https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

祝!Hey!Say!JUMP結成10周年!JUMPの未来を考える!

今日の記事も少し長めなので、目次つけました!お好きなところからどうぞ〜

 

Hey!Say!JUMP結成10周年、おめでとうございます!

  さて、10周年にあたって何をするべきか…⁈どんな記事を書くべきか…⁈

  ひるねこはどうあがいてもファン歴2年半とちょっと…いわゆる新規なのだろう。

  過去について語るのは、デビュー以来…もしくはそれ以前から応援している方々の特権だと思う。だって、あたし…10年前の今日のことなんて全然わからないから…。

  ずっと応援しいたファンがいるからHey!Say!JUMPは10周年を迎えられたんだ。もちろん、24時間テレビ以降、伊野尾革命以降…わらわらと増えたあたしたち新規ファンだって、JUMPの10周年に貢献しているはずだ。それは卑屈になることなく、声を大にして言いたいが…しかし、いかんせん過去はわかりましぇん…笑笑!

 

なので、今日の…Hey!Say!JUMPの記念すべき10周年には『未来』を語ろうと思う。

  …奇しくもひるねこ…今『陸王』という小説を読んでいます。10月からのTBSの秋ドラマの原作本ですな。ジャニーズの出演はなさそうだけれど、今をときめく竹内涼真くんをはじめ、山崎賢人くん、役所広司さんなど、そうそうたるキャストに加え、ひるねこの生息している埼玉県北部が舞台ということで、大注目ドラマなのである。

  で、今ちょうど…小説のなかで、銀行に融資を頼みに行った足袋屋の社長さんの役所広司さんが、銀行の好青年な担当者の風間俊介くんに(←あれ?ジャニーズ出てるやん…笑笑) 自分の会社の強みと、新規事業の展望を聞かれているので…Hey!Say!JUMPにも当てはめてみたいと思います。

 

  まずHey!Say!JUMPの強みね…! これはダンスだ!そして、Hey!Say!JUMPは…他の同世代のジャニーズのグループと比べて歌が上手いんじゃないかな。(←今日の記事は、無礼講ってことで…10周年に免じて、親バカはご容赦くださいな♡)

  さて、新規事業の展望ね……なんだろう?あれ?浮かばない…。じゃ、グループとしての展望は置いて、まずは個人についてね。

 

山田涼介

  山ちゃんの強みは、いろいろあるけれど…ひるねこが大好きなのは、笑顔だ。山ちゃんがただそこで笑っているだけで、とても満たされた気持ちになる。それは、もちろん美しいからだし、笑顔が似合う山ちゃんの人柄もあるだろう。セクシーな山ちゃんより、ただ綺麗に笑っている山ちゃんに惹かれる。

  そんな山ちゃんにして欲しい新規事業はなんだろう?……バラエティ?…というより、コメディーだろうな。新規事業とは言えないかもしれないけれど、山ちゃんには俳優としてコメディーを演じて欲しい。ほら、アメリカのホームコメディーみたいなやつ…毎週ゲラゲラ笑いながら観られて、観終わったあとほっこりするような…。できれば、国民的人気が出て…『水戸黄門』や『相棒』のように何シーズンも続くようなものにして欲しい。

  美しいけれど、丸顔で小柄な山ちゃんは、シリアスなドラマよりも、笑顔いっぱいのコメディーが似合うと思う。メンバーにしか見せないという、山田涼介の可愛い部分をお茶の間に晒して欲しい。

  ひるねこは、伊野尾慧くんには可愛いを卒業して欲しいが、代わりに山ちゃんに可愛くて面白いキャラを確立して欲しいな。絶対今の5倍Hey!Say!JUMPのファンが増えるだろう笑笑。

 

知念侑李

  さて、知念の強みはなんだろう?…体操!演技!お顔!後は?…頭の良さかな。まもなく始まる世界体操のキャスターとしてどこまでできるか…?頭脳と運動神経や、反射神経のよさを、トータルした能力の高さが知念の強みかな。それに、時々メイキングなどで見せる変顔…シニカルな笑いのセンスが、知念はかなり高いとみている。

  新規事業はなんだろう?知念には…ガチのお笑い!R1グランプリなんかに参加して勝ち上がっていって欲しい。最初からピンは難しいかなぁ。ならば、内村光良さんか、ザキヤマさんあたりにお願いして、期間限定で漫才コンビを組んで修行させて貰おう。知念とお笑いって意外と相性がいいんじゃないかと思うんだよね〜!

