…もう寝ます。おやすみなさい。明日は早朝から遠征だ。電車でananの広告が見られたらいいなぁ〜!

映画公開記念、伊野尾慧スペシャル第3弾!『可愛いを卒業する!』

  ピーチガール公開記念伊野尾慧スペシャル!第3弾は5月22日の『しゃべくり007』をふまえて…『可愛いを卒業しよう!』がテーマだ。

  5月22日の『しゃべくり007』に『自分の立ち位置に悩むジャニーズ』として登場したいのちゃん。冒頭で『歌もヘタだし、ダンスもあまり踊れないし、(演技は)ようやく最近させて頂けるようになったので…(まだそんなに自信は)ない。このままだと一発屋ジャニーズになってしまうのではないか。』と語る。さすが伊野尾慧!よく分析している笑笑。

  確かにいのちゃんは…歌は山ちゃんや薮ちゃんほど上手くない。でも声が好き。歌い方が好き。いのちゃんはHey!Say!JUMPの歌のアクセントになっているんだよね。ダンスもゆうてぃや知念ほど上手くないかも知れないけれど、しなかやで艶っぽいダンスはドキドキするよ。演技はやる度に上手くなっているけれど、まだまだ未知数ってことかな。でも…いろいろ悩んでいるんだね…。

  『カワイイっていう立ち位置があるじゃない』と言われてf:id:hirunekotan:20170523161909j:image『カワイイのは今だけですもん!』と真剣な表情で反論する。あぁ、ここなんだね、いのちゃんが悩んでいるのは…。もう、カワイイを卒業したいんだ。まもなく27歳だもんね。…『今はカワイイ(と、自分でも思ってる)?』と聞かれて『今はカワイイ!』と元気いっぱいに宣言して芸人さんたちを笑わせていた。(←さすがだ笑)

  この後、芸人さんたちにカワイイを連発されるのはいつものことだ笑。『キスくらいなら出来ますよ』などと斜め上からテキトーに返すのもいつもの展開…。徳井さんにTOKIOの長瀬くんなんかは男っぽさで男からも人気だけど、伊野尾くんはカワイさで男から人気でるみたいな……。』とカワイさを追求するようにお勧めされて、最後にはポシェットを持てと、いわれたところで…今日はいのちゃんがホンネを言ったよ。f:id:hirunekotan:20170523163957j:imageカワイイって言われる事に違和感があるんだって。『外を歩いている時にカワイイと言われても、どう返していいかわからない』これは時々言っているよね。小学生にまで『カワイイ』と言われると戸惑うって……。

  で、有田先輩からのアドバイス『能動的であってはならない。全て受け身で答える。』f:id:hirunekotan:20170523164822j:image『俺、なんとかっス、絶対禁止。腕組みも禁止。』と言われた時のいのちゃんの表情に注目だ笑笑。↑↑↑だって腕組みして『俺、なんとかっス。』とかって、いのちゃんのイメージそのものだよね笑。有田さん、わかって言ってるよね〜笑。

  そして、不思議ちゃんキャラを練習させられて、最終形の『きのこ星に帰らなきゃ〜』の表情…↓↓↓完璧な目線!f:id:hirunekotan:20170523165419j:image即座に『イカれてっぞ!』とぶった切られる笑笑。芸人さんたちにやんやと褒められるいのちゃん。さすがの瞬発力だ!

  『違和感はないよ』と言われて、『見てる人の違和感はないかもしれないけれど、僕の心の違和感がスゴい。』といういのちゃん。f:id:hirunekotan:20170523171012j:imageそうそう。いのちゃんは冒頭からずっとそれを言っていたんだよ! そう、ここまでは前置きなのだ。(←長いけど面白かったからいい笑)

 

  で、ようやく本題だ。『いつもカワイイ、カワイイと言われている伊野尾慧は本当はどんな男なのか』ようやく世間にホントの伊野尾慧を晒す日が来たんだ。感無量である笑。

 

  まず山田涼介の証言『オフモードは全然カワイくない。』うん。オフモードというよりも、メンバーと一緒の仕事、『いたジャン』や『リトラ』『らじらー』なんかでは、べつにカワイくないよね。賢くカッコいい伊野尾慧だぜ。余談だが、やまちゃんのコメントの端々に『ちくしょうめ』というセリフが入るのが可愛い。山ちゃんも優等生アイドルやめたんだね〜(←ホントか?)

