https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

圭人の誕生日に『H.our Time』を聴いて歌割りの素晴らしさに震える…!

新しい年度が始まった。

そう!圭人の誕生日だ♪ 25歳かぁ…圭人といえば『H.our Time』だよね〜

というわけで…ひるねこは夕べ(4月1日) 岡本圭人作曲の名曲『H.our Time』少プレバージョンを久しぶりに観た。酔っ払っていたせいもあって…鬼リピしながら、バイトから帰ってきた娘を捕まえて、この曲の良さをクドクドと語ってしまった笑。文句も言わずにニヤニヤと聞いている娘もやっぱりJUMPが好きなのだ。

『H.our Time』

この曲、聴けば聴くほど良い。10周年を記念してリリースされたベストアルバム『Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O』の通常版13曲目に収録されている。発売日は2017年7月26日。10周年yearの真っ只中だ。

発売当時聴いた時も、もちろん良かった。メンバー全員がリレー形式で作った詞に、圭人が曲をつけていて、10年間のメンバーの想いが凝縮されている曲だと思った。

しかし、この頃は10周年のど真ん中で、全てが盛り上がっていて、素敵な事が矢継ぎ早にあって…今思えば、あたしはこの曲をゆっくり味わっていなかったんだなぁと思う。今この曲を聴くと、昨年の熱気がぶわっと蘇り胸を掴まれる感じだ。

『H.our Time』は圭人の作曲だが、歌割りも圭人がしている。今更だけど、この歌割りが素晴らしいんだ。

ゆとちね

まず最初のソロは知念から始まる。

なにも知らず歩き向かった先に
かけがえのない 僕らの 居場所が生まれた

最年少知念侑李は当時中学2年生。見た目も幼くて、ホントに子どもだったんだよね。『何も知らず 歩き向かった先に…』っていう歌詞に納得してしまう。素直に言われるがままにまっすぐに努力してきたんだ。

それを受けて、裕翔の声が重なる。

道なき種 どこにいるの
悩みもがいて 枯れそうになって

やっと芽吹いた

悩み深い幼い頃の裕翔のエピソードを知っているあたしたちファンには感慨深いよね。そして同級生として寄り添っていた知念とのハモリ。ふたりの学生時代を想うとグッとくる。

やぶひか

そしてなんたって、次の『やぶひか』が良い!

ただそこにいるだけの人
自分だけの暗い世界から
ただ傍にいてくれる人
進む意味教えてくれたね

未知にかけた道を信じてる

確かな理由が今ここにある

僕らはいつも

声を交わして 夢と

ただ向き合っていた

薮ちゃんの美声にピッタリ合う光くんの声。ふたりの声はホントに前世からのシンメだった、っていうくらいにしっくりくる。ふたりでハモるところ『僕らはいつも 声を交わして 夢とただ向き合っていた』の歌詞がいい。ジュニア時代や、ふたりでJUMPを引っ張っていた頃、やぶひかしか知らない時間をたくさん共有しているんだろうな。それこそ、何度声を交わし合ったかわからないだろう…。

いのやま

そして、山ちゃんからのいのちゃん。ここはなんだか新鮮だ。

この先に見える光 手繰り寄せて
君と描き
紡ぐ思い 届け君に

10周年に前後して、Hey!Say!JUMPの雰囲気がとてもよくなった。少年のグループから大人のグループになった感じ。これはあたしの勝手な想像なんだけど、そんな雰囲気の変化には『いのやま』の関係性が変わってきた事も一つの要因なんじゃないかな。

各自が自分とは違う価値観の人を認めて受け入れること…良い集団になるためには必須だよね。『いのやま』がファンの目から見ても仲良くなったのは、Hey!Say!JUMPがワンランクアップして、大人の集団になった証なのではないかと思う。

そして歌詞にあるように『この先に見える光 手繰り寄せて』10周年を迎えても先のことはわからないが、このHey!Say!JUMPで一二を争う美しい容姿を持つふたりが絡むことはHey!Say!JUMPをさらに美しいグループにすることだと思う。もっともっとふたりの絡みが見たい!

ありたか

そしてサビで盛り上がった後に、大ちゃんと雄也のパートになる。

正直つまずいた時もあった

10年 理想とは違って
悔しくて見返したくて

きっと こんなはずじゃないって

不安を自信に変えたくて 

大きな壁乗り越える度

共に支え合う

友と思い ぎゅっと

確かめ合うさ

この大ちゃんのパートがすごく好きだなぁ。『正直つまずいた時もあった 10年 理想とは違って 悔し くて見返したくて きっと こんなはずじゃないって』大ちゃんが悩んで屋久島へ一人旅をしたエピソードを思い出す。いつも笑顔で、人のことばかり気遣っている大ちゃんだからこそ、このエピソードは刺さる。ここをホントに淡々と歌う大ちゃんが、カッコいい!