  そして、お笑いファンをHey!Say!JUMPに誘導する笑笑。

 

中島裕翔

  裕翔の強みはドラム!イケメン!真面目さ!カメラ!ダンス!…裕翔の強みはたくさんあるけれど、一番世間の人に知って欲しいのはドラムだなぁ。ドラムを叩いている時の裕翔は、この世のものとは思えないほど、カッコいい。陶酔しているような表情は、鬼気迫る美しさだ。

  そんな裕翔の新規事業は…うん、あれだね! 

岡本圭人

  圭人の強みは英語!優しさ!天然の可愛らしさ、面白さ。作曲!圭人の作曲した『H.our Time』は素敵な曲だ。それからギター!なんて言ってもギターだ。ギターを弾いている圭人はジャニーズのアイドルを超えたカッコ良さだ。

  うん、だから…!

八乙女光

  光くんの強みは…お笑いのセンス。繊細さ。可愛らしさ…。ベース。作詞。笑顔!…おバカキャラ?…やっぱりベースを弾いている時のカッコいい光くんが一番強いでしょう!指が色っぽい。

…で、だから。この3人でバンドを組んで新規事業をはじめよう。『Hey!Say!JUMPから派生した期間限定のユニット』なんて甘っちょろいものではなくて、ガチのバンド活動をする。

  CDは自主制作で。作詞八乙女光。作曲は光くんと圭人の共同制作。ジャケット写真は裕翔が撮り、レイアウトは光くんが考える。

  ボーカルには伊野尾慧さんをお迎えしたいところだが、有岡大貴きゅんの甘い声も捨てがたい。その時の曲想とメンバーの、本業のお仕事の忙しさ具合で、ボーカルはその都度変えても良い。もちろん曲想によっては3人が歌っても良い。

  さすがに路地ライブは難しいだろうから、音楽フェスに参加したり…ライブハウスで演奏したり…。もちろん、営業活動も3人でやる。絶対人気が出る。Hey!Say!JUMPにガチの音楽ファンが増えるだろう笑笑。

 

薮宏太

  薮ちゃんの強みは…歌のうまさ!トークのうまさ!スタイルの良さ!薮ちゃんのスタイルの良さは、裕翔と並ぶか、もしかしたらそれ以上なんじゃないかと思う。9頭身くらい?手足が恐ろしく長いし…テレビよりも、舞台なんかで映える人なのかもしれないな。

  で、ミュージカル俳優もいいけれど、ジャニーズの舞台には既にたくさん出演しているし、新規事業を展開するならモデル一択よ。薮ちゃんのエキゾチックな風貌もファッション業界向きでしょ!

  178センチの身長は男性モデルとしては小さいのかな?だったら、モード系雑誌のモデルさんだ。薮ちゃんに着こなせない服なんてないぜ笑笑。

  いずれ裕翔と並んでランウェイを歩く日が来そうだ。そしてHey!Say!JUMPにモード系のファンが加わる笑笑。

 

有岡大貴

  大ちゃんの強みは、甘い声、可愛い風貌、人懐っこさ、バラエティーのスキルの高さ……に隠された演技力!これだわ。

  …最近の大ちゃんの演技のお仕事はどれもこれも、素晴らしかった。子役時代からの経験が活きているし、才能が開花し始めたのかもしれない。

  と、いうことで…大ちゃんには思う存分演技の仕事をして欲しい。新規事業って言うなら、ぜひ、主役を!大ちゃんは小柄だし、細かい表情で演じるタイプだと思うので、舞台よりも映像向きだと思う。テレビや映画で、ますますお茶の間の人気者になって欲しい。

  ドラマのジャンルは問わないなぁ。大ちゃんなら、どんな役でもこなしてしまいそうだから。お茶の間の子どもからお年寄りまで、虜にしちゃって〜!

