https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

風船を持つ子どもと、がんばるばい熊本!

  毎週のことではあるが、昨日のめざましテレビは見所満載だった。

  『いのお飯』は美味しそう。長いアスパラの肉巻きを食べるいのちゃんと立本アナ。チャキチャキと仕切りながら見守る宮地アナ。どんなに不穏なニュースが流れたとしても、ここだけは平和だ。

 

  一番心に刺さったのは、新津ちせちゃん発信の『笑いゲンカ』である。

『怒りはないけど、ケンカ的なものをする…みたいな。笑いながら、なんだよ〜みたいな。』

小学一年生のちせちゃんの説明の分かりやすいこと!さすがです。

  そして軽部さんに

『ハ、ハ、ハ…伊野尾くんも笑いながら怒るなんてこと、ハ、ハ、ハ、あるのかよ〜?』

とふられたいのちゃん。すぐに察して笑いながら

『ハ、ハ…軽部さん、そんな無茶振りしてると蝶ネクタイをひきツギリますよ〜』

口が回っていないぜ…笑笑。

  『あ〜これはダメだぁ〜!』

宮地お姉さん(←いのちゃんより年下…笑)の方に肩を寄せて、自分でも笑っちゃういのちゃん。

  『"笑いゲンカ"になってないじゃない。』

  『言ってることは過激だけどねー。』

おじさまたちにヤイヤイ言われる。そして永島お姉さん(←いのちゃんより年下…笑)にバッサリ斬られる。

  『伊野尾さんちょっと下手でしたね〜!』

チャンチャン笑笑。いのちゃん、相変わらずめざましファミリーに愛されているようで、あたしも嬉しい。

  それにしても、新津ちせちゃん…賢い子だなぁ。

『小学校で楽しいことは、図書館が広くて本がたくさん置いてあるところ。』

『宇宙や科学の本が好き。』

だそうだ。生でアテレコをしている様子も流れたが、スゴく上手だった。

 君の名は。の深海監督の娘さんだとは知っていたけれど、お母さんもすごいらしい。ちせちゃんのお母さんは女優の三坂知絵子さん…wikiによれば、早稲田大学在学中に劇団木霊に入団。(←久米宏田中真紀子も在籍していた劇団だって)その後、映画のヒロインなどに抜擢されたり、東大大学院に進み、修士課程を修了したり…すごい才媛だ。ちせちゃんの今後も注目だね。

  ところでこの新津ちせちゃん、我らが中島裕翔とも共演しているようだ。『ピンクとグレー』『風船を持つ親子の子供 役 』…あ、あの赤い風船(←確か赤だったよね)を飛ばしちゃう子か!あの子がちせちゃんだったんだね。ちせちゃんが飛ばしちゃう風船を…確かゆーてぃと、菅田くんと、サリー(←役名)がそれぞれの場所で見ているんだよね。スゴく印象的だった。

 

  さて、 伊野尾慧のファンとして、いの調にも言及しよう。この日は熊本地震から一年がたち、仮設住宅に住む大家族に会いに行った。前回の宮城のレポートは感情が出すぎてしまったが、(←それはそれで、素晴らしかった!)今回は感情的にならずに、熊本の現状をきちんと伝えてくれた。ナレーションをアナウンサーが担当したからかな…。あたしはいのちゃんにナレーションもして欲しかったけど…。レポートそのものは、前回よりもレベルアップしているよね。相変わらず、子どもに懐かれちゃっていたね。いのちゃんが子どもを抱く姿…安定していなくて初々しかった。新米パパって感じよ笑。

  倒壊した家の前に立ついのちゃん。

『ここに住んでいる人の気持ちを考えると…言葉が出ない。』

『ここに住んでいた人』と過去形を使わずに『ここに住んでいる人』って現在形で伝えるいのちゃん…。優しい人だなぁって思う。本当に住人の気持ちに寄り添っているんだよね。

  昔、友だちと九州に旅行に行って、熊本城を見たことがある。修学旅行で見た姫路城がどこか女性的で美しい印象だったのに対して、熊本城は雄々しく壮大なイメージだった。(←あくまで素人のひるねこの感想です!)震災から一年たった今も、瓦が落ち石垣が崩れている様子を見ると、心が痛む。完全修復まであと20年かかるとか…。まだまだこれからだ。

  がんばるばい!熊本!