ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

Hey!Say!JUMPとSnowMan徹底比較!掛け持ちは可能?

前回「Hey!Say!JUMPは唯一無二!!」という記事を書いたのですが、自分の中で自分に激しくツっこみを入れたくなりました。

おいおい、SnowManはどうした…!!

そう、俄かとはいえSnowManが大好きなひるねこ。SnowManだって唯一無二なんじゃないか!と言いたい。←もはや唯一無二って何??って話…笑笑

今日はHey!Say!JUMPとSnowManを徹底比較です。

両方を愛でる事は可能なのか…

また、SnowManのデビューでHey!Say!JUMPは影響を受けるのか…

検証してみましょう!

 

Hey!Say!JUMPとSnowManのグループ構成を比較

f:id:hirunekotan:20190820153918j:image

まずはHey!Say!JUMPとSnowManのグループ構成を比較します。

【人数】

どちらも9人グループです。JUMPは現在岡本圭人くんがアメリカに留学中なので、8人で活動しています。

スノはもともと6人で活動していましたが、2019年の1月に3名の増員を発表、現在は9人で活動しています。

【年齢】

JUMPの現在の平均年齢は27.3歳。最年長薮くん(29歳)と最年少知念くん(25歳)の年齢差は4歳です。最年長から最年少まで綺麗にならんだ年齢構成は兄弟みに溢れて、JUMPのワチャワチャ感はこの辺りから醸し出されているのかも…。

一方でスノの現在の平均年齢は24.3歳。最年長深澤くん(27歳)と最年少ラウール(16歳)の年齢差は11歳。現役高校生のラウールが飛び抜けて若いです。このアンバランスさが新生SnowManの魅力ですね。

 

Hey!Say!JUMPとSnowManのセンターを比較

f:id:hirunekotan:20190820154133j:image

次はグループのど真ん中に立つセンターを比較してみましょう。

グループによって、こんなにセンターのタイプが違うのかと愕然としますよ。

山田涼介と岩本照くん、ラウール…!それぞれがすごく魅力的です。ジャニーズ事務所の人材の豊富さにワクワクしますね。

Hey!Say!JUMPの絶対エース山田涼介

JUMPのセンターは曲によって変わりますが、パフォーマンスの要はやはり絶対エース山田涼介くんです。

ビジュアル

  • ご存知のように圧倒的な顔面偏差値の高さ。美しく、可愛らしく、色っぽい…!
  • そしてコンパクトな体型、グループの中心に馴染む程よいサイズ感が魅力です
  • ビジュアル的にアイドルとして最高の資質を持っていますよね♡

性格

  • 誰よりもストイックで負けず嫌い。いつもグループを大きくする事を考えています。
  • しかし、完璧ではないんですよ。割と苦手なものが多いのも山ちゃんの魅力。絶叫マシン、おばけ屋敷、カエル、納豆、吊り橋(高所恐怖症) 美しい顔を歪ませて、苦手なものにチャレンジする姿が可愛くてたまらんです。
  • 妖怪大好き!UMA(未確認生物)大好き!番組で特集されると、目を輝かせて喜ぶ山田くん!←可愛いくて、山ちゃんばかり見てしまい番組の内容が入って来ません笑笑。

パフォーマンス

  • 山田くんの最大の魅力は声ではないかな?甘く伸びやかな美声は、JUMPの最大の武器かもしれません
  • 声量のあるフェイクも山ちゃんの魅力!彼のフェイクから入る名曲もJUMPにはたくさんありますね。←新曲「ファンファーレ!」もねっ!
  • コンパクトな体型ながら、キレのある美しいダンスももちろん魅力!
  • 山ちゃんの表現力は半端ないですね。ソロ曲「Do it again」のライブ映像は必見です。美の極み…ほとばしる色気…(*´ω`*)

 

SnowManのセンターは岩本照くんとラウール

SnowManは岩本照くんと新加入のラウールの二枚看板です。タイプの違う2人のセンターを得たのは、新生SnowManの強みですね。

ビジュアル

  • 岩本くんもラウールも長身でスタイルバッツグン!
  • 特にラウールの股下は84センチ!←今どきの子のスタイルの良さに愕然とする昭和世代のひるねこ…笑笑。
  • 切れ長の一重に面長の岩本くん、ベネズエラとのハーフのラウール…スノのセンターはどちらもエキゾチックな雰囲気ですね。

性格

【岩本照】

  • ストイックで負けず嫌い。妥協を許さず、パフォーマンスでグループを牽引してきました
  • おばけ屋敷が何より苦手!悲鳴をあげて逃げまどう姿は、まるで小さな女の子です
  • チョコレートやタピオカが好き、シルバニアファミリーを集めている…そのいかつい風貌とのギャップが魅力!
  • ふっかくん曰く以前は弟キャラだったとか。新メンバー加入後はお兄ちゃんキャラで頑張ってますね

【ラウール】

  • 飄々としているけれど、端々に負けん気が見え隠れします
  • グループ内では圧倒的な末っ子キャラ←スノの他のメンバーとの年齢差を考えれば当然です笑笑
  • ラウールはすごく頭がいいです!いつ勉強しているのかしらね??

