ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

リトルトーキョーライフ最終回!リトラがとうとう終わってしまいました

2019年9月25日、大好きだったリトラ…リトルトーキョーライフがとうとう最終回を迎えました。

光くんの音頭で、私も一緒に一本締めをして、カメラに向かって手を振ってくれたJUMP、ジャニスト、川島さんに手を振り返すと…急に寂しくなりました…( ; ; )

 

  

リトルトーキョーライフ最終回!リトラの思い出を書き残そう

f:id:hirunekotan:20190926180859j:image

2014年の10月に始まったというリトラ…ちょうど丸5年の放送期間でした。

昨日の最終回では懐かしいVTRが沢山流れましたが、みんな若かったなぁ。

JUMPもジャニストもリトラと一緒に成長してきたんですね。

 

生放送「リトルトーキョーライブ」の時代

5年間続いたリトラですが、初期(2014年10月〜2015年7月)は「リトルトーキョーライ」という題名で、生放送でした。

ひるねこがHey!Say!JUMPの沼に落ちたと自覚したのは2015年の5.6月頃です。

思えば、一足先に裕翔沼に落ちた当時中学生の娘がケラケラ笑いながら見ていたリトラを一緒に見たのが、JUMP沼の入り口だったのかも知れません。

生放送のリトラは、ものすごく面白かったです。

特に新橋で酔っ払いのサラリーマンにインタビューする大ちゃんが絡まれる姿を見て娘と笑い転げたのを思い出します。困りながらも、頑張ってインタビューする大ちゃんが可愛くて面白くて…。

そして「妄想ライブ」ではキラキラしたJUMPを存分に見せてもらいました。記憶は曖昧ですが、視聴者が目隠しをして実際にJUMPと対面して妄想シチュエーションをしていた回もあったような…。

今思えば、ものすごい番組でしたよね!さすが深夜の生放送です。

しかし、グループが大きくなるにつれて…生放送はスケジュール的にも厳しくなってきたのでしょうね。

番組は収録のロケ企画になります。

 

ロケ企画「リトルトーキョーライフ」の時代

1015年7月からは、番組名が「リトルトーキョーライ」に改まります。生放送ではなくなりました。

ちょうどHey!Say!JUMPが24時間テレビのパーソナリティに抜擢された頃…仕事が増えて、毎週の生放送は難しくなってきたのかもしれません。

JUMPがお揃いのつなぎを着てロケに出る姿は楽しかったですよね。

2チームに別れて合羽橋で売れ筋の道具を当てる企画や、デパ地下で食材を買ってJUMPが料理し直す対決なんかもありました。

昨日のVTRでもありましたが、JUMPがゲテモノを食べている姿は凄みがありましたね。

昨日のVTRではトカゲの姿煮が出ましたが、他にも…確か伊野尾くんは牛のぺ○スや脳みそを食べていたと思います。

その潔い良い食べっぷりと可愛い顔のギャップにすっかりやられたんですよね。ひるねこはそれで、沼落ちしたのかも…。

それから、お仕事体験シリーズ。JUMPも色々なお仕事を体験しましたが、ジャニストはもっと凄かったですね…。

ひるねこはジャニストの回はあまり見たことがなくて、昨日の最終回で知ったのですが、過酷なロケが多かったのですね。

19歳の小瀧くんが心折れる姿…籠を担いで真っ赤に肩を腫らした濱田くん…頑張ってたなぁ。

 

質問道場の時代

2017年3月からは今の質問道場の形になりました。衣装も和装にリニューアルです。

毎週テーマにそった師範を迎えて、メンバー全員でスタジオでお勉強をする企画です。

名物師範がたくさん生まれましたね〜!

伊野尾くんにエロキャラを定着させた昔話の師範や、薮ちゃんが生き生きとした甲冑先生!

野球よりサッカー派のJUMPに野球の良さを伝える里崎師範も好きでした。

 

リトラとともに大きくなった

こうしてみると、生放送の頃は今のJr.ちゃんみたいなキャピキャピ感があったし、ロケに出ていた頃はちょうど今のスノストみたいなノリでしたね。

JUMPもジャニストもリトラと一緒に大きくなってきたんですね…。なんだか感慨深いです。

JUMPのファンになってからずっと観ていた「リトルトーキョーライフ」……終わってしまったのはすごく寂しいです。

何年か後にまた、スペシャル番組で復活したらいいですね。その時はぜひ生放送でやって欲しいな。