https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/OでJUMPの10年をふりかえる。その3

さすが、Hey!Say!JUMP10周年!

  毎日、メディアへのJUMPの露出が多くて追いつかないよ!昨日のMステもスゴくよかったね〜。うるジャンへの7集結、ベイジャンへのBEST集結もたのしかったし、JUMP全員でのVS嵐も最高だった。ドラマもあるし、ホント毎日幸せだ!

 

今日もベストアルバム!

  そんな中、ベストアルバム『Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O』の感想を書き始めちゃったひるねこ…軽い気持ちで書き始めたんだけど、ビデオ・クリップ集だけで21曲だ。『Hey!Say!JUMPの10年の道のりをたった3日で書こうなんて甘いぜ!』とちょっと反省しながら書いているよ笑。

 

15.明日へのYELL(2014.9)

  中島裕翔主演『水球ヤンキース』の主題歌だ。同時期に放送していた山田涼介主演『金田一少年の事件簿』の主題歌『ウイークエンダー』と両A面シングルになっている。

  『水球ヤンキース』はリアルタイムで中学生の娘が大騒ぎをして観ていたのを思い出す。『明日エル、いい!』と連呼していたっけ笑。ひるねこが『水球ヤンキース』を観たのは、それから遅れること1年笑。(←おそっ笑)金髪のゆーてぃが天真爛漫な役でホントに可愛かった!少年マンガの主人公そのものだったな。高木雄也新川優愛ちゃんのカップルが、まぁ綺麗で綺麗で!

  で、このころ、ゆーてぃが完全に吹っ切れたんだな、と思う。山ちゃんとは違う、自分の道を見つけたっていうか…。グループでの立ち位置より大切なことを見つけたんだよね、うん。

  この曲の通常版初回プレス仕様(←なんと、この曲は4形態だったのね!)に7ちゃんの名曲『ただ前へ』が入っている。完全に確執を卒業して前に進もうとしている7ちゃん、そしてHey!Say!JUMP!基本前向きなことが大好きなひるねこ…この頃の曲は大好きだ。(←ただし、残念ながら、リアルタイムでは知らない…笑)

  このPVでは、メンバー全員が楽しそうにしているのがとてもいいね。ラストの光に向かって歩いていくカットが象徴的だ。f:id:hirunekotan:20170729160726j:image

  

16.Chau#(2015.4)

  前作から半年以上空けて…満を持して発表されたシングルだ。2015年はHey!Say!JUMPにとって飛躍の年だったよね。V6兄さんと一緒に24時間テレビのパーソナリティーをやらせてもらったり、冠番組『いただきハイジャンプ』が始まったり…

  そして!ひるねこがHey!Say!JUMPの沼に落ちたのがちょうどこの頃だ笑。…あぁ、こうしてみると『まんまと伊野尾革命で増水していた伊野尾沼に飲み込まれたんだなぁ』って思うよ…笑笑。

  この曲から何曲かポップで可愛い曲が続く。そして、やけに垢抜けて可愛くなった伊野尾慧が登場する。…つい最近まで『可愛い可愛い』と言われ続けていたいのちゃんだが(←ひるねこの観察によれば…ピーチガール後のいのちゃんはキャラを微妙に変えてきている。もう可愛いは卒業だ…笑)…でも、『Chau#』以前のいのちゃんは別に可愛いキャラじゃなかったよね。そう、髪型を変えて可愛くなって…ここからいのちゃんの快進撃、伊野尾革命が始まる。

  いのちゃんの『ポップでハッピーな2人〜』を聴くと、沼に落ちたあの頃を思い出して、胸がキュンキュンするわ笑笑「アーモンドキャラメルポップコーン」のCMソングだったこともあり、この頃はアーモンドキャラメルポップコーンばかり食べていた記憶が…笑。

f:id:hirunekotan:20170729164249j:image

  

17.キミアトラクション(2015.10) 

  コーセー『ソフティモ』のCMソングだね。前作に続き可愛い曲だ。『キミがNo.1』て1番に言ういのちゃんが、なんだか誇らしかったよね笑。いのちゃんのマッシュルームカットもすっかり板につき、きのこといえば伊野尾慧になってきたのも、この頃だ。

  Hey!Say!JUMPはこの年の12月に発表された『検Yahoo!検索大賞 2015』で『アイドル部門賞』を受賞した。伊野尾革命と並行して、JUMPも世間にどんどん認知されてきたんだよね。そりゃそうだ。今までの人生でジャニーズに全く興味がなかったひるねこが、沼に落ちるくらいだもんね…

f:id:hirunekotan:20170729165632j:image

 

18.真剣SUNSHINE(2016.5)

  コーセー『サンカット』のCMソングだね。サンカット買った買った〜! 

