https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

連休の谷間に、有岡大貴の10000字インタビューを読む。

連休の谷間の今日は『Myojo 6月号』を読もう。

  普段は手にしない『Myojo』だが、Hey!Say!JUMPの一万字インタビューが再び始まるというので、どうしても、欲しくなった。前回の一万字インタビューから3年半。今年10周年を迎える節目の年に、再びロングインタビューをしていただいて有り難い。

トップバッターはHey!Say!JUMPの入り口、有岡大貴だ。

  10周年を前にして、メンバーへは『もっともっと上をめざそう。』ファンには『ありがとう。』と伝えたいという大ちゃん。『いつか"Hey!Say!JUMPのファンです!!"って胸を張って言ってもらえるグループになろうと思っているので、どうかその時まで、僕たちと一緒に歩いてください。』…今だって、あたしは胸を張って『Hey!Say!JUMPが好き!』って言わせて貰っているけれど…大ちゃん自身が『もっともっと上を目指そう。』って思ってくれているんだ。JUMPの成長がさらに楽しみになるセリフだ。

  この後、塚田会のエピソードが入るのだが…ひるねこは別のページの塚ちゃんの全裸写真が気になってたまらなかった笑。…アイドル誌で…これイエローカードじゃないの笑笑?

  後半はメンバーについて 、一人一人の変わったところ、変わらないところを語っている。JUMPの真ん中っ子有岡大貴の目に映るメンバーの姿が興味深かった。

 

『圭人は男らしくなった。見た目も中身も。』

  と語る、圭人の部分。大ちゃんは圭人の成長をよく見ているんだなぁ。他のメンバーの変化については『気づいたら変わっていた』とか曖昧な表現をしている部分もあるのに、圭人に関しては『ギターを始めてから変わった…』とか『あいつは言わないけれど、見えないところで努力を続けている。』とか、『まだ、メンバーの中で、いちばんもどかしい思いをしているのも圭人なんじゃないかな…』とか、とても具体的に圭人の内面まで見ている。Jr経験がほとんどなくてメンバーになった圭人をいちばん気にしていたんだろうな。そして、圭人の成長が嬉しくてたまらないのも、大ちゃんらしい。

 

いのちゃんの部分ではドキッとした。

  ライターさんの『伊野尾くんに前回インタビューしたときは、芸能界にそれほどこだわりがないのかとも思えたんだけど…。』という話を受けて『正直、それは俺もちょっと思ってた。2、3年前は、もし誰かに"やめろ"って言われたらやめちゃいそうな雰囲気みたいなのがあって。』…え?そうだったの?少し前の…伊野尾慧の儚げな雰囲気は、そんなところからも来ていたのかもしれないね。 今でこそ、仕事が無かった時代をネタにして笑い飛ばしているけれど、当時の悩みは深かったんだろうな。辞めないで頑張ってくれてホントにありがとう。

  いのちゃんに限らず、どのメンバーにもみんな悩みや葛藤があったんだろうと思う。ゆうてぃの部分も雄也の部分も、大ちゃんの目を通して見てもとんがっていて、読んでいてヒヤヒヤした。時には気持ちが煮詰まって、辞めたいと思ったことだってあったんだと思う。10代の思春期を過ごしてきたんだもんね。悩みや問題がないはずがない。そう考えると、9人揃って10周年を迎えられるってすごいことだ。ホントに9人の頑張りに感謝したい。

  

Hey!Say!JUMPは居場所。メンバーはメンバーだ。』

 『プレッシャーがかかった仕事のあとにみんなに会うと、すごくホッとする。』と語る。それぞれがひとりの仕事が増えた今、みんなが感じていることなのかもしれない。まさにJUMPは居場所でありホームなんだね。そして『メンバーと呼べるのは世界で9人しかいない。』『10年間、いつも一緒にいてくれてありがとう。』と締めくくっている。

  今までの10年間は、9人のそれぞれ違う個性を持った男の子が出会い、時にはぶつかりながら、お互いを理解して、絆を深めていって…Hey!Say!JUMPというグループを作っていった道のりだったのかなと思う。大ちゃんのロングインタビューを読んで『JUMPはホントに素敵なグループだね!これから大きく飛躍するんだね!』と感じた。

 

  来月は薮ちゃんだ。JUMPの最年長薮宏太が見てきた10年間はどんなものだったのだろう。次回も楽しみだ!