https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

伊野尾慧のソロ曲『条件反射』が凄いという噂を聞いて、いのちゃんのユニット曲を振り返ってみる。

気がつけばもう9月…あんなに暑かった平成最後の夏が過ぎて行く。

そんな夏の終わりに、我らがHey!Say!JUMPのライブツアー『SENSE or LOVE』が始まった。あまりにも暑かった今年の夏の熱気を引き継ぐかのように、熱いステージを観せてくれているらしい。

今日は久しぶりに…

今回のソロ曲が話題のいのちゃんについて書こう。f:id:hirunekotan:20180905152338j:image

 

8月31日から始まったHey!Say!JUMPのライブツアー『SENSE or LOVE』だが、初日のライブ終了直後のツイッターが凄かった。f:id:hirunekotan:20180904193653j:image

我らがいのちゃんのソロ曲『条件反射』と『JUMP』がトレンド入りしていたのだ。(←『JUMP』の方は我らがHey!Say!JUMPとは別の話題も混ざっていたらしいが…)

ライブを『目撃』したファンの方々が、どれだけ衝撃を受けたかが伝わる沢山のツイートに、臨場感をおすそ分けしていただいて…ライブに行ったかのような気持ちになった。(←単純…笑笑) 

ほどなく伝わってきた『4大ドームツアー』の発表!嬉しかった〜♡沢山のツイートを見ながら、自分も薮ちゃんの口から聞いたような錯覚を覚えた。(←ほんとに単純…笑笑) 

さらに、東京公演に行かれたブロガーさんのレポートは、どれも秀逸で、ワクワクしながら読ませていただいた。

 

レポによれば、今回のライブでのいのちゃんのソロ曲『条件反射』の演出があまりにも衝撃的だったらしい。

スタンドマイクからいのたかが鎖で繋がれている?

雄也がいのちゃんをバックハグ?

身体をなぞって??

寸止めのキス???

…お…おい…!そりゃ、みんな呟くわ…トレンド入りするでしょうよ…。はぁ…観たい……!

 

ソロ曲『条件反射』がライブ終了直後にツイッターのトレンドに入るほど話題性があって『さすが伊野尾慧!』と思うのだが…考えてみると、いのちゃん参加のユニット曲はどれも凄かった。(←伊野尾ファンのひるねこ…もちろん依怙贔屓してますけどね…♡)

それではいのちゃんのユニット曲を振り返ってみよう!

初めて観た『smart魂』のDVD…旬なBest兄さんたちのビジュアルの美しさが際立つ『smart魂』の中で、真面目にふざけた珠玉の一曲!『Oh! アイドル!』by愛追I隊…大ちゃん、いのちゃん、圭人の3人によるユニットだ。ひるねこが子どもの頃から慣れ親しんだ『シブがき隊』やら『少年隊』を彷彿させる衣装の愛追I隊 の3人。モニターにはハッピを着たメンバー扮する親衛隊(←昔はそう呼んだよねぇ笑笑) …最高に楽しいパフォーマンスだった。親衛隊の中では愛追I隊の3人に怖いほど熱い視線を送っている裕翔が最高だ!…まだ観ていない人は是非ご覧ください♡

 

そして、伝説の一曲『ペットショップラブモーション』いのちゃん、ちぃたん、ゆーてぃ、雄也がそれぞれ猫、ネズミ、うさぎ、犬に扮していて、胸を抉られるほど愛らしい。パフォーマンスは『車魂』のライブDVDに収録されている。動物の扮装をして舞台のヘリで足をプラプラさせながら座り歌う4人…悶えるから笑笑。

この曲のちょっとしたメイキング風景がアルバム『JUMPing CAR 初回限定2』に収録されているのだが、(←この盤には文句なしの名曲『UNION』のPVが収録されている。これは必見ですよ!!) そこにこの曲をプロデュースしたと思われるいのちゃんの、短いコメントが入っている。

『この曲を貰った時に動物でやったら面白いんじゃないのって思って』

『俺の中で知念がネズミでチューチュー言ってたら可愛いかなと思って』

『高木もちょっと色っぽい声なので、面白いかなと思って』

そんな風にいのちゃんは色々なことを『思って』この曲を企画したらしいのだが…それが天才的にハマっている。

ちぃたんがネズミというのはわからなくもない。でも雄也を『声が色っぽいから犬に見立てる』ってすごいよね。優しくて強くて忠実な大型犬にピッタリハマったじゃない!あの艶っぽい声量のある雄也の声も大型犬にピッタリだ。

そして、身体の大きなゆーてぃをウサギに!あのキレッキレの動きに、ウサギの耳をつけて大きな身体を折り曲げて歌う姿は、天才的に可愛い♡端正な顔に完璧なスタイル…ちょっとあどけない声と歌い方…ゆーてぃのウサギに心を鷲掴みにされる。

さらに、いのちゃん自身はネコに…。コメントの中で

『前世はネコだった』

とか言っているが笑笑…いのちゃんほど『ニャーニャー』が映える声を持つ男性を知らない。『Hanako』で「猫と男が幸せを呼ぶ。」という特集を組まれ、花冠を被り表紙を飾ったのも『いにゃー慧』として知名度が上がったのも、全てこの後だ。いのちゃんのセルフプロデュース力の高さに脱帽!

