https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

伊野尾慧が2017年に出会う大きな役ってなんだろな?

そういえば、2月11日のメレンゲで2017年のいのちゃんの運勢がすっごくイイってゲッターズ飯田さんが言ってくれた。

『役者で大きな役に恵まれて流れがガラッと変わる』『それがきっかけで2017年から芸能界で爆発的な人気者になる』『だけど人の話はちゃんと聞かないとね』(←久本さんからありがたいダメ出し笑)

そだそだ〜!本番中にぼーっとしてたら幸運が逃げるぞ〜!

ところで、ゲッターズさんの言う『大きな役』ってなんだろうな⁈『ピーチガール』はすごく面白そうだけどすでに撮影済だし…。映画かなぁ?舞台かなぁ?ドラマかなぁ?

と、言うわけで今日は2017年に伊野尾慧が出会う『大きな役』ってなんだろな?がテーマである。

 

まずは"役者"伊野尾慧のこれまでの仕事を振り返ってみよう!

いのちゃん役者としての仕事を時系列で並べると…

  •  2004年舞台『DREAM BOY』(滝沢秀明主演)患者役
  • 2006年TBSドラマ『ガチバカ!』(高橋克典主演)井上優介役→増田貴久演じる井上耕太の弟役。
  • 2014年TBSドラマ『ダークシステム 恋の王座決定戦』(八乙女光主演)恩田妖一役→光くんの恋のライバル役。深夜枠らしくぶっ飛んだ自由なドラマだった。
  • 2014年TBSドラマ『なるようになるさ。第2シリーズ』(舘ひろし主演)奥村涼役→金髪で登場後、黒髪の短髪に更生した笑。このドラマはあったかくて好きだったな。結末はちょっとご都合主義だったけど…大人のファンタジーって感じで良かった。
  • 2015年舞台『カラフト伯父さん』主人公徹役
  • 2015年フジテレビ系ドラマ『戦う書店ガール』(主演渡辺麻友稲森いずみ)日下圭一郎役→千葉雄大くんと可愛い男子共演!
  • 2016年TV朝日ドラマ『ドクターX〜外科医.大門未知子〜スペシャル』(米倉涼子主演)氷室光二郎役→難病の天才スケーターの役。いのちゃんとは全然違う役を熱演していた。
  • 2016年日本テレビドラマ『そして、誰もいなくなった』(藤原竜也主演)日下瑛治役→ああ、日下瑛治素敵だったなぁ!続編みたいなぁ…。
  • 2017年公開予定映画『ピーチガール』主演岡安浬役→山本美月ちゃんとダブル主演。公開が待ち遠しいぜっ!

こうしてみると、いのちゃんは役者の仕事も結構やっている。出演したドラマを見直すと、どんどん上手くなっているのがわかる。努力したんだね。

 

では、伊野尾慧が次に出会う役について考えてみよう。

ゲッターズさんの言う『それがきっかけで爆発的な人気者なる』役なら、媒体はTVドラマだろう。舞台や映画は伊野尾慧に興味のない人はわざわざ見に行かない。新しいファンが増えるとしたら連続ドラマだ。

さて、どんなドラマかなぁ?

ひるねこの希望は…

『そし誰』の続編が観たい。

あの壮絶な最終回、お母さんにジャケットを掛けて姿を消した日下瑛治のその後を、ちょっと見てみたい。ドラマとしては余韻を残しての終了で成功だったのかもしれないけど…ドラマが終了してもう随分経つし、ぜひ後日談をください!

…だが、これは深夜枠で単発でひっそりと、好きな人だけが見ればいいヤツかも知れない。何年か後にHey!Say!JUMPが国民的大スターになったころに『お宝映像発見!』などと掘り返されたい笑

恋愛ドラマならどうだ?

『恋愛ものは脇役が美味しい!』があたしの持論。そもそも恋愛ドラマをうっとり見る性格ではないので、ついつい他の見どころを探してしまう。結局ヒロインとくっつくのが決定事項の主役より、主役の恋を邪魔する癖のあるライバルとか、ヒロインを愛しているのにそっと身を引く儚くも紳士的なイケメンとか、主役カップルの脇で初々しくサイドストーリーを形成する準主役カップルなんかが気になる。そんな魅力的な脇役がいない恋愛ドラマは退屈である。

そこで伊野尾慧に役をいただくとしたら…うーん…癖のあるライバル役はすでに『ダークシステム』で演じているし…ヒロインを愛していながらヒロインから恋の相談をされちゃう主人公の親友役とかは?ヒロインを思いながらの切ない顔や、鈍感な主人公に腹を立てる顔とか、見たいなぁ。ベタだけど、主人公の妹に恋されて悩んだりもして欲しい笑 

刑事ドラマ、探偵ドラマなら?

このジャンル大好き。初回は、ほぼすべてのドラマをチェックしている笑(もちろんつまらないと途中で飽きて観なくなる笑)

伊野尾慧なら…理屈っぽいプロファイリングでネチネチと捜査を進めていくタイプが面白そう。法門寺沙羅駆とか杉下右京みたいなタイプ…。または櫻井翔が演じた影山みたいに、話を聞いただけで推理する安楽椅子探偵タイプも面白いかな。安楽椅子タイプならいのちゃんのビジュアルを最大限に活かせるよね。アイドルのままで持ち込まれる事件を解決したり、バーテンダーでも、動物園の飼育員でも、保育士でも、設定はなんでもありだ。

学園ドラマなら?

学園ドラマならもちろん、生徒ではなくて教師だ。遥か昔、田原俊彦がやってた『教師びんびん物語』で野村宏伸が演じた後輩役なんか、そのままハマりそうだ。でも大ブレイクさせるなら…やはり金八先生のような熱血教師を目指して欲しい。水谷豊の『熱中時代』みたいなのもいい。

 医療ものなら?

外科医として手術をしているいのちゃんの美しい指のアップを見たいが、ドクター役でブレイクするにはまだ若すぎるかな。あと10年待とう笑。2017年の伊野尾慧が医療ドラマをするなら看護師役かな。以前関ジャニの大倉くんが看護師を演じていて、いいなと思ったのを覚えている。

ミステリーとかホラーなら?

夏ドラマならミステリーやホラーもいい。『そし誰』でミステリーは十分に堪能したので今年は『リング』みたいな本気で怖いホラーがいい。建物の呪いを探求する若き建築家なんてどうだろう?クライマックスの悪霊との対決シーンではヒロインを守る男らしい面もたっぷり見せて欲しい。

 

楽しみに待とう!

どんな役でも演じるのは伊野尾慧である。いのちゃんが頑張るなら、もちろんあたしは全力で応援する。いのちゃん頑張るなら、いいスタッフさんにも、いい共演者にも恵まれるはず。

ゲッターズ飯田さんの占いを信じて、今年はいのちゃんのすごい演技が見られるのを楽しみに待とう。年末には『あ、ゲッターズ飯田の占い、当たったよね〜』という記事を書くのが今から楽しみだ笑。