  

高木雄也

  雄也の強みは…いつでも自然体である事。綺麗な切れ長な瞳!誰にでも好かれる気持ちの良い性格!イケボ!…そうだ、雄也の強みはイケボ!歌のうまさ。

  というわけで、雄也の新規事業は声のお仕事だ。…正直、体操のお兄さんと迷ったんだけれど(←いたジャンで小さい子にバスケのレイアップを教えている雄也が忘れられない…) 言葉遣いや所作などが、子ども番組向けではないのかなぁ。(←PTA的指導が入るかも笑) 

  だれでも痺れちゃう、イケボを武器にしよう!洋画の吹き替えや、アニメの声優なんかもいいけれど、ナレーションをやって欲しい。雄也の、あの深い低い声で、ドキュメンタリーのナレーションなんかをやったら…もうクラクラするでしょう。

  『この声誰?』から始まって、検索して雄也のイケメンぶりを知り、Hey!Say!JUMPに堕ちる道筋ね笑。

  

伊野尾慧

  はい、ラストはいのちゃん。いのちゃんは今週のメレンゲで、とうとうバク転をマスターしたね!頑張る姿、努力している姿を見せる事を嫌がるいのちゃんが、おデコ全開でプルプル震えながら筋トレしていたり…堂々とカッコ悪いところを晒している姿は…逆に凄くカッコよかった!

  いのちゃんの強みは…実は情熱的で、負けず嫌いで、誰よりも根性がある事をファン以外は知らないことじゃないか笑笑。

  伊野尾革命を経てもまだ、世間に晒していない面がたくさんある。可愛いなんて、もはや、いのちゃんの魅力のほんの一部なんだ。むしろ、もう可愛くなくていいとすら思う。もっと泥臭く、男らしい、ホントのいのちゃんが見たい。『可愛い』とか『美しい』は、そのままで自然に溢れてきちゃうんだから大丈夫!

  と、いうわけで…とうとうバク転をマスターした、男臭い新生伊野尾慧には…もちろん、大学時代に打ち込んだ建築を前面に出した仕事をして欲しい。深夜枠で、なんならBSとかでさ、日本中、世界中の美し建築物を訪れて…ひたすら解説するの。

  素人にはわからないような、難しい建築の用語などもバンバン出しちゃって…解説は字幕でね。…設計した建築家の人物を掘り下げたり、建築家と対談したり…。

  玄人受けする、技術系の男性をターゲットにした、建築万歳みたいな番組をやってもらいたい。可愛いいのちゃんは無理して出さなくて良いから。それを観るあたしらファンの姿勢としては…いのちゃんの話はひとつもわからないけれど、頬を紅潮させて、目を輝かせて語る、それはそれは美しい伊野尾慧をただただ愛でる。そんな番組笑。

  で、Hey!Say!JUMPに技術系男子ファンが流れ込むわけ笑笑。

 

じゃあ、グループとしての新規事業ってなんだろう?

  今まで通り、年に1.2本のコンサートツアーと、何曲かの新曲のリリース。昼に移転した『いただきハイジャンプ』の他に冠番組をもう1本…できればゴールデン枠で!(←欲張り笑)

  あとは…個人の仕事をひたすら充実させて欲しい。Hey!Say!JUMPの強みは人数の多さだ。9人一人一人が個性を最大限に発揮して、その魅力をそれぞれが世間に放てば、自然に国民的アイドルへの道が拓けるんじゃないかな。

  今回のゆうてぃの一万字インタビューで、Hey!Say!JUMPの仲の良さ、団結の固さは本物だと確信した。(←今度、記事を書きます) しっかりしたホームがあるから、メンバーは安心して個人の仕事に邁進して欲しいなぁ。それぞれが外でいい仕事をして、Hey!Say!JUMPに還元して欲しい。

  11年目以降もさらに進化して、素敵なHey!Say!JUMPでありますように!f:id:hirunekotan:20170924063741j:image