 

次は光くんと組んだ『今夜貴方を口説きます』ね。

『いのひか』といえば『らじらー』で、らじらーといえば名物コーナー『今夜貴方を口説きます』なのだが…そのまま歌にしてしまうあたりが凄い。

そもそも、らじらーの『今夜貴方を口説きます』が人気コーナーになったのもいのひかの…特にいのちゃんの口説きが、毎回、余りにも際どいワードを散りばめられているから…つまり、すごくエロいからだと思う笑笑。そのコーナーの世界観(笑笑)をそのまま表現したのがこの曲『今夜貴方を口説きます』である。

ライブでのパフォーマンスは『親愛魂』のライブDVDで観られる。頭に冠を載せてド派手な衣装を着た『いのひか』の突き抜けた感じのパフォーマンスは圧巻だ。なんと言っても歌詞が凄い。口説いているものは『物』なのだからエロくはない…でもエロい笑笑

例えば二番のAメロ…

僕の唇ダイレクトに
甘えながら滑り込む肌
溢さないで飲み干すよ

↑ストロー口説いてます笑笑

お出かけ前 君を見つめて
おもむろにファスナー開いて
全部入れてもいいかい

↑これはカバンね笑笑

歌詞を考えているいのちゃんをそばで見ていた雄也が『伊野尾くん、頭おかしいんじゃない?』と言ったとか笑。また、この曲を聴いたやぶちねが『女の子は甘い言葉にキャーってなるけど、俺らはゾワゾワしていたたまれねー』と言ったとか笑笑、エピソードにも事欠かない。

 

そして今回の『条件反射』である。

SMとBLが入り乱れ、目が眩むような背徳感に溢れたパフォーマンス…らしい…。(←観たい!)

 

この4曲。全てが完全な伊野尾慧プロデュースとは言わないが…全てに彼の意思が反映されているのは事実だろう。そこで思うのだが…アイドルというのは本能的にカッコいい自分をプロデュースしてしまうものではないのか…?

例えば、この時期のエース山ちゃんのユニット&ソロ曲は『Yes』(←ひたすらお洒落でセクシー)『3月14日〜時計』(←ラブバラードの見本みたいな…ちょっと重いけどすごく好き!)『My Girl』(←名曲!大好き)『Do it again』(←エロいのに爽やかで綺麗) ほら…全部カッコいい!!

例えば、帝王薮ちゃんの同時期のユニット&ソロは『Super Super Night 』(←お洒落なコメディチックな曲)『UNION』(←名曲!) 『Mr.Flawless』(←完璧!)『流星の詩』(←薮ちゃんのボーカルの集大成だぜ♡) …ほら全聴かせてくれるヤツ!!

たまたまこの2人の曲をピックアップしたけれど、もちろん、どのユニット曲もソロ曲もみんな想いが溢れていて素晴らしい。そして、どの曲も関わっているメンバーのカッコよさを引き出している。あたしたちファンは好きなアイドルのカッコいい姿を観るのが大好きなのだから、出来るだけカッコよい楽曲を提供してくれるのは究極のファンサでもあると思う。

 

しかし…いのちゃんの曲だ。

いのちゃんが関わっている曲も全て素晴らしいんだけど…この4曲は、必ずしも『カッコよい』をアピールした曲ではないと思う。いのちゃんの曲の対象はファンだけでなく『すべての聴く人』なのだと思う。

いのちゃんファンに限らず、この曲を聴いた全ての人の心に必ず印象を残す曲。え?え?っとなってもう一度聴きたくなる曲。おそらくいのちゃんは『どうしたら聴く人が面白がるか。興味を持つか。喜ぶか…』そんな事をまず考えるんだと思う。

それは、もしかしたら…デビューしてからも、しばらくの間見切れアイドルと呼ばれていたいのちゃんの『とにかく爪痕を残したい』という本能かもしれないし、純粋にアイドルとして『見てくれる人を楽しませたい』という本能かもしれないし…いのちゃん本人が『面白いことが大好き』なだけかもしれない。

だからとにかく、いのちゃんの曲は面白い。いつも話題になるし、それがきっかけでJUMPに興味を持ってくれる人もたくさんいるだろう。それがまさに、いのちゃんの願いなのだろう。そしてきっと、今回のツアーでも…深い深い伊野尾沼に落ちる人がたくさんいるに違いない。

 

いよいよ今日(9/5) からドームツアーの申し込みが始まった。あたしも絶対に当てて、今度こそ『条件反射』を目撃したい!