そして、雄也のイケボが加わる。『不安を自信に変えたくて』不安でメンバーから逃げていた昔の雄也とも重なるよね。( ←薮ちゃんが雄也をストーカーのように追いかけていた話は、後に出てくる歌詞と重なる) 

そして『ベイジャン』が始まり定期的に2人で会うようになった大ちゃんと雄也が『共に支え合う 友と思い ぎゅっと確かめ合うさ』

このふたり…奔放そうに見えて、実は気遣いの人だ。自分が辛くても、まずは相手を気遣ってしまう。ふたりがこの歌詞を歌うから感動する。一番好きな部分だ。

圭人

そして、メンバーと圭人の掛け合い。

Jump to dream
と決めたあの日
Dreams come true
僕たちは願った
09.24(おくにし)まった涙で
花が咲きますように

圭人にとっては、みんなに置いていかれたくなくて必死ですごした10年だったよね。流した涙も、心の奥にしまった涙も沢山あったはず。その涙が蕾になって、花が咲き始めている。圭人を囲むメンバーの声が温かくて、油断していると泣けちゃう部分だ。

いのけと

そして『いのけと』のパート。

きっときっと 行ける未来
もっともっと 夢の先へ
ずっとずっと この仲間で

Hey!Say!JUMPでいのちゃんと圭人だけが、大学へ通い勉強と両立する道を選んだ。ふたりとも、アイドルとしては光を浴びない時期があった。このパートでは、先に脚光を浴びるようになったいのちゃんが圭人に『きっと行けるよ。もっと夢の先へ』って優しく語っているように聞こえる。

少プレのステージに限って言えば、立ち位置が高いいのちゃんの声が、まるで天界から舞い降りた天使のように聞こえるんだけど… (←伊野尾ファンのひるねこの主観ですっ…笑笑)

やぶちゃん

そしてこの薮ちゃんのパート!

Don't say good bye
別れは言わない これからもこの先も
離さないから 繋いだ手と手
固く握りしめて

たとえ別々の道を
歩んでいたとしても
僕らは繋がっていて

この薮ちゃんの『固く握りしめて』がどれだけ心強いことか。後に続くセブンちゃんのパート『たとえ別々の道を 歩んでいたとしても僕らは繋がっていて』も、『うん、薮ちゃんが固く握りしめていてくれるから、大丈夫!』と思わせてくれる。このあたりが、Hey!Say!JUMPの実質的なリーダー…薮宏太が『帝王』と言われる所以なのだろう。

先に書いた、離れかけた雄也をストーカー紛いの行動でしっかり繋ぎ止めた薮ちゃんにも重なる。

JUMP!

そしてメンバー全員がワンフレーズずつ繋ぐ部分。ここ、ソロではないメンバーのハミングがすごく綺麗で好き。

喜び悲しみ 受け入れて生きる
僕たちの夢には 幸せが隠れてる
共に共に 歩んで行こう
愛の在処は ここにあるよ

未来の僕らは 変わらず親しい仲で
誇りをもてる
君がいるから
伝わるかな?
この歌に乗せて 届け

圭人はどうしても裕翔に『喜び悲しみ 受け入れて生きる』を歌わせたかったと言っている。デビュー曲『Ultra Music Power』でも、この歌詞を歌っている裕翔だが、10年経った今、同じ歌詞なのに重みが違って聞こえる。挫折を知らなかった少年裕翔が沢山の経験をして、青年となり同じ歌詞を歌う。感慨深いなぁ。

セブンちゃんのパートはそれぞれ、過去のシングルのフレーズだが、メンバーもファンも歌いながら当時のことがフラッシュバックしたりするのかもしれない。(←残念ながらひるねこは『Chau# 』以降のJUMPしかリアルタイムで知らない…)

そしてメンバー全員で歌いあげる。

ありがとう

ありがとう これまでの時を
これからもこの先も
届くといいな この想いが
君の心へ

いつまでも 心を一つに
笑顔でいられるように
忘れないから、 忘れないでね
共に描いたストーリー

手を取り合って 思いを重ねて
幸せが続くように
H.our Time

Hey!Say!JUMPがファンに歌ってくれている部分だね。9人の想いが溢れていて、ここも油断していると涙がでるところ…笑。

圭人に感謝!

あたしは昨年の10周年のコンサートには行っていないので、この曲をビジュアルで見るのは『少プレ』の映像だけなのだけれど、何度でも永遠に観ていられるほど好きだ。

歌割りが完璧で…JUMPみんなで書いた歌詞と圭人が作ったメロディーをさらに素晴らしいものにしている。Hey!Say!JUMPの10周年が『H.our Time』のおかげで、さらに華やかに感動的なものになったのは確実だ。圭人、ホントにありがとう!

 

…というわけで、今日は4月4日だ。(←3日掛り笑…相変わらず遅い…) 随分遅くなってしまったけれど

圭人、お誕生日おめでとう!!ステキな25歳になりますように。

また、Hey!Say!JUMPのために素敵な曲を書いてる欲しいなぁ!滑り台も楽しみだし…新しい仕事も増えるといいなぁ…

そう『もっともっと夢の先へ』だね!

f:id:hirunekotan:20180404170503j:image

 

年度末に3年目の伊野尾慧を考えてみる

めざましテレビ』『メレンゲの気持ち』…いのちゃんの2年目が終わった。どちらも3年目へ、続投だ!

一年前の3月31日…

昨年の今日、めざましやメレンゲのレギュラー番組の1年目を振り返ってこんな記事を書いた↓↓↓

www.hiruneko.info

この記事の最後に

そして、来年の今頃…また『3年目の伊野尾慧は…』なんて記事が書けるといいな。2年目は正念場だ。

頑張れ、頑張れ〜!

