https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

その11 いよいよデビュー。『Ultra Music Power』は名曲だ!

2007年9月21日に結成されたHey!Say!JUMP。

9月24日にデビューを発表し、11月14日にCDデビューとなる。

晴れのデビューなのだが…メンバーや残された仲間たちの心境を思うと複雑である。

hirunekotan.hatenablog.com

 

2007年9月24日

Hey!Say!JUMPは横浜アリーナで行われていたコンサート『JOHNNYS'Jr.Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA』でデビュー曲『Ultra Music Power』を披露して結成を発表した。

この様子はTV番組『HEY! HEY! HEY!MUSIC CHAMP』で中継されていて、今でもネットを検索すると見られる。

ここまでHey!Say!JUMPの過去を探ってきたひるねこ…それぞれの気持ちを思うと、この日に披露された『Ultra Music Power』はスゴく特別なものに思えて泣ける。

 

デビュー曲…『Ultra Music Power』オリコン週間ランキングで初登場1位を獲得している。

今でも歌番組などでよく歌ってくれるが…スゴく好きだ。聴けば聴くほどJUMPそのもののような気がして、作詞したMSSさんという人物が気になって仕方がない。

 まず、ゆうてぃのパート『喜び悲しみ受け入れて生きる』

JUMPの成り立ちの悲喜こもごも…それぞれが抱えている気持ちを全て黙って受け入れて前に進んで行く。裕翔は入所以来ずっと光の中を歩いて来たような子なので、この時は悲しみなど知らなかったかもしれない。だが、この後に起こるセンター交代劇、その後しばらく続く劣等感と悩み…山ちゃんとの確執まで予言しているみたいでぞくっとする。すっかり大人になった裕翔だが、ここを歌うたびに彼は今でもでもほろ苦い気持ちになるんじゃないかと想像してしまう。(←考えすぎか笑)

 次、セブンの歌う『ありのまま立ち向かえ、痛み感じても…』

デビュー直後にメンバーが感じるアウェー感、祝福されていない感、自分たちが感じているうしろめたさなどは、圭人を始め、メンバーみんなが感じていた痛みだと思う。歌もダンスもトークもちゃんと出来ていないのに先輩を抜かして、仲間を置いてデビューしてしまった罪悪感だ。必要以上に周りの目が気になったんだろうし、劣等感も感じただろう。でも『そのまま、ありのまま現実に立ち向かえ』という自分たちを鼓舞するかのような歌詞である。 

そしてこの後のやぶひか…『誰でも皆が孤独な戦士』

2人が背中合わせで歌う姿が切なすぎて涙がでる。言葉は悪いが結果的にYa-Ya-yahのメンバーとファンを裏切り、新しいグループに入ったふたり。しかもHey!Say!JUMPでは憎まれ役を引き受けてメンバーに厳しい言葉を掛け、あまり表には立たず、縁の下から支える役回り…。2人にしかわからない孤独な戦いがいっぱいあったことだろう。

 それから山田『せつないこの地球(こころ)で』全員『fighting for my dream』知念『太陽を抱きしめて』

わざわざ「地球」を「こころ」って読ませている。「今は切ないけれど夢のために戦って太陽のように温かい幸せを抱きしめよう」ってところかな。まだ幼くて一点の曇りも汚れもない知念に『太陽を抱きしめて』と歌わせているのが天才的!

そしてbest兄さんたち(光以外)の『信じてるんだ。あきらめないんだ。独りじゃないさ。』 光『蒼い蒼い地球のため そうみんなのため。』

 心細くて不安な気持ちを「自分を信じろ!諦めるな!独りじゃないぜ」って鼓舞して頑張って夢を掴むのは「蒼い(切ない)地球(こころ)のみんなのため」って歌ってるんだ。自分たちじゃなくてみんなのためだって…。デビューする時に傷つけたたくさんの人の心、切なくなっちゃったみんなの心を自分たちが頑張って温かい太陽のように幸せにする、そんな曲なのかもしれない。 

 この後のセブン『東の空へと』best『明日をつかまえに行くのさ』知念『風をきれ!』

ここ一番好き。辛かった諸々の事を素直に受け入れて軽やかに飛び立つ感じ。知念の『風をきれ〜』ってホントに爽やかな風が吹く感じがする。

 

この曲をデビュー曲にしているHey!Say!JUMP。

デビューから今までの道のりは、ちょっと懺悔みたいだなって思った。自分たちのためよりもみんなのため、潰してしまった2つのグループに関わったすべての人のために、とにかく前を向いて与えられたチャンスに全力で取り組む。立場上、面と向かって謝ったり言い訳したりできないからひたすら行動してきた、そんな感じがする。

 Hey!Say!JUMPは「ジュニアのエリート集団」「温室育ち」「苦労を知らない」なんて言われることがあって、それでも大好きだったけど、今は印象がまったく変わった。Hey!Say!JUMPはエリート集団などではなくて「歌えない、踊れない、喋れない」からはじまったグループであった。温室で育った子もいれば雑草のような子もいたけれど、デビューまで…デビューしてからも苦労しなかった子なんていなかった。今のJUMPを思うと、みんながホントによく頑張ったんだな〜と思う。

 それはJUMPだけの話じゃなくて…

ジャニーズのグループすべてに、それぞれ素敵な物語があるんだろうなって思った。オーディションからデビューまで、デビューした後も…どの子に焦点を当てても物語がある。

だからみんなジャニーズに惹かれるんだね。

 

次回最終回!

つづく……