  この年は『FNS27時間フェスティバル』のスペシャルサポーターを任されて、メンバー全員でダンクに挑戦したり、キスマイと対決したり頑張った。『ん?ジャニーズだからってなんでもできるわけじゃないんだ…』と、お茶の間に等身大の新世代ジャニーズを見せつけた番組だったよね笑。確実に爪痕を残したと思う。(←親バカ笑)

  この曲は衣装が奇抜でちょっと驚いたよね。でも見慣れると…JUMPちゃんたちは何着てもお似合いです笑。…PVの学生服ですら着こなすHey!Say!JUMP!あっぱれだ。

  このあたりから、岡本圭人がぐーっとかっこよくなってくるんだよね。前作までの可愛い路線には…あまり、ハマらなかった圭人だが、このちょっとやんちゃな曲はピッタリはまったね。金髪もとても似合う!あとから振り返ったらこの曲が岡本革命の序章になるのかもしれないな。

  いのありけと…めちゃ可愛い!三姉妹?f:id:hirunekotan:20170729172542j:image

 

19.Fantastic Time(2016.10)

  アニメ『タイムボカン24』のテーマ曲だ。この曲はがっつりとかっこよく踊って、大人になったHey!Say!JUMPを見せつけてくれた。まさに10周年に向けての助走が始まった印象だった。

  人数の多さを武器にして、めまぐるしくフォーメーションチェンジをする。センターは間違えなく山ちゃんなんだけれど、代わる代わるセンターに入ってくるダンスは圧巻だなぁ。そして、Hey!Say!JUMPの揃ったダンスを改めてすごいと思ったよ。初期の頃から手を抜かずに頑張ってきたダンスが、10周年を前にしてすごい武器になってきたんだよね。

  それからHey!Say!JUMPは歌が上手い!山ちゃん、薮ちゃんは当たり前なんだけれど、若い頃あまり上手くなかった印象のいのちゃんや圭人なんかも、個性のある声や歌い方を発揮して、Hey!Say!JUMPのグループ全体の個性を作っているんだよね。…多分いのちゃんのような独特の声や歌い方の人は他のグループにいないんじゃないかなぁ。それぞれが自分の持った個性を最大限に磨いてきているんだ。

  この曲はアニメとのタイアップのせいか、PVの衣装もア二メの実写版みたいな雰囲気だ。いのちゃんが子どもの頃に見た『宇宙戦艦ヤマト』の古代進に見えて仕方がない。

  そして、どうしてもこのいのひかが好き!

f:id:hirunekotan:20170729175555j:image

 

20.Give Me Love(2016.12)

  山ちゃん主演の月9ドラマ『カインとアベル』の主題歌だ。山ちゃんの大人な演技にドキドキしたよね〜!ラストのキスシーンも話題になった。

  PVも若い社会人の葛藤みたいなものが描かれている。9人全員がイケメンだ。どの場面を切り取ってみても美しい。

  15歳の山ちゃんと23歳の山ちゃんを比べてみよう。どちらも美しいけれど…何も怖くなかったと思われる中学生の山ちゃんと、憂いを帯びた大人になった山ちゃん…いや〜山田涼介はいつでもどこでも綺麗ですね!f:id:hirunekotan:20170729181754j:image

 

21.OVER THE TOP(2017.2)

  この曲もアニメ『タイムボカン24』の主題歌だ。『Fantastic Time』から2ヶ月ごとにシングルを発表している。さすが10周年だぜ。

  この曲は魚の群れをイメージした『イワシダンス』が素晴らしい。ごまかしの効かないシンプルな衣装(←ユニクロのインナーなような…)を持ち前の美しいプロポーションで着こなすメンバーたち。…ダンスだけで勝負できるという自信の表れだ。

f:id:hirunekotan:20170729183855j:image

 

2017年!

  2017年、とうとう今年、デビューから10年目を迎えたね。今年は1月にやぶひかがジュニアの舞台にゲスト出演をしてYa-Ya-yahの曲を歌った。やぶひかが頑なに封印していた2人のルーツを解禁したことで、JUMPを支える立場から解放されたんだね。メンバー9人が対等になったんだ。光くんは裏キャラ『可愛くてちょっとおバカなひかにゃん』を解放してさらに魅力をアップした笑。薮ちゃんの快進撃はまだまだ続くはずだ。

  少し前に伊野尾革命とともにグループも大きくなったように、メンバーが1人1人が大きな仕事をこなすごとにこれからもグループが育っていくんだなぁ、と思う。

  今回駆け足ではあるけれど、ビデオ・クリップ集を観ながらHey!Say!JUMPの10年を振り返ってきたが…良いこともたくさんあったけれど、大変なこともたくさんあった。メンバー間の確執があったり、個々に不遇の時代があったり、不本意なスキャンダルで傷ついたりいろいろなことがあったんだよね。その一つ一つを乗り越えて、素敵なグループになってくれて本当にありがとう。

  ひるねこがリアルタイムで知っているのは、ごく最近のほんの少しのことだけれど、それでもいろいろなことがあった。デビューから…またはそれ以前から見守って応援しているファンの方々はもっともっといろんなことを知っているんだよね。羨ましいな。

  これから20周年も30周年もメンバーと一緒にみんなで応援して行かれたらいいですね。(←まって、ひるねこ30周年では何歳になるの…?)

  というわけで、10周年year後半もみんなで楽しみましょう!