https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

祝26歳!誕生日企画。有岡大貴を考える!

  今日は何の日?良い子の日!

  今日は何の日?有岡大貴の誕生日!

  というわけで、大ちゃんの誕生日企画。『有岡大貴を考える。』

   ひるねこは以前大ちゃんに関する記事を書いているのだが…なんだか違和感があって…。記事を要約すれば、『大ちゃんはHey!Say!JUMPの真ん中にいてベストとセブンの橋渡し。太陽のような存在である。さらに、Hey!Say!JUMPの沼の周りに撒かれたエサである。』というような内容であった。ちなみにこちらがその記事である。↓↓↓

www.hiruneko.info

  確かにその通りだとは思うのだが…う〜ん、浅い!もっと何か…大ちゃんの何かを見逃しているような気がしていた。……そして、今朝、大ちゃんの誕生日の朝に、こちらの記事を読んで、目から鱗が落ちた。↓↓↓

aioitaina.hatenablog.jp

  少し記事を引用させていただくと…

 今じゃみんなに『ちょうどいいブス』とか言われてるし別に今の有岡さんのビジュがHey!Say!JUMPイチ格好いいとは思わないけど、

絶対当時は一番まじで一番本気で一番命をかけて一番!!!!(ビジュアルが)

  大ちゃんのビジュアルが素晴らしいという意見に大賛成。今だって素敵だよ…!思ったより背が伸びなかったから、現在は可愛い路線にしているのかもしれないが…かつての大ちゃんはそう…高校生くらいの大ちゃんはホントにカッコイイ!そして、先日も書いたけど『こどもつかい』で解禁された大ちゃんのビジュアルは今までと違った大人っぽいかっこよさがある。大ちゃんて、可愛くしていることが多いけれど、やる気を出したらいくらでもカッコよくなれる子なんだよね。

 

   ひるねこがこの方の記事を読んで一番賛同したのはこのフレーズだ。まさに、これが今日のテーマである。↓↓↓

 本当は赤の他人が知ったふりをして深入りしちゃいけないのかな…と分かってはいるんですけど……

私は、あくまでも私は、

有岡くんって根からはっちゃけたように明るい人じゃないのかなって。

  これこれ、あたしもずっと思っていたこと!

有岡さんって、少しだけ、表情に影がある気がする。

私が馬鹿で見る目がなくて心が捻くれてるだけなのか、

バラエティー、メイキング、コンサート色んなところでニコニコしてる時も、

『あ、今、心の中は笑顔なのかな…』って思うことが多い。

   あたしは伊野尾慧が好きだから『いのあり』の画像や動画をよく観るのだが、大ちゃん…たまに、なんだかとても切ない表情をしている時があるんだよね。ずーっと『なんなんだろう?』って考えていた。

  以前、何かの雑誌でゆーてぃがメンバーの写真を撮る企画で"大ちゃんはいつも笑っているわけではない。普段は厳しい表情をしていることもあるので、そんな表情を捉えたい。"というようなことを言っていた。 (←記憶が曖昧すぎだね。すみません!)その記事を見て

『あ、そうだよね〜!』

って深く頷いたのを覚えている。さらに『真剣SUNSHINE』のメイキングで、大ちゃんの膝に座ろうとしたいのちゃんを一喝する大ちゃんの件。けっこう険しい顔だったので、べいじゃんでも話題になったよね。リスナーさんの質問に

「いのちゃんのお尻の骨が、モモカンに入って痛かったから…」(有岡)

「多分、普通に『痛てーよ!』って感じだったんでしょ?オレが言ってもこんなの来ないよ。」(高木)

雄也は相変わらず優しい。…みんなが気になっていたことだから、この質問はホントにナイスだった。そして、大ちゃんも普通の男の子だって思った。うちの息子なんてしょっちゅう不機嫌な顔をするよ。

  そこで、思うのはHey!Say!JUMPの有岡大貴はリアルな有岡大貴のほんの一部だってことだ。大ちゃんの出演番組のどれを見ても、いつもニコニコと可愛らしいからそれが本当の大ちゃんかと思ってしまうが、もちろんそんなことはない。一般ピープルのあたしたちだって、公式とプライベート…仕事中と家の中では明らかに違うもんね。

  じゃ、リアル有岡大貴はどんな人なんだろう?大ちゃんとサシで飲んだこともなければ、話したこともない、実物に会ったこともないあたしにわかるはずないけれど、今日は大ちゃんのお誕生日だ。遠慮なく想像してみよう。

  まず、大ちゃんの設定を変えてみる。

  例えば、JUMPの真ん中っ子ではなくて、末っ子だったら?そうしたら大ちゃんは手放しで可愛いはずだ。現在のJUMPの末っ子は、うっかりすると、辛辣すぎてブラックになりがちな知念(←ピリ辛が可愛いんだよ。)だが、大ちゃんならひたすら…子犬のように可愛くできるはずだ。

  では、大ちゃんがJUMPの最年長だったらどうなる?現在の最年長薮ちゃんは自身でも言っているように末っ子気質である。そもそも自分からからまとめるタイプではなく、各自、自由に…まとまる時はまとまろうよって感じ。メイキングなんかを見ていても、ダンスなど技術的なアドバイスはするが、積極的にまとめているわけではない。いつまでも集中できないメンバーに、やんわりと『やるよ。』とか言う感じだ。やんわりと言っているのに、全員がピリッと締まる。薮ちゃん、カッコいい!

  大ちゃんが最年長だったら…もしかしたら、もう少し体育会系だったかもしれない。もっと上下関係がはっきりしていたり…。JUMPの雰囲気ももう少し部活っぽかったりして…。

 

  リアル大ちゃんの結論を出す前に、もう一つ…かれのビジュアルについて。大ちゃんの顔だけ見たら…どう?…大ちゃんが大好きないわゆる有岡担の人ならパーツをみただけで、大ちゃんてわかるかもしれない。だけどね、ヒルナンデスの『タイからの留学生』の画像を見て、大ちゃんてわかるのはちょっと難しいよ。彼はトータルで有岡大貴なんだと思った。

 

  では、有岡大貴くんの26歳の誕生日に勝手に出した、ひるねこの結論。

  リアルな、有岡大貴はニュートラルである。

  多分メンバーの誰よりも、その場で自分が求められていることを考える人。だから、例えば『ヒルナンデス』の大ちゃんと『こどもつかい』の大ちゃんではビジュアルが全然違う。求められているものが違うから…。

  表情が厳しかったり、目の奥にちょっとだけ暗い影が見えるのは、大ちゃんが常に考えているからなんじゃないかな?いのあり劇場でちょっと瞳が揺れるのは、頭の回転の速いいのちゃんについて行こうと、いつも考えているからなのかもしれない。だからこそ、大ちゃんがいると場の空気が和み、観ているほうもニコニコとしてしまうのだろう。Hey!Say!JUMPの、偉大な真ん中っ子である。

 

  大ちゃん!お誕生日おめでとう!26歳の今年は番組で、もっともっと自分を解放して、自由奔放に、我儘に過ごして欲しいな。Hey!Say!JUMPも成長したよ。誰かが必ず軌道修正してくれるから大丈夫。本来のあなたを少しだけあたしたちにも見せてください。

 

てなわけで、勝手な有岡大貴論でした。