  久本雅美の証言『伊野尾くんは番組中エロいコメントが多い。抱いてやりますよ、とか平気で言っちゃってアイドルなのにいいのかなと心配する時がある。』さすが雅美姐さんだ!このコメントで、いのちゃんが俄然イキイキとしてくる笑。

伊野尾『ジャニーズは下ネタを言ってはいけないような雰囲気があるけれど、言いたいんですよ。』

上田『エロいと思われたいの?』

伊野尾『徳井さんみたいにエロいことをお上品に言いたいんです。』

で、スタジオが湧く笑笑。可愛いを卒業して『エロ上品な伊野尾』を目指すといういのちゃんの決意表明である。試しに好きな女性のタイプを頭の上から、足の先までテロッテロの女性です…』と嬉々として語る。この恍惚とした表情笑。↓↓↓f:id:hirunekotan:20170523174212j:image『今夜貴方を口説きます』かと思ったわ笑。(←実は徳井先生より上手かったよね笑)

 

  ピーチガールの番宣の定番になっているキスシーンの話も、一皮剥けていて面白かった。

伊野尾『キスシーンてスゴくないですか?相手の山本美月ちゃんがボクのことをどれだけ嫌いでもキスが出来るんですよ。』

湧く芸人達。

上田『そんなジャニーズいねぇよ!』

原田『何を考えてキスしてたの?この人(オレのこと)嫌いなのかもしれないって?』

伊野尾『もちろん……』

原田『ド変態だよな!』

伊野尾『演じている時は役として向き合っているんですが、それを映画館のでっかい画面で山本美月ちゃんと隣に座って自分のキスシーンを見るんスよ。』

上田『どんな気分なの?』

伊野尾『興奮します!』

笑ったわ〜。美月ちゃんがいたら出来ない話だ。女子がいたら引くよねぇ笑。いのちゃんのホンネに湧く芸人さん。このあとしばらくキスシーントークで盛り上がる。

 

  そしていよいよメインイベント。『可愛いにかわる次の武器を作る』企画。『俺は可愛いだけじゃない。芸能界の匠から学ぶ今日が本当の伊野尾革命007』だって。ワクワク!

  大杉漣先生『突然キレて目立つ』

あ、4月の特番でやっていたやつね。

1.静かに立ち上がり沈黙を保つ f:id:hirunekotan:20170523183510j:image2.相手を見て静かな口調からいきなり大声で怒鳴る f:id:hirunekotan:20170523183640j:image3.いきなり殴ることで、さらに怖さを増すf:id:hirunekotan:20170523184131j:imageそして…おち笑笑f:id:hirunekotan:20170523183957j:image

頑張りました!もうここからは…怒涛の展開なので、文字では追いきれない笑笑。

  サンシャイン池崎『ハイテンションで目立つ』f:id:hirunekotan:20170523184800j:image

ホリケン先生に頂いた塩こん部長!f:id:hirunekotan:20170523185006j:image

藤森慎吾『チャラ男で目立つ』f:id:hirunekotan:20170523193122j:imageやりきった。振り切った。伊野尾慧、よくやった!

 

  2017.5.22.

伊野尾慧が『可愛い』を卒業した日。本当の伊野尾革命のはじまりである。…卒業しても『お前はそのままで充分かわいいんだから』(by岡田准一) 相変わらず可愛いのは仕方ない笑。

 

 

ピーチガール観てきたよ〜!

  ピーチガール、観て来たよ〜!

