https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

11年目のHey!Say!JUMPを応援する誇りとプライド

唐突ですがいのありファンのそこのあなた…with11月号はもうご覧になりましたか?f:id:hirunekotan:20181011193325j:image

 

いのありの連載『boy's be…』が今月で丸3年を終えて、来月から4年目に突入する。

連載開始当時…伊野尾慧の魅惑の青い沼に落ちてまだ半年ほどだったひるねこ…直前にHanakoの猫特集で表紙を飾ったいのちゃんを誇らしい思いで写メに撮り、友だちに見せびらかしまくっていたのを思い出す笑笑。

 

そして興奮覚めやらぬ思いでwithの発売を待っていたっけ。2015年12月のwith…表紙は佐々木希ちゃん。f:id:hirunekotan:20181011193331j:image今でもこの表紙を見ると当時のワクワク感を思い出して胸がキュンとなる笑。見開きで2ページだけど、ふたりの初々しさがいっぱいだ。仕事が増えはじめて、世間に知られはじめて…ひるねこみたいな、今までジャニーズに全く縁のなかった人々まで巻き込んでファンを増やしはじめて…これから登って行くぞ〜っていう勢いがあった。

初回の『boy's be…』…片隅にこんな記事が…↓f:id:hirunekotan:20181011154315j:imageそうそう『キミアトラクション』は2015年10月の発売だったんだね。初回限定版1には名曲『ChikuTaku』が、そして限定版2には『秋、晴れ。僕に風が吹いた。』が収録されている。

『ChikuTaku』が『やぶひか』の曲なら、この『秋、晴れ。僕に風が吹いた。』は言ってみれば『いのあり』の曲だ。あの歌い出しのいのちゃんのセリフ『ボクには何もないって…ずっと思ってた…』……今聴いてもジーンとする。そして…不遇の時代が長かったいのちゃん自身と重なって、聞くたびに、ホントたまらなかったっけ笑。この曲…今は沢山の名曲たちに埋もれてしまっているけれど…甘酸っぱい切ない感じが好きだなぁ。

 

ちょっと横道に逸れたけれど…

そんな感じで始まったいのありの『boy's be…』なのだが…丸3年が経って、11月号は『永久保存版 Special Photo Book』だ!なんと!8ページもふたりの姿で埋め尽くされている。テキストも充実していて『いのあり』の真髄が感じられる。

…いのありって、やっぱりいい!

いつもはしっかり者の大ちゃんが、いのちゃんとふたりだと弟感に溢れて…いつもは自由気ままないのちゃんが大ちゃんを見守る感じが優しくて…だから、どう言ったらいいのか…ふたりが自然に寛いでいる感じ?お互いを信頼しきって、安心しきっているような感じが良いのだと思う。←どうしてもうまく言えない…

 

さて、withのいのありもそうだが、11年目に入ったHey!Say!JUMPは…脂が乗ってきているなぁと思う。

先日のヒルナンデスではオリラジ兄さんが卒業したあとの『ローカル線…』を大ちゃんがしっかりまとめていたし(←あの良純さんと対等に渡り合えるのは素晴らしいと思う….笑笑) バラエティ『所さんの学校では…』では雄也がひとりロケを頑張っていた。…雄也の素直なリアクションはロケ向きだよね。見た人はきっと、みんな雄也が好きになってしまうのではないかしら?

さらに、先日から始まった裕翔の月9ドラマだ。初回の視聴率が14.2%ってすごいよね。織田裕二鈴木保奈美の『東京ラブストーリー』ペアもよかったけれど、ふたりの名優に引けをとらない我らがゆーてぃが誇らしい!…ゆーてぃの顔が、あたし達が知っているゆーてぃの顔じゃなかったね。アイドル中島裕翔ではない鈴木大貴…改め大輔の表情…。この作品で裕翔は俳優としてもっともっと飛躍するんだろうなぁ。

あとね、声優の伊野尾慧も素晴らしかった。そうあのEテレ の『シッチャカ』ね…!いのちゃんだとわかっていても、いのちゃんだと思えない凄さ笑笑。そしてこの『u&i』はたった10分間のミニ番組だけれど本当に良い内容で…いのちゃんがこの番組に抜擢された事はファンとしてとても誇らしい。

 

他にも…JUMPちゃん達はそれぞれの番組でしっかり活躍している。先日の『日テレ系特番…』でも出演したメンバーはそれぞれ見せ場を作っていた。

Hey!Say!JUMPはホントにあたし達を楽しませて、幸せにしてくれているよね。メンバーそれぞれが、目の前の仕事をコツコツと真面目にこなしてきた成果が花開いてきているんだ。11年目…いつのまにか後輩から慕われる立派なグループになった。3年前『boy's be…』が始まった頃は…いくらHanakoの表紙を見せてもピンとこない様子だったひるねこね友人たちだが、今『JUMPのドームツアー当たったんだよ』(←そう、とうとう当たりました!)と言うと羨ましがられる。『次は一緒に連れて行って♡』とまで言った子もいた。(←社交辞令??) これからも、さらにファンを増やして、たくさんの人に愛される大きなグループに成長していくんだね。ホントに誇らしい。

 

で、思うんだけど…

そんな素晴らしいグループを応援しているあたし達ファンもHey!Say!JUMPのファンだという誇りとプライドを持って行動したいよね。

アイドルを追いかけて、公共の場所で騒いで、はしゃいで…周りの迷惑が見えていない姿はかなり見苦しい。関係ない人に迷惑をかけたり、不快な思いをさせる行為はカッコ悪いしみっともないし…そんな風にアイドルを応援するのだとしたら、あたしは自分に誇りやプライドは持てない。

Hey!Say!JUMPのアリーナツアーもラストスパートだ。そしてドームツアーが始まる。ひるねこも有難いことに、当選して念願のコンサートへ行かれる♡(←あ、さっきも言った…笑笑)

あたしはこの日に、最高のグループであるHey!Say!JUMPを応援しているんだという誇りとプライドを持って会いに行こうと思っている。

家を出てからコンサートを楽しんで家に戻るまで、最高のグループであるJUMPのファンであることを忘れない。普段はダラダラしているひるねこだが、この日は一日中背筋を伸ばすぜ笑笑。