と書いていた。

一年後の今日、あたしは『3年目の伊野尾慧は…』という記事を書いている。ファンとしてこんなに嬉しい事はない。いのちゃん自身の頑張りと番組スタッフのみなさんに、心から感謝したい。

一年前の記事にこんな事を書いている↓↓↓

いのちゃんは、スタッフさんや共演者に期待されるとそのキャラを一生懸命演じてしまうところがある。最初はそれが大切だったのだろうが、2年目に突入した『メレンゲ』と『めざまし』では、ぜひそのままの伊野尾慧を見せて欲しいなぁ。可愛いだけじゃない、ポンコツだったり、意外に器用だったり、口が悪かったり、そういう本物の伊野尾慧が見たい。

そもそも『Chau#』を歌うHey!Say!JUMPを観て、その中の女の子みたいに可愛いいのちゃんに目を奪われて『伊野尾沼』に落ちたくせに、あたしは、実はずっと可愛いだけのいのちゃんが、物足らなかった。

どうでもいいことなのだが…もともとひるねこは、可愛い感じの男子よりは男らしい人が好き。最近では『もみ消して冬』で小瀧望君が演じた『尾関』がど真ん中で好きなタイプである。(←ホントにどーでもいい笑笑) 

…それなのにあの時、『男らしい』ではなく『可愛い』いのちゃんに心を奪われたのは『Chau#』のいのちゃんがとてつもなく魅力的だったからにほかならない。『あんなに可愛い男の人がいるんだな〜!ジャニーズってすごいなぁ…』カルチャーショックのようなものを受けたんだと思う。

『ひたすら可愛い』そう思って気になりだしたいたのちゃんが、実は沢山の表情を持っていることを知って、沼から抜け出せなくなった。表情だけではない。内面もだ。男らしかったり、遊び心があって面白かったり、わりと毒舌だったり、運動がからきし苦手だったり…いのちゃんを知れば知るほど魅力的だった。

…それなのに、せっかく伊野尾革命でレギュラー番組を持ったのに、1年目の『メレンゲ』や『めざまし』や、改編期の特番なんかでは『ただ可愛い』に特化したいのちゃんしか見つけられなくて、それが鼻についてたまらなかったんだよね。『伊野尾慧は"可愛い"の金太郎飴じゃないだろ!』というのが当時の率直な感情だったと思う。

 

いつの間にかすっかり自然体になっていた

それから1年が経ち…2年目を終えたいのちゃんは、いつの間にかすっかり自然体になっていた。へんな力が抜けて…あるがままの自分でいいって開き直った感じ…。それは、伊野尾革命で世間に注目される以前の、もともとのいのちゃんのスタンスだったんじゃないかと思う。そして自然体だからこそ見え隠れする可愛いだけではない、いのちゃんの本質があたしはとても好きだ。

 

モグモグ芸の確立…笑笑

例えば、テレビで何かを食べる時、とても幸せそうに美味しそうに食べるいのちゃんだが、かなりの確率で口にクリームやご飯粒をつける。最近はテレビのいのちゃんに『でた!いのちゃんのモグモグ芸。…ホントにあざといんだからぁ…』とツッコミを入れてしまうわ…笑笑。つまり、そういう伊野尾慧が好きなのだ。

多分いのちゃんは『ほっぺをパンパンにふくらませて美味しいものを頬張り、口にクリームやご飯粒をつけてる俺を、みんな観たいでしょ??』と思ってやっている。絶対に確信犯だ。

普通にテレビを観ている人は『あ〜この子、リスみたいに食べるね〜可愛い』『あらら、お口にクリームつけちゃって…可愛いねぇ』なんて思うのだろうが、コアな伊野尾ファンは『あ、またやってる…いのちゃんてば、あざとい!』『でた!モグモグ芸』なんて、一歩踏み込んだ感情を抱く。そして『確信犯ないのちゃんをあたしは知ってるよ』的な一体感が生まれる。一瞬、いたずらっぽくカメラに視線を送るいのちゃんとテレビ越しにアイコンタクトを取っているみたいな感覚だ。

そういうことも全部わかっていてテレビでものを食べるいのちゃんは、もはや自分のスタイルを確立している。

 

『伊野尾慧らしさ』は『遊び心』

食レポなどのモグモグシーンに限らず、最近のいのちゃんは『伊野尾慧らしさ』をどんどん出してきている。

いのぺでは突然返信機能をつけて、ファンを散々翻弄した挙句に、暗号のような言葉遊びが仕組まれていたわけで…ホントに楽しませてもらった。

それだけではなくて、3月15日のめざましジャンケンで『今日は3月15日。僕と最後の恋、しませんか?』と発言したことで、ちゃっかり(←笑笑) いのぺとめざましテレビが連動してしまった。これも、普通にめざましテレビを観ている人はいのちゃんの容姿と甘いセリフに『さすがアイドル〜』と思うのだろう。スタジオのアナウンサーたちも盛り上がってくれたので、笑っちゃう人もいただろうし、朝からキュンとした人もいただろう。それだけでも十分なのだ。

しかしディープな伊野尾ファンは、やはりこの日のいのぺの怒涛の更新、そして『連続更新の最終日』と関連付けてしまう。テレビを通じて、いのちゃんと生放送の中でアイコンタクトを取っているような感覚だ。…そんなことも、いのちゃんは想定しているんだろうと思う。あたしたちを楽しませてくれながら、自分も楽しんでいる…とことん遊び心がある人なのだ。

Mステの雄也との『登場芸』も同様だ。返信機能付きのいのぺでアイディアを募っていたことがあったよね。あの日の登場シーンをワクワクしながら観た人もたくさんいただろう。あれがファンのアイディアだったのなら、さらに楽しい。

 

新しいジャニーズの方向性

いのちゃんの遊び心とアイディアの豊かさは果てしない。もし、ジャニーズのツイッターなんかが解禁されたら、もっともっと楽しい事を思いつき、楽しませてくれるんだろうな。『らじらー』でも連動しているツイッターを見事に使いこなしているもんね。

ネットニュースでの写真の公開が解禁されたし、YouTubeでは『ジャニーズJr.チャンネル』も解禁された (←どのグループもホントに楽しいね〜!) ジャニーズを飛び出した『新しい地図』の3人は、なんの制約もなくどんどん情報を発信している。