  月曜日の朝1番の映画館…。主な客層は、運動会の代休らしい中学生のグループ交際らしき男女と、ひるねこのようなマダムたち。それから代休と思われる女の子とママのペア。

  実はひるねこ…ピーチガールはハードルが高いなぁと思っていたんだ。『ピンクとグレー』は堂々と行かれたよ。『こどもつかい』『忍びの国』も平気だ。だけどピーチガールは…笑。少女漫画が原作の高校生のラブコメだよ…。いいマダムのひるねこは、きっと映画館で浮くよね〜ってビビってた笑笑。でも、行ってみたらね、同じようなマダムたちがたくさん来ていたよ〜。もし『浮くかなぁ?』と映画館に行くのをためらっているマダム会の方がいたら、全然大丈夫なので行ってみて〜!娘たちが学校へ行っている朝がお勧めよ笑。

 

  じゃ、せっかくなので感想を…。ネタバレしないように気をつけるけど…まだ映画を観ていない人は観てから読んで欲しいな。

  ええと、ひるねこは3回泣けた。横にグループ交際らしき男子中学生たちがぽかんと座ってたので、号泣はこらえたけど…雨のシーンで切なくて一回。レストランで哀しくて一回。最後に海で一回。

  前半のクライマックスになるのかな…雨のシーン。ももちゃんも、とーじも、カイリもそれぞれの感情があるんだけど、あたしはカイリの切なさに共感した。カイリ自身だって色々な問題を抱えていて、いろんな感情があるのに、全部押し殺してももちゃんを支えているんだよね。ここ、とーじの男らしさも切ないんだけど….ちょっとやりすぎ…。ももちゃんを泣かせすぎだよ〜。

  レストランのシーンはね、カイリの背中がホントに哀しいんだ。お兄ちゃんだけでなく、なんだかお父さんまでも、なんとなく薄っぺらいのがわかっちゃって…。そしてももちゃんが、とても強くて優しい。

 

  とーじとカイリ、どっち派かと言えば、あたしは、原作を読んだ時から圧倒的なカイリ派だ。むしろ今日映画を観るまでは、とーじにあまり共感出来なかった。マッケンのおかげで、ようやくとーじの良さに気づけたわ笑。

  とーじは男らしい。不器用で言葉が足りなくて、でも、ももちゃんをちゃんと大好きなんだよね。映画ではマッケンが、ちゃんととーじの良さを伝えてくれた。原作だとちょっと頑なで、周りの人の気持ちに気づけてるのかな…って思うところがあるんだよね。そこがいいのかも知れないけれど…。

  カイリは柔らかい。心がとっても柔軟で、誰の気持ちもよくわかろうとする。そして、ももちゃんも言っていたけれど、いつも自分は後回し。いつも我慢していて…小さな幸せをちゃんと感じて、喜ぶんだよね。家族に自分の気持ちを伝えられない弱さもあるんだけれど…あれは…ももちゃんが伝えてくれなかったら、永遠に伝わらないのかも知れないって思った。べつにそれでも良いと思っているような…。そしたら哀しくて泣けたよね。カイリってそういう子なんだ。そういうところが好き。

 

  それから…女優陣が素晴らしかった。美月ちゃんの可愛らしさ。少女漫画から抜け出たみたいだったよ。カイリとのデートシーンの服、お祭りの浴衣…うっとりしちゃった笑。永野芽郁ちゃんの演技も!なんて魅力的な小悪魔なんだろう。ますます好きになったわ。

 

 『 ピーチガール』結構な大人でも楽しめる素敵な映画だった。漫画では続編もあるそうだよね。ぜひぜひ同じキャストで映画も続編を撮って欲しいな。

  …ところで、同じスクリーンで一緒に見た、あのグループ交際らしき中学生たち…特に男子たちは楽しめたかなぁ。何年か後にもう少し大人になってから『中学の頃、好きな子と一緒に観たなぁ。今観ると深い話だなぁ。』とか、思うのかもしれないね。素敵な思い出になるといいな。

