https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

結論!中島裕翔は、やっぱり凄かった!

テレビ番組といえば、バラエティーが大好きなひるねこ…3年前にHey!Say!JUMPの沼に落ちるまで、人並みに『SMAP×SMAP』は観ていたし『学校へ行こう!』も『鉄腕ダッシュ』も好きだった。

…で、思うんだけど、少し前のジャニーズって何でも出来るイケメン集団というイメージがあったよね。番組で無理難題を要求されても、最後には大抵華麗にクリアしていた。

だけど『ひみつの嵐ちゃん』のマネキンファイブあたりから…ぐっとジャニーズを身近に感じられるようになったのかもしれない。(←翔ちゃんのコーデが独特で…毎回大笑いしながら観ていたっけ…) 

 

さて、そこで、3年前に生まれて初めてジャニーズの沼に落ちたひるねこ…。世界一カッコいい、我らがHey!Say!JUMPだが…番組での無茶振りを華麗にキメた思い出は…うん…ないのだが……笑笑。

いやいや、アイドルだって生身の人間なんだから、それで構わないよ、うん。今のJUMPのバラエティーでのスキルに不満はない。歌って踊っている時のJUMPはすごくカッコいいのだから。そしてあたしは、そういうJUMPが好きなのだから。

だが……しかし…!

先日の『いただきハイジャンプ』で中島裕翔くんの太鼓パフォーマンスを観て…感激した。こういう姿こそ、子どものころから観てきたジャニーズなのではないのか??彼こそ、現代のキングオブジャニーズではないのか??

f:id:hirunekotan:20180812161244j:image

 

この日の番組の概要はこれ↓↓↓

f:id:hirunekotan:20180811232405j:image

たった3日間で世界的な和太鼓のパフォーマンス集団『DRUM TAO』の舞台に立てるか??というもの。

…この『DRUM TAO』…研修生の間は休み無し、給料無し、さらに携帯、喫煙、飲酒、恋愛、お菓子、漫画など禁止というとても厳しい集団で、そのパフォーマンスは世界レベルだという。もう、この段階でHey!Say!JUMPでチャレンジできるのはメンバーで一番ストイックな裕翔しかいないじゃない…!

 

さらに、この3日間が、ただの3日間ではなくて…真ん中の2日目に『FNS歌の夏祭り』を挟んでいる。新曲『COSMIC HUMAN』がテレビ初披露され、世界中のJUMPファン(←含、ひるねこ…笑) をキャーキャー言わせた、あの日を挟んでいるのだ。実質練習時間は2日と少しだ。

ドラムの名手の裕翔ではあるが…あまりにも高度な『DRUM TAO』のパフォーマンスについて行かれるのだろうか??

結論!中島裕翔はやっぱりすごかった!

あっという間にチームに溶け込み、本番での演奏は素晴らしかった。あんなに短い練習時間であんなに難しいパフォーマンスができるなんて、尊敬しかない。感激したなぁ!

……しかし、彼は浮かない顔で

『ちょっと失敗した。立ち位置間違えて、テンパって、ちょっと遅れた…。これはもう…人様のステージで間違えちゃったから、もう悔しいね…!あんなに練習したのに…超悔しい!』

どれだけ完璧を目指していたんだろう?

でも『TAO』のメンバーは笑顔で迎えてくれて、座長さんは『ナイスでした!』とアンコールにまで出演させてくれた。裕翔のパフォーマンスが素晴らしかった証だ。

 

身長の高い裕翔はHey!Say!JUMPでは後列や端にいる事が多い。9人でいる時に飛び抜けて目立つわけではない。

しかし、ドラムを叩く裕翔はやはり魅力的で目が離せなくなるし、ドラマや映画での演技もひとりの俳優として認められる技量がある。また、先日解禁された『BANGER NIGHT』の映像ではセンターポジションで踊る裕翔のダンスが圧巻だった。

何年か前『伊野尾革命』と言われた時期に、世間が見切れアイドルだったいのちゃんの魅力を見つけたように、そろそろHey!Say!JUMPのなかに紛れてその爪を隠している裕翔の才能の豊かさを、お茶の間が見つけるのではないかと思う。

この秋の月9ドラマで織田裕二と共演する裕翔…。自称裕翔ウォッチャーの娘がいうには『ゆーてぃは主役ではなく脇で輝く』のだそうで彼女によれば、今回の役は最高のポジションらしい。(←素人の小娘の意見ではあるが…笑)

この秋は、信じて裕翔の躍進を見守ろう!