https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

ヒルナンデスの『俳句旅』を観て光くんの新作を熱望してしまった

今日は連休の谷間(5月1日)…今日は仕事が休みだったのでのんびり『ヒルナンデス』を観た。

あたしはヒルナンデスの『俳句旅』のコーナーが好きだ。メンバーやゲストのみなさんが捻り出す俳句を『俳句王子』こと高柳先生が淡々と評価をして添削する。

先生が一文字代えるだけで、印象が全く変わるものもあれば、素人目には直さない方がその人らしさが出てるのに…なんて思うものもあるが『俳句王子』は容赦ない。(←特にあさこ姐さんの句から『酒』を抜いたらあかん!と素人は思う笑) 『俳句王子』は優しい笑顔でバッサリと切っていく笑。感性が大事な芸能人のみなさんだが、駄作もあったり…ビックリするほどステキな句があったりで面白い。

今日のゲストは桐谷美玲ちゃんと、ミュージシャンの吉田靖直さんだ。吉田さん…1月期のシンドラ『卒業バカメンタリー』でジャニストの藤井流星くん、濱田崇裕くんに前田航基さんを加えた主役の4人組の一角だったよね。独特のユル〜い存在感でずっと気になっていた。ミュージシャンだと知ったのは前回(4月17日) の『俳句旅』だ。『トリプルファイアー』というバンドのボーカルだそうで、早速youtubeで検索してみたら…うん!!とても斬新でした!

今回、最初のお題は夜の亀戸天神のライトアップされた『藤』だ。夜の藤棚って夜桜とはまた違う美しさなんだろうなぁ。吉田さんの俳句は素敵だ。

     藤の花

         身をゆだねられる

              ものあるか

前回も先生に言葉が暴れているとか言われていたけれど(←前回の散り際の桜の句もすごく好きだった!) 今回も、先生曰く言葉に勢いがあるそうで…。素人ながらこの句には、なんだかロック魂を感じたな笑。吉田靖直さんはひるねこの中で要チェック人物デス!

 

さて、前回『駄句岡大貴』と呼ばれてしまった大ちゃんだが、今回は褒められたね。

    藤の花

       見上げた亀と

          顔合わせ

『顔合わせ』を『顔合わす』に直すと、自分自身も絵に入り風景に奥行きぐ出ると言うようなことを言われてた。なるほどね〜。そして、あたしは、大ちゃんの前回の桜の句も好きだったな。

     散る桜

         船からのぞく

             ファンファーレ

どちらも、なんだか元気で可愛くて大ちゃんらしい。この時は先生に『ファンファーレ』を『新社員』に直してもらい4月のちょっと哀愁さえある風景が切りとられた、すごく良い句にしてもらった。でも、ファンファーレのままでもあたしは好きだな。豪華客船が出航する時の紙吹雪やらファンファーレやらをイメージしちゃった。散る桜だと哀愁を帯びるけど、桜吹雪とかにしたら、天真爛漫な大ちゃんらしい句だよね。桜吹雪だと字余りだから花吹雪でどうですか、先生…?

          花吹雪

             船からのぞく

               ファンファーレ

そして今日の二句目。東京タワーに照らさせる夜の増上寺を詠んだ大ちゃん。

      春の闇

          朱の色まとう

             増上寺

なんだか素敵な句!大ちゃん上達したんじゃない?でも、これでは増上寺がライトアップしているように読めてしまうので『増上寺』→『東京タワー』に直された。するとお題の『増上寺』が消えてしまいNGに…。お題がなければ名作だよ!

では最後に光くんの句を…

       藤の花

             眺める今宵

                     傘いらず

あぁ、光くんだ!夜の藤棚が光を浴びて…まるで雨が降り注ぐように妖艶に見えるっていう句。実際に霧雨なんて降っていたら光ワールド全開なのだが…星が瞬く晴れた夜でも綺麗だ。光くんはあんなに『らじらー』で噛んじゃうし(←宮城での公開生放送でのひかにゃんの愛らしいこと!) 語彙も少なそうだし、世事にも疎そうなのに…光くんの紡ぐ言葉の光景はやはり美しい。

先生に直してもらって

       藤の花

            今宵は雨の

                   如く垂る

という素敵な句に生まれ変わった。大ちゃんが光くんからは『如く』なんて言葉は絶対に出ないと断言していたけれど…そうだよね…光くんはこんなに端正な句は詠まない。少し言葉が散らかっているくらいが光くんらしい。

そして、光くんの作る新曲をそろそろ聴きたきいなぁ…と思った。

f:id:hirunekotan:20180502181250j:image