いまこの流れに乗って、古き良きジャニーズも変わるべきなのかもしれない。…公式ツイッターなんかも解禁して欲しいな。時代に乗っていかないと進化しないし…進化のないものはいずれ色褪せてしまう。文化遺産的なアイドルなんて魅力がないよ笑。

SNSなどでファンを巻き込んで遊ぶことは、いのちゃんにとってお手の物だよね。ダンスは苦手だと言ういのちゃんだが (←と…いのちゃん本人は言うけれど、あたしはいのちゃんのフワフワと軽くて妖艶なダンスが世界で一番好き!) 実は彼は、新しいジャニーズの方向性に一番近いのかも知れない。次年度はいのちゃんの斬新なアイディアや遊び心をたくさん見せて欲しい。

 

いのちゃんのレポートが大好き

それから…今まで通りの真摯に人に寄り添ういのちゃんも見せて欲しい。

めざましテレビの『イノ調』をはじめ、いのちゃんのレポートはいつもとても良い。小さな子どもでもお年寄りでも、綺麗な若い女性でも…相手が誰でも変わらずに真摯に話を聞く姿勢はホントに好感が持てる。インタビューで聞いた話に素直にリアクションをするのもとても良い。

レポートの内容によっては、バラエティのシーンでふざけている時とは顔つきや声のトーンまで違う。たくさんの引き出しを持っている人なんだ。真剣な表情のいのちゃんもすごく綺麗だよね。3年目は建築や、いのちゃんのライフワークになっているのかもしれない東北復興…それ以外にも、いのちゃんらしい新しい興味深いテーマをたくさん見つけて欲しいな。

 

3年目が始まる!

さて、いよいよ『めざましテレビ』『メレンゲの気持ち』の3年目が始まる。どちらの現場もとても雰囲気が良さそうで、いのちゃんは恵まれているよね。

ちょっと横道に逸れるけれど、3月30日のめざましテレビ…山崎アナのサプライズ結婚インタビューから始まった『めざまし』を離れる3人のアナウンサーへの卒業セレモニーは感動ものだった。局アナの移動にそこまでやるんだ…!という気もするが、視聴者を含めての『めざましファミリー』という姿勢なんだろうな。

そんな現場でのびのびとやらせてもらっているいのちゃん、3年目はますます飛躍してくださいね〜!

来年の3月31日に、この記事の続編が書けますように!…そして…そろそろまた、いのちゃんの演技のお仕事がみたいんですが…何卒!

f:id:hirunekotan:20180331160952j:image

 

雄也の誕生日にFCに入会した幸せを噛み締めながら『坂道のアポロン』の感想を書く

FCに入会したよ!

とうとうHey!Say!JUMPのFCに入会したひるねこ…(←前回記事からグズグズと日がたち…ようやくだ笑!) 今まで見られなかったジャンペの写真を見て、仲間はずれ感を払拭したわ。

アイドルのオフショットって良い!素のHey!Say!JUMPを垣間見ている感じだ。

中でも、雄也があげる写真がカッコいい。やっぱりリアルに一番モテるのは雄也なんだろうな〜!…きっとプライベートでやっているであろうSNSを覗いてみたいなぁ、なんて思った。

そんな中、ひるねこのお気に入りは、山ちゃんがあげてくれた写真。いのちゃん、山ちゃんタモさん人形の3ショットのヤツ。いのやまがキレイでキレイで、仲良し感が溢れていてず〜っと見ていられる笑。いのちゃんがペットボトルのキャップを手に持っていて…今まさに飲もうとしているような臨場感がたまらんです。

FCに入るまでは仲間はずれ感いっぱいで不貞腐れていたのに、写真や動画(←動画も良いね〜!JUMPの仲良し感!)を観た途端にとても幸せだ。ホントに我ながら単純笑笑。早くコンサートにも行きたいわ!

…お小遣いでは入会が難しい小さなファンの方は…親御さんや兄さん姉さんを巻き込んで、入会できるといいですね…ね!

 

坂道のアポロン』観たよ!

さて、ひるねこ…先日 ( ←といっても、結構前だわ笑) 娘と『坂道のアポロン』を観てきたよん。

f:id:hirunekotan:20180325165238j:image

すごく良かった!青春映画のお手本みたいな感じかな。何が好きって…マイナスな感じがひとつもないところ。登場人物がみんな魅力的で、嫌なヤツが出てこない。ストーリーには理不尽な部分がない。殴り合いの喧嘩をするシーンもあるけれど、決して暴力的ではなくて、むしろ、躍動感でいっぱい。全篇通じて清々しいんだよね。

評判通り、ジャズセッションは鳥肌ものだ。知念の表情がどんどん変化していくのがよい。袖をまくった腕がなんだかよい笑。ディーン・フジオカ氏が色っぽい〜!梅雀父さんもなんだかオシャレだし、大志くんのドラムは躍動感で溢れている。演奏部分だけ繋げてずっとみていたいくらいだ。

 

そして、なんといってもキャストが良いね!