 

パフォーマンス

【岩本照】

  • とにかく圧倒的なダンススキルとアクロバット、これにつきます!
  • ダイナミックなパフォーマンスはゴリゴリです!男らしさにシビれますね。

【ラウール】

  • 手足の長さを活かしたダンスはキレキレだけれど、しなやかで美しいです!
  • どこか中性的な魅力がありますね
  • 声が甘〜い!まだ16歳…これから変わっていくのでしょうが、今の幼い甘い声が大好きです!

 

Hey!Say!JUMPとSnowManのパフォーマンスを比較

f:id:hirunekotan:20190820154402j:image

Hey!Say!JUMPとSnowMan。それぞれのグループのパフォーマンスを比較してみましょう。系統の違いがはっきりしますね。

JUMPは9人の個性を存分に生かしています。一方でスノはグループとして全体で見せるパフォーマンスに徹しています。

Hey!Say!JUMP

ダンス

「OVER THE TOP」「BANGER NIGHT」などのフォーメーションダンス、「Beat Line」などのピタリと揃ったダンス…JUMPの魅力は群舞にありますね。

一人一人が洗練されていて美しい。そして、それぞれがキラキラとあちこちで美しい動きをしている…。

JUMPのダンスはどこを見ても美しく、9人の個性が存分に生きているんです。

キラキラソング

キラキラソングについては前回散々書いたので、今回は簡単に書きますね笑。

キラキラソングはHey!Say!JUMPの代名詞です。

9人の個性的な王子さまによる王道のアイドルソングを、ブレることなくキラキラと歌えるのは、Hey!Say!JUMPだけですよ!

9人のハーモニー

デビューして12年。Hey!Say!JUMPはそれぞれの個性的な声を融合して、見事なハーモニーを作り出していると思いませんか?

それぞれが、それぞれの声音を生かしたパートを任されているんですよね。

歌の上手い薮くん、山ちゃんをベースに、雄也の声量のある美しい低音、光くんのラップ、伊野尾くんの印象的なフレーズ…などなど、

全員の声がちゃんと生きているのがJUMPの楽曲の魅力です。

 

SnowMan

アクロバット

SnowManの代名詞はアクロバットですよね。

カウコンで旧メンバー6人が揃って宙返りをしてから歌い出す動画を見ましたが、シビれますよね!新メンバーも是非是非スノの一員として、激しいアクロバットをマスターして欲しいです。

アクロバットではSnowManが唯一無二です!

ダンス

SnowManのダンス動画は何度でも見たくなります。それほど美しい!

俄かファンなので「Make It Hot」と「Lock on!」くらいしかちゃんと見ていないのですが←今後出る曲は全て舐めるように観ますよ笑笑…

下積みが長かっただけに、全員ダンススキルがものすごく高いです。新加入メンバーもですよ。それぞれのユニットで磨かれたダンスは素晴らしいです。

そして、バックで踊ることが多かったSnowManは、JUMPと真逆!

個性を生かすというより、全体で美しく見せるダンスをしますよね。

そこに、飛び抜けて若いラウールがしなやかにキラリと光るんです。恐ろしいセンターに成長しそうな予感です笑笑。

スノのダンスはこれからも進化して行くのでしょうね。目が離せないです。

 

結論!Hey!Say!JUMPとSnowManは掛け持ちできる!

はい、結論です!

Hey!Say!JUMPとSnowManは同じジャニーズ事務所所属の9人組のグループですが、全く被らないことがわかりましたっ!\٩( 'ω' )و 

【Hey!Say!JUMP】

  • Hey!Say!JUMPは9人の個性を存分に発揮するパフォーマンス
  • キラキラの王道アイドルソングではHey!Say!JUMPが唯一無二!

【SnowMan】

  • SnowManはある意味個性を隠してグループとして勝負しているように見えます。
  • アクロバットを含む大胆なパフォーマンスではSnowManが唯一無二!

まさに「みんな違ってみんないい!」

これからもHey!Say!JUMPとSnowManを思う存分応援する所存です!