おばちゃんが隣で鼻すすりながら観ていたのは、忘れてね〜笑笑。

 

 永野芽郁ちゃんの記事はこちら↓↓↓

www.hiruneko.info

   

映画公開記念!伊野尾慧スペシャル第2弾『伊野尾慧と先輩』

  ピーチガールを鑑賞した皆さん、いいなぁ。あたしはこの週末、映画館ではなくて…体育館に通って娘の試合を応援していた。おかげさまで、関東大会出場が決まったよ。ピーチガール公開同様、ひるねこにとっては嬉しい週末であった。

  というわけで、ピーチガール公開記念、伊野尾慧スペシャル第2弾。ピーチガールの公開に先立ち、宣伝のためにたくさんの番組に出演させてもらっているいのちゃん。ジャニーズの先輩との絡みもたくさんあったと思う。今日のテーマは『伊野尾慧と先輩』だ。

 

1.相葉雅紀先輩といのちゃん

  ご存知『志村どうぶつ園』で生まれた『いのあいコンビ』優しいお兄ちゃんに、安心して甘える弟って感じのふたりだ。この春から始まった2人のコーナーで一緒に歌い踊る『いのあいコンビ』は文句なしで可愛い。『こっちの方が可愛い』のダンスでは毎回新しい映像を入れてくれていて、番組スタッフさんの愛を感じる。何年もの間、番組で誠実に頑張ってきた相葉ちゃんが作ってくれた信頼関係の賜物だと思う。この勢いでCD発売まで行っちゃえ〜!

  それから、月9ドラマの主役である相葉ちゃんに、めざましファミリーとして取材に行くいのちゃん。こちらも、いのちゃんの扱いをよくわかっている『めざまし』のスタッフさんのおかげで安心して観ていられる。もしかすると月9『貴族探偵』で共演する『いのあい』が見られるかもしれない。

  メールのやり取りをしたり、食事に行ったり、プライベートでも交流がある先輩は…いのちゃんにとって相葉ちゃんだけなのかもしれない。おっとりとしていて優しい2人は、気があうのだろう。末長く仲良くして欲しいものである。

 

2.櫻井翔先輩といのちゃん

  たくさんのレギュラー番組をもつ櫻井くん。今回のピーチガールの番宣でも何度か共演していたよね。この2人は…エリート家族の優秀な兄と、兄の前では緊張して萎縮してしまう…いまいち出来ない弟って感じかな。いのちゃんは『僕、VS嵐に出る時は、いつも評価されている気分になります。』と言っていたけれど、そう、特に翔くんの前では固くなるんだよね〜。翔くんに認められたい気持ちが強いのかな?憧れの先輩すぎるのかな?

  翔くんは一生懸命、いのちゃんの面白さを拾おうとしているんだけれど、いのちゃんが固くなりすぎて、どうも扱いに戸惑っている様子がチラチラ見える。なんと言うか…上手く噛み合わないんだよね。この2人の絡みは、観ている方も少しむず痒くなるんだなぁ笑。できる兄貴櫻井翔に対して、出来ない弟伊野尾慧のままでいいのにね。その方が面白いのに…。

  次に共演する時はいのちゃん、もっともっと自信を持ってぶつかって欲しいな。そのままのいのちゃんでいいんだよ〜。

 

3.中丸雄一先輩といのちゃん

  以前も、中丸くん出演の情報番組『シューイチ』に『そし誰』の番宣でもお邪魔したいのちゃん。その時もとても優しかった中丸先輩。今回のピーチガールの番宣でもとても優しかった。いのちゃんが勝負に負けたのに、ちゃんと番宣させてくれて…。