まず、知念演じる『薫さん』

頭が良くて、やや理屈っぽくて合理的。育ちは複雑で少し影がある。身体は小さいけれど、誇り高い。そんな薫さんを知念が見事に演じている。原作の『メガネを外すと美形』という描写も知念にピッタリだ。知念が演じる薫さんは、さらに可愛らしいかったり、コミカルだったりして…原作をなぞるだけではなく、知念の『西見薫』にしているところがすごくよかった。ジャズに目覚めていく表情の変化は観ていてワクワクしたし、友だちなんか欲しがらなかった薫が、千太郎や律子との友情を育み心豊かに成長していく様子にこちらも心が温かくなった。もはやHey!Say!JUMPの知念ちゃんではなくて、俳優知念侑李さんだ。

 

小松菜奈演じる『りっちゃん』

綺麗だったぁ。一番好きだったのは、地下室でのジャズセッションをスイングしながら聴いている姿だ。嬉しくて幸せな感情が溢れていて、可愛いくて見惚れました。原作の律子より、小松菜奈が演じる律子は美しすぎて…百合香に劣等感を感じるのに無理があるかなとも思ったのだけれど、とんでもないね。小松菜奈ちゃんは美しいだけじゃなくて演技も上手だった!律子の優しさや恋する女子高生の切なさなんかも見事に演じていて、キュンキュンした〜

 

中川大志くん演じる『千太郎』

実はこの映画を観るまで中川大志くんと福士蒼汰くんの区別がつかなかったひるねこ笑…映画が終わったあと『千太郎って、リセッシュのCMの子だよね』と発言してしまい、娘にひどく呆れられた笑。

ともあれ…中川くん演じる千太郎はホントにホントに魅力的だった!光の中に生きているような…まさに太陽神アポロンだ。反面、千太郎の影の部分も切ないほど表現していて…中川大志くんはすごく演技が上手いよね。ドラムを叩く姿が喜びに満ちていてスクリーン越しに観ていても、熱が伝わってくるようだった。

また、中川くんの演技が観たいなぁ!(←もう二度と福士くんとは間違えないわ笑) 

 

あとね、ディーン・フジオカ演じる淳兄の恋人『深堀百合香』 (←原作と微妙に設定が違うんだよね…) がとても綺麗で、白い帽子が完璧に似合っていた。百合香がすこぶる魅力的な女性だったので、映画版りっちゃんがあれだけ美しくても物語が自然に成立しているわけよね。真野恵里菜ちゃんが艶っぽくて良かった〜!

 

で、ひとつだけ残念なのはラストシーンね…。カックンときた人、多かったんじゃないかな笑笑?賛否両論あるのかもしれないけれど、あたしはカックンときた派です!とだけ書いておこう笑。

 

さてさて、今日は3月26日!

Hey!Say!JUMPのリアルイケメン、高木雄也さん、お誕生日おめでとうございます!!

今年に入ってドラマに出演したり舞台が決まったりと、波がきているね〜

飛躍の28歳、そして幸せな28歳になりますように!

 

 

伊野尾慧、南相馬市から元気を届ける!

東日本大震災から7年。めざましテレビ、3月8日の『イノ調』は『被災地の若者たち〜7年目の主張』の2日目。3.11を前にしての3日間連続の企画だ。いのちゃんが福島県南相馬市で『娯楽』について取材した。

f:id:hirunekotan:20180311152206j:image

 

昨年の同時期には宮城を取材したいのちゃん。その時の『イノ調』は今でも心に残る、とても優しいレポートだった。ひるねこも記事に書いています↓↓↓

www.hiruneko.info

 

今回は南相馬市の現在を取材に行ったいのちゃん。南相馬市…どんなところなのかなぁ?と検索してみた。

恐竜の足跡が発掘されたり、前方後円墳があったり…なんといっても『相馬野馬追』というお祭りが有名だそうだ。このお祭り、すごい!甲冑をつけて競馬をしたり、花火で打ち上げられる御神旗を騎乗したまま取り合ったり、何頭もの裸馬を素手で捕らえて神社に奉納したり…何より、何百もの騎馬武者の数に圧倒される。

こちらは福島県公式チャンネルによる『相馬野馬追』の紹介動画。震災の翌年のお祭りの様子だ。↓↓↓


真のサムライ此処にあり ~相馬野馬追~

福島県といえば、会津藩の白虎隊が有名だけれど、南相馬市には『相馬武士(そうまもののふ)』という言葉があるそうだ。震災の年は規模を縮小したそうだが、それ以降も伝統のお祭りは毎年続いている。2016年7月に小高区の避難勧告が解除されてからは、昔のままに行われているそうだ。

震災前年から今年の1月まで2期8年間、市長を務めた桜井勝延さんは震災直後の相馬市の窮状をYouTubeで積極的に発信して、この年のタイム誌『世界で最も影響力のある100人』に選ばれた。そういえば、桜井市長が当時あちこちの報道番組で窮状を訴えている姿が記憶に残っている。この方も『相馬武士』なんだろうなぁ。

ところで、南相馬市にはかつて『原町無線塔』という電波塔があり(←高さ201メートルで、当時はアジアで一番高い建築物だったそうだ!) 大正12年の関東大震災の時には第一報をアメリカに打電して、これによって震災のニュースが世界に伝わったのだそう。…現在は10分の1のミニチュア版が『憶・原町無線塔』として残っているそうだ。いのちゃん、見たかなぁ?

 

さて震災から7年だ。Wikipediaによれば2011年3月1日の南相馬市の人口は70772人、2017年10月1日の人口は55364人。避難勧告が出ていたこともあり、随分減ってしまった。

7年分復興は進んだんだろうな…と思いながら番組を見始めたんだけど…いやいや、復興には時間がかかる。冒頭の映像…更地にはなっているけれど、まだなにも出来ていない印象。土を盛ったり、防潮堤、防災林を整備したり、そこからのスタートだ。

原発20キロ圏内の小高区の避難勧告が解除されたのが、一昨年の夏。それまでは、無人の街だった。いのちゃんも言っていたけれど、想像がつかない。今では3割近くの住民が戻ってきているそうだが…。先程書いた『相馬野馬追』の3日目の神事『野馬懸』は小高区の相馬小高神社で行われるそうだ。普段は人口が少なくても、お祭りの時にはみんな戻ってくるのだろうな。だからなおさらお祭りを盛大に行うことが大切なのかもしれない。

