https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

ひるねこ的『ふ湯タビ宮城』…南三陸志津川さんさん商店街の巻

Hey!Say!JUMPの『ふ湯タビ宮城』の動画を見てすっかり宮城へ行きたくなったひるねこ…。とうとう行って参りました!

 

11月某日、朝6時半に家を出て東北道を北へ北へ…。車を走らせること約5時間。5時間と言っても、運転は夫ユキオ(仮名)にお任せなので楽チン!あたしは、時折ガムや飲み物を差し出したり、ユキオの好きそうな話題を振っているだけ…笑笑。ユキオくん、ホントにありがとう♡

さて、まずはここに到着。

f:id:hirunekotan:20181122160849j:image三陸志津川さんさん商店街!

そう、夏タビ宮城で山ちゃんが食べていたキラキラ丼のところ…。↓↓↓

f:id:hirunekotan:20181122161210j:image

ちょっと解説すると、この『南三陸志津川さんさん商店街』は日本を代表する建築家隈研吾氏監修で建てられたそうで、飲食店からお土産やさんや写真館まで…清潔感溢れる28軒の店舗が並ぶ。3.11で被災した店舗が集まり2012年に仮設商店街として開設されたものが、2017年の3月に現在の形になったそうだ。

ちょうどお昼時…。早速キラキラ丼を食べてみる。キラキラ丼は季節ごとに内容が変わるのだが…現在はいくら丼だ!f:id:hirunekotan:20181122194508j:image

さんさん商店街には何軒かキラキラ丼を出す店があって、どれも美味しそうなのだけれど…ひるねこは一番海寄りにあるお店『食楽 しお彩』さんのをいただきました。f:id:hirunekotan:20181122195012j:image

いくらがプチプチで、サーモンは濃厚で…シソの香りと優しい錦糸卵がもう絶妙なバランスで…ホントに美味しかった!

このお店には、もう一つどうしても気になるメニューがある。その名も『蛸壺ラーメン』…どんぶりの代わりに蛸壺が使われている。おそらく、ラーメンにもタコが入っているんだろうなぁ…。ツーリング中らしき旅慣れた雰囲気のライダーさんが美味しそうに召し上がっていた。…あぁ、ギャル曽根ちゃん並みの胃袋があればなぁ…!次に来た時には『蛸壺ラーメン』を食べよう…いや、でも…きっと、次もまた別の季節のキラキラ丼を食べてしまうんだろうなぁ笑笑。

そしてこのお店…レジ前にはイケメンの看板息子たちが控えていて、並んでお見送りしてくれるよ♡f:id:hirunekotan:20181122201208j:imageもう、大満足だわ!

 

さて、美味しいお昼をいただきようやく落ち着いて景色を眺める。この商店街…お店を両側に挟んで真っ直ぐに海に続いている。ホントに風通しが良く、居心地良く、しかもとても美しいつくりになっているのだ。f:id:hirunekotan:20181122205356j:image

正面に見える南三陸の海は美しい…!キラキラ丼のようにキラキラだ。……だけど…あれ?震災から何年たった?まだまだ、復興の途中なんだなぁ。たくさんの重機が見える。ようやく瓦礫を片付けて、更地になった段階なんだね。ここからどんな風に変わっていくのだろう?

f:id:hirunekotan:20181122222440j:image

商店街の右側にはあの、防災対策庁舎跡がある。f:id:hirunekotan:20181122225641j:image

側にはこんな看板がある。f:id:hirunekotan:20181122225733j:image

あの震災の日、この防災庁舎の屋上に、ここで働いていた130名の職員のうち、53名が避難した。…屋上の高さ12メートルに対して襲った津波の高さは15.5メートル。多くの人が流されて…無事だったのはたったの10名だったそうだ。

…この庁舎から女性職員が津波が襲う直前まで、町民に避難を促す放送を62回も行っていた。当時の報道でこの放送の声を聞いた記憶がある。…彼女は津波に流されて亡くなった。24歳、結婚を目前に控えていたそうだ。

商店街の中には3.11に関する写真を展示した写真館がある。

f:id:hirunekotan:20181123191143j:image

入場料300円。中に入ると若い女性が2人…静かに、そしてとても熱心に写真を観ていた。(←きっとJUMPのファンだ!)

3.11以前の南三陸

そして、3.11の南三陸…。ほんの数分の間に波に飲まれる町…。

そして瓦礫の中から立ち上がる人々。

大人も子どもも…南三陸の人々のまっすぐな瞳の力強さに圧倒される。人間てすごいなぁ。なにもかも壊れても、たくさんの人々とお別れしなくてはならなくても、ちゃんと立ち上がって前を向いて歩けるんだ。この商店街で働いている人々みんな、どんな気持ちでここを立ち上げたのか…油断していると自然に涙が出てくる。

キラキラ丼を食べに南三陸サンサン商店街を訪れたら…みなさんも忘れずにこの写真館へ入って写真を見て欲しい。

なんかもう…大きく感情が揺すぶられて…あたしの拙い文章などでは到底伝えられない何かが感じられる。そのあと宮城の観光地を巡ると…より深く楽しめるかもしれない。

今年の夏、光くんは訪れた花火大会でどんな事を感じたのか…。大学時代から頻繁に被災地を訪れているいのちゃんは『めざまし』でレポートしながらな何を感じていたのか…。そしてJUMPメンバーもみんな、宮城を訪れて何を感じたのか…。きっとここであたしが感じたことと似た想いを抱いたんだろうな。僭越ながら…JUMPとほんの少し想いを共有できた気持ちになる。

ホントにここに来て良かった!

 

そんなわけで、商店街をあとにして…美しいキラキラな南三陸の海を眺めながら、次なる目的地へ向かう。

f:id:hirunekotan:20181123193437j:image

 

いのちゃんの『めざましテレビ』での3.11レポの記事はこちら。↓↓↓

www.hiruneko.info

www.hiruneko.info