ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

セミオトコ最終回に異議あり!本当にハッピーエンドなのですか?

金曜ナイトドラマ「セミオトコ」がとうとう最終回を迎えました。

山田涼介くん扮するセミオが美しくて可愛くて、どれだけ癒されたことか…。そして、セミオとおかゆちゃんの恋が儚くて切なくて、どれだけ泣いたことか…。「セミオトコ」は間違いなくこの夏一番のドラマです。2019年の夏を美しく彩ってくれました。

でも、なんだかモヤモヤするんですよね。このドラマ、本当にハッピーエンドなの?……へそ曲がりな事を言って申し訳ないですが…なんだか納得できないんですよね。ホントすみませんが…。

 

 

セミオトコ最終回に思うこと

f:id:hirunekotan:20190915163348j:image

この夏を彩ってくれた「セミオトコ」が最終回を迎えました。

毎週セミオの可愛らしさにキュンキュンして、おかゆちゃんとの恋に涙を流し、うつせみ荘のみなさんの優しさに癒され…本当に大好きなドラマでした。……7話までは!

最終回を見て…最後の小川さんの「ハッピーエンドかよ」という台詞を聞いて、なんだか納得できなくて…。本当にハッピーエンドですか?

 

セミオトコ最終回の内容←盛大にネタバレ

セミオは7日間、その短い命を精一杯全うしました。

最後の日をおかゆちゃんと一緒に日常の幸せを噛み締めながら過ごし、うつせみ荘の前で(セミオが生まれた場所で) 最後のキスをして消えました。美しいシーンでしたね。

小さな蝉の姿になり、おかゆちゃんにそっと抱かれてうつせみ荘に戻って来て…うつせみ荘のみんなの前でキラキラっと魔法のように消えました。

もうホントに泣きましたよ。

おかゆちゃんの

「セミオ、こんなにちいさくて…」

のセリフが響きました。

そして、6年後になります。

登場人物は全員そのまま。

はるちゃん夫妻には赤ちゃんが生まれていたし、おかゆちゃんは実家に帰省しているようだし微妙な変化はありますが、それは想定内な感じです。

6年後もうつせみ荘には全員揃って住んでいるし、おかゆちゃんの職場もそのままです。

お弁当を買いに来る男性に告白されても「今でもセミオが好き」とあっさり断るおかゆちゃんは、現状が幸せなのだそうです。

そして、部屋でセミオを思い出していると…ガタリと音がして…

セミオが窓に座っているんです。最高の笑顔で…。←但し風貌は6年後のポスターのモデルさんと同じに茶髪になっています笑笑

「きゃーセミオ!!」

と飛びつきハグをするおかゆちゃん。物音に気づき集まるうつせみ荘のみなさん。そして小川さんの「ハッピーエンドかよ」のセリフです。

 

これ、ハッピーエンドですか?

へそ曲がりのひるねこは、この結末にすごく違和感を感じます。

だって…この2代目セミオも7日間だけしか生きられないんですよ。

また、最高な7日間を過ごした後に辛いお別れをするんですよね?

そしてまた6年間、おかゆちゃんもうつせみ荘のみんなも、セミオを待ち続けるんですか?

3代目セミオが現れて、またお別れして、また6年待って……

これは、もはや悪夢では?

もはや醒めない夢…悪夢ではないですか?ファンタジーというよりは「世にも奇妙な物語」の題材になりそう。…真夏の怪談になってしまいそうです。

ひるねこは確かにハッピーエンドを望みました。セミオを消さないで欲しかったです。でも、この結末はなんだか違います。これはハッピーエンドではないでしょう?

おかゆちゃんは小さな世界に囚われたままで、セミオを待ち続けて一生を終えてしまいますよ。セミオが望んでいたのは、そういうことではなかったと思うんですけどね。

セミオのおかげで気づけた幸せを胸に、それぞれの登場人物が人生を謳歌する姿を見たかったです。

第7話で虹にお願いするセミオとおかゆちゃんの美しかったこと…!あのシーンがあれば、はっきりした映像で結末を見せる必要はなかったのではないかな?

それぞれの結末を想像してくださいね…という終わり方の方が余韻が残ったのかもしれません。

そうしたら、私ならハツラツとした肝っ玉母さんになって、子どもを愛情いっぱいに育てているおかゆちゃんを想像します。←6年でそこまではムリか…笑笑

美奈子ちゃんは海外に事務所を構える売れっ子デザイナーで、はるちゃんとマサさんは幸せいっぱいにナツくんを育てている。

くぎねじ姉妹は新しい住人とバタバタとにぎやかな日々を過ごしていてほしいし、小川さんは小さな診療所を開いて町のお医者さまになっていたりして。

セミオは7日間だけの命だから儚く美しいのであり、再生したら台無しだと思うんですよ。どんなに望んでも叶わないことがあるから人生なんです。

セミオは7日間を精一杯生きて「この世界は素晴らしい」と命を全うする潔い存在であって欲しかったなぁ。

セミの美学を貫いて欲しかった!

 

とはいえ、最高のドラマでした

「セミオトコ」が大好きで思い入れたっぷりに観ていたドラマだったので最終回に違和感を感じてしまったのかもしれません。

2019年の夏を鮮やかに彩ってくれた最高のドラマであることに変わりはないです。

毎週金曜日が楽しみで、セミオとおかゆちゃんの恋に一喜一憂しました。登場人物がみんな優しくて、見るたびに幸せにしてくれたドラマでした。

山田涼介くん木南晴夏さんをはじめ、キャスト、スタッフのみなさん、素敵な作品をありがとうございました!