いのちゃんのナレーションは相変わらず優しい。みなさん、しっかりと信念を持って故郷で暮らしているのだろうが、いのちゃんがインタビューをする姿が真摯で…話を聞く姿がとても自然体で、住民のみなさんも話しやすそうにしているように見える。

いのちゃんファンの中学生の女の子が『学校でみんなに会えること、小高区というちゃんとした故郷に住めることが一番嬉しいです』と言っていた。小学校一年生で震災に遭い避難生活を強いられたからこそ、故郷に帰って来られたことが嬉しいんだろうなぁ。いのちゃんや、Hey!Say!JUMPに元気をもらっていたと言ってもらって、いのちゃんも嬉しそうだった。

きちんと手袋を外して両手で女の子の手をとても丁寧に握ったいのちゃん。ちっともテキトーじゃない、そういうところが大好き!

f:id:hirunekotan:20180311144759j:image

 

大学を卒業して、故郷で働く事を選んだ若い女性たち。津波の被害を受けてもなお、南相馬の海が変わらずに好きだという大学生の男の子。

朝日座を楽しむ会の会長さんは『人生を楽しむには娯楽がないと、遊びがないと生きていけないて思いますので…』と語っていた。ほんとにそうだ。どんなに不便で困難な生活でも、娯楽があれば生きていかれる。

みなさんとても前向きで、生き生きとしていて、いのちゃんのレポートを見ながら、まだ防潮堤の整備の途中でも、防災林を整えている途中でも、人々の心はちゃんと復興しているんだなと感じた。

可愛い三姉妹を育てているお母さんと屋根付きの遊び場へ行ったいのちゃん。f:id:hirunekotan:20180311153617j:image

わぁ、みんな元気いっぱいだ!子どもたちが元気に遊んでいる姿を見ると幸せになるよね。そこでママ友を作るというお母さん。一緒に子育てしたママ友は一生のお友達…もしかしたら戦友だと思う。親子で素敵か出会いがある、素敵な場所だ。

そして5年前に三宅パパも取材したという『ドライブインはなぞの』へ…5年前には生まれていなかったというお子さんが2人!元気いっぱいに飛び回っている。若旦那さんの『若い世代が極端に少ないなで不安ではあるが、やはり地元なので、ここで子育てして頑張っていきたい』という言葉…そして元気いっぱいな坊やたちを見ると、きっと大丈夫!って思える。

いのちゃんも『素敵な街だと思った』と言っているけれど、同感です。南相馬市の皆さんに逆に元気をいただいたように思える、素敵なレポートだった。

 

末廣 純米 相馬野馬追 1.8L

末廣 純米 相馬野馬追 1.8L

やっぱり伊野尾慧は素敵!…と『いのぺ』を読み思う

ご無沙汰してしまいました!

娘が志望校(…実は第2志望笑)に無事に合格して大喜びのひるねこ…学費をパァーっと振り込み、ついでに車の免許を取りに行くという娘のために教習所の費用もパァーっと振り込み、入学式に着るというスーツをパァーっと買い込み笑笑…預金残高を見てちょっと引きつった笑顔を浮かべながら、部活の三送会で涙し、卒業式でほっこりし…そんな一か月を過ごしていた。

娘が高校を卒業して…なんだか肩の荷が降りた気がする。このところ、一緒に子育てしたママ友たちと飲む機会が多いのだけれど…『ホントによく育ってくれたよね〜!あたしたち頑張ったよね〜!』とお互いに誉め合っている笑。まだ我が家には高1の息子がいるのだけど、子育てのゴールは、もしかしたら高校卒業なのかなぁなんて思った。

 

そんな身も心も軽やかなひるねこ、今日はいのぺについて書くよ。

今日は2018年3月5日…いのぺは1月31日から毎日更新されているのでざっと33日連続だ。しかも、2月からは返信機能がついているわけで…もう、伊野尾慧は天才なんじゃないかと思う。

ひるねこは、ご存知のように実生活ではこの春高校を卒業した娘がいる熟女である。(←あえて『おばちゃん』とは言わない…笑)

でも、いのぺのおかげで図々しくも、絶世の美青年、伊野尾慧の彼女気分を味わうことができるわけ。誰にも迷惑をかけず、不快な思いをさせることもなく、自由に彼女ごっこができるなんて…いのぺはホントに素晴らしい。あの、いのちゃん特有のテキトーな感じ…徹底した短文がさらにリアルさを醸し出してくれる笑。

 

もう一つ、いのぺが素晴らしいところがあって…これは、ガチなファンの皆さまの前では言いづらいのだけれど…最近、Johnny's webでジャニーズファミリークラブの会員限定コンテンツが見られるようになったそうで…つまり、FCに登録している方だけが見られるお宝ショットがジャンペにも載るようになったのだ。

これね、見られない人には仲間はずれ感満載よ笑。

ご存知のようにJohnny's webの会費は月額¥300+税だ。中学生以下でもお小遣いでいけるくらいの金額。一方、ファミリークラブは入会金¥1000+年会費¥4000…つまり一時金で¥5000。月額にして¥417…Johnny's webと両方なら¥740…中学生以下には微妙なお値段だよね。一時金となれば、当然親御さんに要相談である。

…しかしFCに入会していないとコンサートにも行かれないわけなので、今回の限定コンテンツ公開に関しては『当然、皆さん会員ですよね!アイドルの素顔見せられるようになりましたよ〜!よかったでしょ!』的な有難〜い空気が漂っている。

だが…繰り返すが……見られない人には仲間はずれ感満載です!

