https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

長野博くんとのロケの事をどうしても書きたかったんだ。#メレンゲの気持ち

どうしても『長野くんとの食べ歩きロケ』を書きたい!

  さすが、Hey!Say!JUMP10周年yearだ。毎日JUMPの露出が多くて追いついていくのが大変!(←嬉しい悲鳴…)

  前回の『メレンゲの気持ち』の…我らが伊野尾慧と長野博くんの食べ歩きロケをどうしても書きたかった。今日は金曜日なので、ギリギリセーフね笑。

  いのちゃんはジャニーズのたくさんの先輩と絡んできているけれど、長野くんとは1番相性が良いような気がする。…もしかすると、いのあいコンビと呼ばれる相葉雅紀くん以上に安心感があるよね。

  

長野博くんのプロフィール

長野博(V6) …1972.10.9生まれ(44歳) 。1986年ジャニーズ事務所に入所。同期に城島茂(TOKIO) 、佐藤アツヒロ(光GENJI)。女優の白石美帆さんと2016年に結婚。調理師と野菜ソムリエの資格を持つ。食通!

  長野くん入所はいのちゃんが生まれる4年も前なんだね〜。『3年B組金八先生』の第3シリーズが俳優デビューだそうで…。第3シリーズ??うーん、見ていたような気がするんだけどなぁ。『ウルトラマンティガ』は知識として知ってる。

  と、いうわけで…長野くんは、まさにひるねこ世代なのですが…Hey!Say!JUMP以前にジャニーズに興味があったことのないひるねこ…V6といえば『学校へ行こう!』以降の活躍しか知らない。V6兄さんとは2015年の24時間テレビでお世話になったけれど…今日記事を書くまで知らなかったことがたくさんあるんだよね。

  長野くんはジュニア時代が長くて、なかなかデビューできなかったらしい。スマップのメンバーからも、TOKIOのメンバーからも漏れたそうで…後から入所した人に先を越されていた。…ちょっと不遇のジュニア時代だったのかもしれない。

  さらに、長野くんと坂本昌行くんは1度ジャニーズ事務所から離れていた時代があったそうだ。(←びっくり!)

  長野くんはその頃、専門学校に通ったりアルバイトをしたり、パチスロで小金を稼いだり…坂本くんに至ってはサラリーマンをやっていたこともあるそうな。

  V6としてデビューした時坂本くんは24歳、長野くんは23歳。少し年の離れた井ノ原快彦くんは19歳。…トニセンの…特に坂本くん、長野くんはジュニア歴がホントに長かったんだなぁ。

 

  若き日の長野くんの物語はこの方のブログがとても面白いくてわかりやすいのでリンクを貼っておくね。(全15篇) ↓↓↓

sasagimame.hatenablog.com

 

2人の共通点

  ジャニーズ以外の世界をよく知っているという意味で、一般の高校へ行ったり、大学へ行ったりしていたいのちゃんと、専門学校へ行ったりアルバイトをしたりしていた長野くんは似ている。

  そして、仕事がほとんどない時代があったところもね…。そんな時も腐らずに、学校でしっかり将来のための武器を身につけるべく勉強した2人の姿も重なって見える。

  性格的にも『バタフライナイフ』と呼ばれていたやんちゃな坂本くんとは対照的に、長野くんは真面目で堅実な性格らしい。そんなところも、穏やかないのちゃんと似ているのかな。

  好きなことにのめり込む体質も似ている笑。料理を語る長野くんの表情と建築を語るいのちゃんの表情は似ている。どことなく職人気質な面を持つところやアイドルとしてあまりガツガツ前に出たがらないところも似ているのかな。

  2人の年の差は17歳だが…なんだか同じ空気を感じるんだよね。

 

まずはカレーパン!

  いのちゃんが美味しそうに食べる姿を嬉しそうに見守る長野くん。大人の男ってこうあるべきだ…ホントに素敵!いのちゃんの食レポを『いい表現するね』って褒めてくれたもんね。f:id:hirunekotan:20170804191653j:image

 

次は牛肉飯!

  長野くんの解説を興味深く聞くいのちゃん。長野くんの話は優しくてわかりやすくて、押し付けがましくなくて…人柄が出てる。f:id:hirunekotan:20170804191717j:image

伊野尾『なんて楽しい回なんだろう。長野くんに色々説明聞きながら食べるって幸せだな』

うんうん、いのちゃんホントに幸せな顔してるよ!長野くんありがとう…f:id:hirunekotan:20170804191738j:image

 

仕上げは辛味噌の海鮮麺!

  かなり辛いらしく『俺食べないから』とおっしゃる長野パイセン笑。 f:id:hirunekotan:20170804191750j:image

辛くてむせるいのちゃんに、嬉しそうな長野くん。『旨さはある辛味ですよ』と感想を述べるいのちゃん。…辛さのダメージで声が裏返っている笑笑。f:id:hirunekotan:20170804191832j:image

スタッフに『スープは?』と勧められ…

伊野尾『バカじゃないの?…長野くんじゃなかったら食べてないよ…』

そして、いのちゃんのガチな辛い顔笑笑!f:id:hirunekotan:20170804191846j:image

後輩が辛そうなのを見て、自分も食べる優しい長野パイセン!そしてパイセン、むせ返る…笑。大爆笑な後輩…コラ!f:id:hirunekotan:20170804191911j:image

『長野くんと一緒でよかった。長野くんと一緒じゃなかったら、オレ食べなかったもん…。』と感想を述べる伊野尾慧。f:id:hirunekotan:20170804191945j:image

  スタジオで久本さんに『でもあんた楽しそうだったね〜』と言われて

伊野尾『毎日でもちょっと、デートに連れて行って欲しいくらいの…』

長野『でも店で現地集合、現地解散でしょ、"ご馳走さまでした〜"って笑』

 

いのちゃんのバラエティー

  いのちゃんはバラエティーで面白くしようと思えば思うほど、やや空回りすることがある。リアクションがわざとらしくなっちゃったりね笑。

  長野くんはバラエティーだからってリアクションをとろうなんて思っていないんだよね。無理に面白くしようともしていない。ひたすら美味しい料理を嬉しそうに後輩に食べさせる。楽しい解説を添えて…。で、いのちゃんの素のリアクションを引き出してくれるんだけれど、芸人さんがやるような食レポよりも、ずっと楽しかったし、伝わったよ〜!幸せな顔、辛い顔、吹き出る汗…いいロケだった。このロケで長野くんは、いのちゃんにお仕事のヒントをたくさんくれたんじゃないかな?

  伊野尾慧のバラエティーは長野くんのような方向性が合っているんだと思う。食レポもインタビューも上っ面の笑いよりも、本質を誠実に伝える。その中から笑いが生まれて、視聴者に面白さを伝えられるようなバラエティー。

  いのちゃんがこれから、大好きな建築や、ものつくりをベースにした仕事をもらうなら、なおさらだ。長野くんみたいな、職人技が光る仕事をして欲しいな。

  また、長野くんとのロケが見たいよ!次はいのちゃんのフィールドである建築やものつくりの現場に長野くんを招待してあげて欲しい。