https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

桜、咲いたよ。Hey!Say!JUMPの桜うた。

今日の関東は暖かかった。

我が家の近所の花見スポットもなかなかの賑わい。今年は遅かったけれど…ようやく桜が咲いてきた!

ひるねこは桜が大好き。子どもの頃から大好きだった。特に夜の桜が好き。犬を飼っていたので、夜、散歩がてら大きな桜の木がある公園に行って桜を眺めていた。街灯に照らされて…散り際の風に舞う桜の花弁は息が止まるくらい大好き…。

 

桜が咲いたら聴きたくなる歌は、その時の気分によって、たくさんあるけれど…毎年必ず聴きたくなるのはエレファントカシマシ『桜の花、舞い上がる道を』である。もう、この曲はホントに好き。散り際の桜の光景が好きなんだ。一年でこの曲にぴったり合うのは…ほんの数日だ。今年はまだこの日はきていない。桜がヒラヒラ散り始める日に、今年も美味しくお酒飲みながらこの曲を聴くんだ。

 

で、JUMPの桜うたってなんだろう?って思った。まず思い浮かぶのがそのままズバリ『桜、咲いたよ』だ。

恋人?と別れてそれぞれ新生活を始めたふたり。それぞれの生活を精一杯がんばって過ごして時が経ち…また春が来て桜が咲くのを見て、あの日を思い出す。そして成長して強くなった自分をあの日の自分と比べて、誇らしく思う。そんな歌。いい歌だよね。

春は別れの季節だから…。ひるねこが先日関西に行った時にも、帰りの夜行バスに乗る時に別れを惜しんでいる若者がいたなぁ。恋人ではなくて…たくさんの友人に見送られていた。幸せな門出だね。送られていた子の人柄が良いのがわかっちゃう。あの子たちは離れていても、一生友だちなんだろうなぁ。ひるねこも彼にエールを送りたくなった。

 

あとは『百花繚乱』だ。ジャニーズワールドで歌われた曲で、CDにはなっていないそうだ。Hey!Say!JUMPのファンになりたての頃、ネットを漁っていて…大ちゃんが宙吊りで踊っている映像を観た。この曲と大ちゃんの映像がやけに妖艶だったのを覚えている。幻想的な春の夜の夢って感じかな。それ以来、この曲が大好き。…今更かもしれないけど、10周年の記念にアルバムにでも入ったらいいなぁ。

それにしても…大ちゃんは昔のほうが大人っぽかった。ぞくっとするほど色気があったよね。成長して五歳児になる彼…。なんで…?

リアルな大ちゃんは五歳児、大人?どっちなのかなぁ?

 

春歌なら、『3月14日〜時計』とか、『Our days』なんかもあるけれど、桜の季節にはちょっと早いんだよね。どちらも好きだけど。

……で『3月14日〜時計』聴いていたら山ちゃんの歌が無性に聴きたくなって…『愛のかたまり』を鬼リピしてしまった。もはや冬に逆戻りだ笑。

でも、山ちゃんの歌って…なんだかどうしても聴きたく時があるんだよね…!