 

もう、おわかりでしょうが…ひるねこ、FCに入会しておりません。だって今まで、娘の試合の応援で手一杯…どうせコンサートには行かれないと思っていたから。

だからね、他のメンバーがお宝写真をどんどんアップしてくれているのに全然見られなくて、ちょっと不貞腐れていたわけ笑。そんな中『いのぺ』だけは、一回もあたしが見られない写真はアップしていないのよ。『いのぺ毎日更新中』に彼が載せた写真は、『お月さま』と『魚の煮付け』だけ。

いのちゃんにはめざましテレビの『いのピク』で、毎週お宝写真をファンに発信する機会がある。だから、あえて『いのぺ』には載せないのかもしれない。が、ジャンペのFC会員限定写真が見られないあたしにしてみれば『さすが伊野尾慧!』なのである。

 

プライベート写真を発信する機会がないジャニーズにとって、会員限定だろうと発信する機会が与えられたことはホントに喜ばしいことだ。ファンにとっても見たければ会員になればいいわけで…会員になれば、会報は見られるし、コンサートや番協に行くチャンスも増える。ホントに好きなら会員になればよいのだ。

…そう…それはそうなのだが

それとは別に、やっとママのお許しを得てJohnny's webに登録した小さなファンがいたとして『ちゃんと会費を払っているのに、見られない写真があるってどうよ?』とも思うのよ。『あたしと同じようにガッカリするだろうし、仲間はずれ感も味わっちゃうんだろうな〜』と思う。

いのちゃんの真意はわからないけれど…伊野尾慧ファンのあたしとしては、いのちゃんが、そんな小さなファンにも寄り添ってくれているから写真を載せないんだと思いたいなぁ。(←え?いのピクですらネタ切れなのにいのぺまで手が回らない?…いや、そんな事ない笑!) 

 

さて、ひるねこですが…いよいよFCに入会します!今年は少し時間が出来る娘とコンサートに行こうと目論んでいます。小さなファンの皆さんを差し置いて、ジャンペのお宝写真も見せていただきますよ。

f:id:hirunekotan:20180305170917j:image

 

 

いのぺは毎日更新されているし、山ちゃんは可愛いし…なんだか幸せを噛みしめる!

いのぺが毎日更新されているせいか、毎日楽しい。ゴメンね、ぶり一緒に食べられなくて…。昨日は遅くまで仕事だったから眠いね〜。などと心の中でつぶやいている自分…笑笑。いのちゃんに手の中で転がされちゃってさ……あぁ、幸せだ笑笑!

 

幸せといえば…土曜だ。

メレンゲ→いたジャン→らじらー→もみ消して冬!!幸せな気持ちで布団に入り一週間のモロモロをリセットする。土曜日は最強の流れだ。

『もみ消して冬』第4話も見どころ満載だったが、ひるねこのお気に入りは道場で小瀧くん演じるでっかい後輩の周りを白帯でピョコピョコしているちっこい秀作…。

f:id:hirunekotan:20180206153754j:imagef:id:hirunekotan:20180206153807j:image

なんか、後輩が呆れ顔だし笑笑f:id:hirunekotan:20180206153841j:image……しかし、小瀧くん…カッコいいなぁ!

『また例の例え話ですか…聞くのお断りしてもいいですか?』f:id:hirunekotan:20180206154131j:image『ど〜して!』f:id:hirunekotan:20180206154212j:image『俺が悪用するとでも思ってるのか?』

にじり寄る秀作…あぁ可愛い!パーティーに招待する代わりに例え話を聞いてもらえることになり…f:id:hirunekotan:20180206154514j:imageちんまりとお隣に座る秀作。…ひるねこ、悶えましたわ。

 

山ちゃんは役者として沢山の役を演じているけれど、この『北沢秀作』ははまり役だと思うなぁ。秀作をみていると、山ちゃんをますます好きになってしまう。そして、自説である『山田涼介は3枚目キャラがハマる』を確信する。

ひるねこは、天草流くんや高田優くんより、金田一はじめくんや、北沢秀作くんが好きだ。山ちゃんの綺麗な顔で、2枚目を演じても『あね〜』だけれど、3枚目を演じると綺麗な容姿がさらに引き立ち『こんなに綺麗なのに、こんなに面白いんだ!』とあまりにも美しく、近寄り難い山田涼介に親近感が湧くのかもしれない。そしてリアルな山ちゃんはこんな風に可愛い男の子なのかなぁ、なんて想像してしまうのだ。

 

ところで、この『もみ消して冬』のCプロデューサーである福士睦氏だが…今期『卒業バカメンタリー』も担当しているんだね。ご存知のように、日テレ月曜深夜枠『シンドラ』…光くん、大ちゃん、雄也の『孤食ロボット』、風磨くんの『吾輩の部屋である』に続くのがこの『卒業バカメンタリー』なのだが…こちらも今期イチオシ!ひるねこの大のお気に入り番組だ。

ジャニーズWESTの流星くんや、濱ちゃんらが超一流大学の四年生を演じているのだが、この子たち、頭のネジが一本飛んでいるようで…笑笑…バカバカしいことに真剣に悩んでる姿が本当に可愛らしくて、笑ってしまう。このドラマが始まってから、すっかり濱ちゃんファンになってしまったわ。

4人の大学生の姿が、このところ男子とばかり連んでいる男子校に通う我が家の息子にも重なって、ひるねこ的には、余計にリアルで面白いのだ。

ご覧になっていない方はぜひ!

 

さて、『もみ消して冬 』だが…今週も知晶のキレっぷりがよかったわ。f:id:hirunekotan:20180206165443j:image恵方巻食ってろっ!!!』

そして楠木に鬼の形相で豆を投げるお父さん笑笑f:id:hirunekotan:20180206165809j:image笑い転げましたぜ。

北沢家のみなさん、次回も期待してますよ〜!