  櫻井先輩と一緒だとあれだけ固くなるいのちゃんが、中丸くんと一緒だとのびのびしている。今日の『まじすか』ではなんと靴下をぶつけて、じゃれ合っていた笑。いのちゃんが櫻井くんに靴下をぶつけるなんて想像できないし、多分相葉ちゃんにもやらないよね。多分中丸くんにだけ出来るんだなぁ。中丸くんはいのちゃんのことを『先輩をバカにしている』とか言っているけれど、それほど…いや、全然怒っているようには見えないんだよね。年の離れたやんちゃな弟と、適当に遊んであげる優しいお兄ちゃんて感じかな。

  中丸くんは24歳の時に早稲田大学人間科学部の通信教育課程に入学して、アイドルをやりながら、5年で卒業している。大変なことを飄々と頑張ってしまうところが…なんとなく、いのちゃんと似ている。

  それから、シューイチのスタッフや出演者の皆さんに、スゴく愛されているのが伝わって(←中丸くんのVTRを観るシューイチのスタジオの空気がめざましと同じだ笑笑。)…そんなところもいのちゃんに似てのかな。『ちょっと出来ないから可愛い』みたいな感じが……。

  いのちゃんの自然体を一番引き出してくれるのが中丸先輩なのかもしれない。今後ともよろしくお願いします!

 

4.滝沢秀明先輩といのちゃん

  自身の舞台で『伊野尾はまだか〜』と言ってくれるという話を聞いていたが、先日のめざましに大ちゃんと『こどもつかい』の番宣に来ていた時も言ってくれていた。話を振ってくれる大ちゃんも優しいな…。

   タッキーは『個人的に好きだが、話した事はほとんどない』って言っていたね。もはやネタなのかもしれない笑。いのちゃん、早く滝沢先輩の舞台にご挨拶に行くべきだよ。名前を出してくれるなんて有難いんだから…。(←実はとっくに挨拶に行ってるかもしれないね笑…余計なお節介でした笑)

 

5.岡田准一先輩といのちゃん

  岡田先輩もことあるごとに『伊野尾は可愛い』と言ってくれる有難い先輩だ。岡田くんは、ちゃんといのちゃんを見てくれているようで、最近のめざましテレビ『自分が可愛いって意識するようになって、かわい子ぶるようになった。お前はそのままで可愛いんだから、かわい子ぶらなくていいんだ。』とコメントしてくれていた。ひるねこもそう思う。可愛こぶっちゃダメだよねー!もともと可愛いのだから、さらに可愛こぶったら、砂糖を入れすぎたコーヒーみたいになっちゃうよ笑。そのままのいのちゃんでいいんだ。岡田先輩有難うございます!

 

  こうしてみると、伊野尾慧…たくさんの先輩に助けられているんだな。ジャニーズの先輩方はみんな温かい!

 

  さて、明日は久しぶりの休日だ。遅ればせながら、ピーチガールを観に行くぜ。ももちゃん、カイリ、待っててね〜!

 

 

映画公開記念!伊野尾慧スペシャル『伊野尾慧と子ども』

  いよいよ映画『ピーチガール』の公開が今週の土曜日、5月20日に迫った。いのちゃんと美月ちゃんも、あちこちの番組を飛び回り頑張っている。あたしも一生懸命記事を書こう!…というわけで『祝ピーチガール公開記念!伊野尾慧スペシャル』伊野尾慧の濃厚な記事を書いていこうじゃないの!

  今日は第一弾。昨夜のいたじゃんを踏まえて…『伊野尾慧と子ども』がテーマだよ。

  ひるねこは、いのちゃんの子どもとの距離感が好きだが、昨日のいたじゃんで確信したね。『いのちゃんは、良いお父さんになるし、良い先生になる。』苦手な科目なんか、伊野尾パパまたは、伊野尾先生にかかればすぐに克服できると思う。…では、いのちゃんの子どもとの関わり方を検証してみよう。

