https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

有岡大貴はHey!Say!JUMPの太陽だ!

大ちゃんは太陽のような人だ。先日のらじらー(2017.2.25)を聴いてあらためてそう思った。

いつものらじらーに大ちゃんが入ることで全然違う雰囲気になった。過去にメンバーでは薮ちゃん、ゆうてぃ、知念がゲストに来たけれど、テッパンの"いのひか"の空気感を壊したのは大ちゃんだけじゃないかな。

"いのひか"って二人だけだとわりとおとなしい。あまりはしゃいだり騒いだりしない。小さい時から一緒に育った兄弟とか幼馴染みたいに…。しかしそこに大ちゃんが入ると3人で大はしゃぎだ笑。まるで兄弟の家にいとこが遊びに来たみたい。

いつものらじらーも大好きだけど、今回は聴いてホントに楽しかった。光くんが大ちゃんに負けずに元気に『こんばんわっふぉい〜!』と叫んでるし、いのちゃんものびのびと大ちゃんをいじり倒していたよね〜。大ちゃんまたらじらーに来てね!

 

さて、この3人…いのちゃん、光くん、大ちゃんは『ずっこけ3人組』と呼ばれることがあるそうで…。(←命名は薮ちゃん)『Come On A My House』の「♪もっと、君を知りたい♪」のパートではよく変顔したりして次に歌う薮ちゃんと高木を笑わせているよね。

薮ちゃんが高木の反抗期に付き添って忙しかった頃、ベストの弟3人(←ずっこけ3人組)はよく一緒に遊んでいたらしい。伊豆へダイビングへ行った話はべいじゃんで大ちゃんが詳しく語っている。二泊三日の日程で3日間ダイビングをしたって言ってたね。若い〜!道中でトランプをしたり楽しそうだ。

高木の反抗期といえば…ベストが高校生のころだ。いのちゃんは雑誌やラジオで友人関係に悩んでいるという悩み相談に、よく「視野を広げて、今とは違う集団に身を置いてみて欲しい。」というような答えをしている。いのちゃん自身が高校で友だちが作れずに寂しい思いをしていた時に、JUMPのメンバーに救われたという体験があるからなんだろうな。(←いのちゃんはテキトーな質問にはテキトーに返すが真剣な悩みにはちゃんと答える子である!)

 

さて話を戻して

太陽の人、有岡大貴であるが…JUMPにとって無くてはならない存在だ。

ベストとセブンの橋渡し役。本人も自覚しているようだが、大ちゃんはJUMPの真ん中にいる。Hey!Say!JUMP結成直後に、なんとなく馴染まないメンバー同士の間に入り潤滑油となって仲良くさせようとしていた。コミュニケーション能力が高くなければ出来ない。まさに太陽である。

さらにHey!Say!JUMPの入口に撒かれた餌!『撒かれた餌』なんて言葉は悪いが….。

思うに…世間の人がJUMPのファンになる過程として、まず看板の絶対エース、山田涼介を知る。そして、歌番組などでJUMPを見て山ちゃんのそばでちょろちょろとしている笑顔の子を見つける。

あれ?何処かで見たことある…あ、ヒルナンデスの子ね〜!

と思う。番組で歌を聴いてHey!Say!JUMPという集団にグッとくる。周りを見るとさらにかっこいい子がいることに気づく。…はい、ここから先は個人差あります。ひるねこの場合はちらちらと光くんとゆうてぃを見てフラフラ歩いていたら伊野尾沼に落っこちてゴール笑。そのまま光くんのいる眩しい世界へ行ったり、ゆうてぃに白馬に乗せられて連れ去られたり、知念のファンシーランドとか高木の目眩く部屋とか、薮帝国へ行ったり、圭人のブリティッシュガーデンに連れ込まれたりする人もいるし、もちろん入口の看板山田に恋する人もいるし、ずっと大ちゃんの笑顔を見ていたい人もいるだろう。JUMPの魅力は多彩である。

大事なことは大ちゃんの笑顔には、なんだか人が惹きつけられる魅力があるってこと。餌が美味しくないと人は集まらないからね。大ちゃんの笑顔を見ていると胸の奥が温かくなる。

大ちゃんにはこれからもどんどん笑顔を振りまいて新しいJUMPファンを獲得して欲しいわけである。