 

 

土曜の夜は幸せに笑い転げよう!『もみ消して冬』#1

  『もみ消して冬』ご覧になりましたか?

  Hey!Say!JUMPの不動のセンター、我らが山田涼介主演の新ドラマは、頭を空っぽにして、1時間笑い転げられる…まさにひるねこ好みのコメディーだった!山ちゃんの愛らしさが画面から溢れ出ていて、とても幸せな気持ちになった。

  ネットでも話題になった山ちゃんの多彩な表情。f:id:hirunekotan:20180115151247j:image

  こじんまりとしたサイズ感も含めて、可愛くて可愛くて!山ちゃんの新しい魅力を最大限に見せてくれている気がする。ホントに『もみ消して冬』のスタッフのみなさまにお礼を言いたいわ。

 

  ところで、ひるねこ…かつてこんな記事を書いております。↓↓↓↓

www.hiruneko.info

  記事の中でJUMPの今後のお仕事に夢を膨らませたひるねこ…山ちゃんの項ではこんな希望を述べている。↓↓↓↓

そんな山ちゃんにして欲しい新規事業はなんだろう?……バラエティ?…というより、コメディーだろうな。新規事業とは言えないかもしれないけれど、山ちゃんには俳優としてコメディーを演じて欲しい。ほら、アメリカのホームコメディーみたいなやつ…毎週ゲラゲラ笑いながら観られて、観終わったあとほっこりするような…。できれば、国民的人気が出て…『水戸黄門』や『相棒』のように何シーズンも続くようなものにして欲しい。

美しいけれど、丸顔で小柄な山ちゃんは、シリアスなドラマよりも、笑顔いっぱいのコメディーが似合うと思う。メンバーにしか見せないという、山田涼介の可愛い部分をお茶の間に晒して欲しい。

   今回のドラマでひるねこの希望は…まさに具現化された。もう、日テレのドラマ班のどなたかが、このブログを読んでくださったのでは…とすら妄想してしまう笑笑。

 

  まずは公式HPから人物相関図を拝借…。

f:id:hirunekotan:20180115141419j:image

『平成の華麗なる一族』北沢家の人々。これが濃いんだわぁ笑笑。

北沢泰蔵(父)

  中村梅雀演じる私立中学の学園長のお父さんが生徒のお母さんと関係を持ち、全裸の写真を撮られて強請られる。…それを自分の誕生日パーティーの場で子ども達に告白するのだが…余りにも堂々と偉そうな態度なので笑ってしまった。挙句に…警視庁勤務の末っ子に、真顔で『お前の組織でなんとかならないか』って…笑笑。

  梅雀さんは、流石に演技が上手い。山ちゃんの豊かな表情とは逆で、ほとんど表情は崩さずに目の動きや、頬や口の微妙な動きだけで気持ちを伝えて笑わせてくれる。…円らな瞳とハの字の眉毛が可愛い!

  外では立派な教育者で通っているのだが、家の中ではどこか子供っぽく『ちっちゃな暴君』な感じが良い。こんなオモロイお父さん、実はあちこちの家庭に生息していそうだ…笑笑。

北沢博文(長男)

  小澤征悦演じるお兄ちゃんは、天才外科医でナルシスト。病院のパソコンで、お父さんを強請っている女性の名前を検索する前に思わず『北沢博文 イケメン』とエゴサーチしているシーンでは吹き出してしまった。

  得意気に女性の『マンモグラフィーと下腹部のエコー写真』を出してきた時にはお腹を抱えて笑ったわ。妹にピシャリと『バカじゃないの?』と言われていたけれど…同感です笑。

北沢知晶(長女)

  波瑠ちゃん演じるお姉ちゃんの知晶は竹を割ったようなスカッとした女性だ。小さい頃からおっとりした弟を、ついからかってしまっていたんだろうなぁと想像できる。弟がお姉ちゃんに向かい合う時にいつも目を見開いて、やや涙目になっているのを見ると、この姉と弟の力関係が伺える笑笑。

  弟がクズクズ言うたびに、舌打ちしたり、睨んだり…我が家の姉も、2つ年下の弟に対して似たような態度をとるので、親近感を覚えたわ〜笑。

北沢秀作(次男)

  我らが山田涼介演じる、北沢家の末っ子。可愛いの塊!東大卒、警視庁勤務というエリートなのに、どうしてもそんな風に見えない。家では優秀な兄姉の下で小さくなり、職場でも小瀧くん(ジャニスト)演じるデキル後輩に押されがちだ。

  この子の可愛さは全て、その融通の効かなさにある。後半で、男の色気を追求して、危険を犯して兄の勤める病院に潜入するくだりでは、お腹が痛くなるほど笑ったわ。兄と姉が面白がってわざと弟に難題を押し付けているんじゃないかとすら思っちゃう笑笑。

  法を犯してでも家族を守ろうとする兄や姉に

秀作『いや、だからって僕たちが法を犯していいって事にはならないと思うけど…。そうだよね、姉さん?』

知晶『いちいちうるせんだよ!』

この後の知晶の長セリフが小気味良くて大好きだ。

  f:id:hirunekotan:20180115162623j:image

  問題解決?後にお姉ちゃんから人参をもらって…さらにお父さんがプレゼントのセーターを着てくれて、ホントにうれしそうな秀作くん。可愛い可愛い可愛い!f:id:hirunekotan:20180115163421j:image

 

 来週はお兄ちゃんの問題をもみ消すらしい。どんな破茶滅茶なことになるのか楽しみでしかないわ。波瑠ちゃんの滑舌の良い啖呵も楽しみ。   

  ハムスターの妖精のような可愛い千葉雄大くんも必見だね!f:id:hirunekotan:20180115164823j:image