  昨夜のいただきハイジャンプは『黒子に徹して子どもの力になる!』。ターゲットはシリーズ最年長、7歳のショウくんだ。自転車に乗れない男の子を1日で乗れるようにする、という企画。いのちゃんが声だけでショウくんの練習をサポートする『妖精』役。f:id:hirunekotan:20170518151008j:imageで……f:id:hirunekotan:20170518145907j:imageはい、出た!昨夜のもう一つの見どころ…やぶひかの共同作業!怖くて地面ばかり見ているのが敗因と分析した体育の家庭教師小関先生の意見をふまえて、ショウくんに『前を向く事の大切さを伝える』大切なお役目だ。2人が考えたのはKiroro作戦。いのちゃん曰く『珍しく作戦の効果バッチリだった』のだが…今回の記事では本題からそれるので省略。やぶひかの記事はまた今度。

 

1.名前は子どもに決めてもらいます。f:id:hirunekotan:20170518152001j:image

まず、いのちゃんのすごいところ、ここです。いのちゃんの中で、今回の主役は『ショウくん』なのだ。自分はあくまでサポート役、脇役なのである。だから名前すら主役に決めてもらう。(←考えるのが面倒だったわけではないよね…たぶん…笑)以前ひるねこは幼稚園で先生をしていたことがあるのだが、『子どもたちの表情が良くていいクラスだなぁ』というクラスの担任は、大抵黒子に徹している。主役はあくまでも子どもなのである。時々、先生が主役として君臨しちゃうクラスがあるんだけど、よほど先生のスキルが高くないと上手くいかない。大抵、子どもがつまんなそうな顔をしてる。

  これね、子育てもおんなじだと思った。お母さんが主役になっていい母親を目指しすぎちゃうと、ダメなんだよね。子どものために…と、あれこれやっていたはずが、いつの間にか、自分がいい母親に見られたいという目的に変わっちゃって……。まあ、これは余談。横道に逸れたので戻ります。

  で、ショウくんがつけてくれた名前が『シロくん』。え?イヌなの?自転車の妖精がなんで『シロ』?とかツッコミたくなるのが大人なんだけど、(←あたしはわりと我慢できずに、よけいなツッコミしちゃうタイプ笑。) いのちゃんはまず『シロくん?ありがとう〜。』って受け入れているね。さすがだ。ここで『ありがとう』の前に『何で?』って聞いちゃうとショウくんは『ダメだったのかな?』って不安になるもんね。そうなると仲良くなるのに、もう少し時間がかかっちゃう。この場面、メンバーのだれもつっこまなかったよね。さすが、Hey!Say!JUMPは優しいグループだぜ!さらにショウくんが『お守りの紐が白いから…』って説明している場面で、ワイプの大ちゃんが、めちゃ頷いていて優しい。f:id:hirunekotan:20170518160337j:image『そっか、紐が白いからシロくんなんだ…。素敵な名前をつけてくれてありがとね。』と理由まで受け入れてお礼を言ういのちゃん。子どもの話に、毎日ツッコミをいれたくてたまらない、ひるねこ…見習いたいぜ笑。

 

2.どうして自転車に乗れるようになりたいの?

はい、ここです。ここのショウくんとシロくん(いのちゃん)の会話。ここで、今回の企画は成功間違いなし。ショウくんは必ず自転車に乗れるって確信した。

シロ『ショウくんは自転車に乗れるようになりたい?』

ショウ『なりたい』

シロ『どうしてなりたいの?』

ショウ『だってもう、みんなも乗れてるしさ、みんなも待ってて、わざわざくれるからさ…』

シロ『うん…』

ショウ『迷惑かけてるから迷惑かけないように、早く自転車乗れるようになりたい。』

シロ『そっか…』

すごいね。7歳でもちゃんと乗りたい理由を語れるんだよ。f:id:hirunekotan:20170518163052j:image名前のくだりでショウくんとシロくんがちゃんと心を通わせていたからよ。普通は会ったばかりで、こんなに話してくれないんじゃないかな?

  そして、練習する前にこの話を引き出した伊野尾慧。天才だな。ショウくんが練習を途中で投げ出さないための動機づけだ。いわゆるモチベーションてやつ。ショウくんが自転車に乗りたい理由をハッキリ意識すると、乗れるまで努力しやすくなる。頑張る気持ちが強くなる。7歳の子相手にしっかり動機づけさせる伊野尾慧…無意識だったら凄すぎるよね。

 

3.ノウハウだけ…

これ、いのちゃん(シロくん) が理系だから?練習中、ひたすら自転車に乗るためのノウハウしか言っていないんだよね。『ペダルをあげて』『足を乗せて』『前を向いて』『ペダルをおす!』『そうそう』とか、短い言葉でショウくんのタイミングに合わせて声をかけている。ショウくんが自分で気づいて『ハンドル曲げすぎないように注意』と言うと『えらい、よく覚えているね』と、すかさず褒める。ショウくんは嬉しくて、さらに自分で頑張るようになる。f:id:hirunekotan:20170518165511j:imageシロくんは『言うことを素直に聞いてくれる』って言っているけれど、あなたの言葉かけが絶妙に上手いんだよ。(←もちろんショウくんが素直で賢いのもある!体力ポイントのくだり…可愛くて悶えたよね、ねっ、山ちゃん笑)

 

4.回すのやってみたい?

シロくんは練習中一度も『頑張れ』って言わなかったね。これは凄い。ひるねこなんて中間考査中の息子に『頑張れ、勉強しろ』と連呼してるよ笑。(←奴は勉強中イヤホンしているので、ほとんど聞いてないんだけどね笑)…で、シロくんは最後まで、次のステップへの提案もしなかったよね。最後にショウくんが自分で『ペダル上げて押すだけじゃなくて、ペダルを回したい』と言い出してやっと『回すのやってみたい?じゃ、やってみる?』と言った。待つねぇ。シロくん!昔、保育理論の先生に『子どもにやらせてはいけない。やりたくなるまで待ってあげなさい。』なんて言われて、当時はよく意味がわからなかったんだけれど、シロくんを見て目から鱗が落ちた気がする。そのあと、あっと言う間に乗れるようになるショウくん。子どもの自主性を尊重するってこういうことなんだね 。最後にショウくんが『一日でできるようになった。』って呟いた。ショウくんが自分で目標を達成した瞬間だよね。いいものを見せてもらった!

 

5.ありがとう!

f:id:hirunekotan:20170518171806j:image今回、黒子企画にありがちな涙はなかったね。ショウくんがシロくんをしっかり抱きしめて『ありがとう』って言う姿で、おばあちゃん目線のひるねこは泣いたけど…。やぶいのひかも、ショウくんも…泣くのを我慢している姿が、なんだか男らしかった。後日の映像で、カーブができるようになったショウくんをみるいのちゃん(←もう、シロくんじゃないね)が嬉しそうだったね。…おい……f:id:hirunekotan:20170518172631j:imageここで泣いたな伊野尾慧笑。『練習するから帰ってきて…』うん、泣くよね。

 

で、結論。伊野尾慧の子ども…または生徒は、幸せである!

 

 

次回のドンピシャーナに備えてHey!Say!JUMPの実力を分析してみる。

  JUMPaperがたいへんな事になってる笑。昨日5月15日、一気に3人更新したね。チーム『孤食ロボット』の3人だ。まだ月の半分15日なのに10回も更新してくれてるのよ。雄也に至っては3回目だよ!あとはいのちゃんの更新を待つばかり…。ピーチガール公開の20日かな?それより前かな?どちらにしても、目が離せないJUMPaper…。まだの方は、ぜひぜひご登録くださいな。(←ただし有料よ〜)

 

  さて、来月のいただきハイジャンプでまたまた『ダレコレ・ドンピシャーナ』をやるそうだ。( ←6月14.21.28日放送予定)王者知念侑李からMCの座を奪うメンバーは現れるかな?…と、言うわけで…まずは前回の実力を分析してみよう。

 

知念侑李→ランクS (錦戸亮○4問目.決勝 長野博○6問目)

現在の王者。質問が的確な上、個性があって面白い。メンバーからの答えを独特の言葉に置き換えて整理する。決勝の6問目『印象を一言で言うと?』の答えが『強い』と『食べ物』。それまで全く絞れていない様子だったが、これで一気に正解にたどり着く様子は圧巻だった。

 

伊野尾慧→ランクA+ (櫻井翔○5問目)

質問にひとつも無駄がない。ひとつひとつの質問と答えを冷静に、頭の中で分析している様子はさすがに理系男子である。実は4問目で正解にたどり着いていたと思われる。王者知念に対抗できる実力の持ち主だ。  

 

中島裕翔→ランクA+ (松本潤○7問目)

激戦区、第2グループの第1プレイヤー。5問目まで絞りきれない様子だったが冷静に分析し、的確な6.7問目を質問して、正解に繋げた。プレイ順によっては決勝に進出する実力の持ち主だと思われる。

 

岡本圭人→ランクA+ (相葉雅紀○7問目.決勝 中島裕翔×5問目) 

冷静に考えながら質問し、落ち着いて分析している。『今までの質問でどれが重要か?』など個性的で有益な質問が目立った。決勝では不正解だったが、無駄のない質問をしている。他のプレイヤーが出す質問への答え方も上手い。

 

山田涼介→ランクA (有岡大貴○8問目.決勝 村上信五×5問目)  

第1グループの第1プレイヤーというハンデの中…しかもいきなりメンバーである有岡大貴のカードを引いていながら、何とか正解までこぎつけたのは立派。しかし、決勝で自分の考えていた人と違う答えを聞いた後、冷静に立て直す事ができなかった。

 

薮 宏太→ランクA (山口達也×3問目) 

帝王の目力が半端ない!他のプレイヤーを睨み散らし、プレッシャーをかける。なんと3問目でコールした。『博打だなぁ、ちょっと…。』と呟く帝王…!かっちょえ〜!決断も早く、質問も的確…だが、おっちょこちょいがたまにキズである。

 

高木雄也→ランクB (二宮和也×5問目)

前回、かなりの部分をカットされてしまっていたので、実力は未知数である。3人目のプレイヤー有岡にプレッシャーをかけようと5問目でコールした。大胆な性格が吉と出るか凶とで出るか…。

 

有岡大貴→ランクB (国分太一×7問目)

前回、6問目で国分太一、井ノ原快彦の二択までいっていながら、7問目に『人を笑わせるのが好きか?』という絞りきれない質問をしてしまった挙句に不正解だった。やや…質問がポンコツか笑?

 

八乙女光→ランクB (井ノ原快彦×8問目)

最終グループの光くん…メンバーの対戦を見てきたはずなのに、 2問目にして『スペインが好きですか?』と聞いてくるチャレンジャーである笑。基本、頭脳より感性の人なので、独特の質問がもしハマれば、あっという間に正解にたどり着く可能性を秘めている。が、勝利よりも…とにかく可愛いひかにゃんを愛でよう笑。

 

  実力分析はこんなところだろうか。知念の2連覇も十分に考えてられるが、ひるねこの見立てではランクA+の3人(いのちゃん、裕翔、圭人)も優勝してもおかしくない実力がある。ランクAの2人(山ちゃん、薮ちゃん) は冷静さを失わなければ可能性はある。ランクBの3人(雄也、大ちゃん、光くん)は感性の人なので、質問がはまるかどうかがカギだ。

  ちなみに、次回のドンピシャーナのブロックは…

Aブロック→大ちゃん、雄也、圭人

Bブロック→薮ちゃん、いのちゃん、裕翔

Cブロック→光くん、山ちゃん、知念

激戦区はBブロックかな?楽しみだ!

 

  前回のドンピシャーナで知念が賢かった記事はこちら↓↓↓ 

www.hiruneko.info