ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

「ノンケの姫ポジ論」再び。JUMPの姫は伊野尾慧か?知念侑李か?

昨日解禁された『獣と薔薇』のMVを観て、知念くんの美しさに圧倒されました。Hey!Say!JUMPの可愛い末っ子だと思っていた知念侑李が、いつのまにかオトナの表情を浮かべるようになりましたね。感無量です。

そしてふと、以前話題になった「ノンケの姫ポジ論」を思い出しました。

JUMPの姫は伊野尾くんから知念くんに代わったのかなぁ…と感じました。

 

 

【ノンケの姫ポジ論】とは?

f:id:hirunekotan:20191018131632j:image

『ノンケの姫』という言葉を聞いたことがありますか?

2016年、サイゾーpremiumの

【松本潤と伊野尾慧に見る、「ノンケの姫」問題と「"かわいい"への覚悟」問題】

という記事が話題になりました。エッセイスト高山真さんの記事です。

ザックリ要点をいうと

「イケメンのノンケ集団はグループの中に姫を決めたがる」

というもの。……なんのこっちゃ?ですね笑笑。

ねえねえ「ノンケ」ってなに?

「ノンケ」とは、"その気"がないこと。つまり、ゲイではないということだよ。

 記事によれば

見目麗しいノンケの中には「王子」ではなく「姫」的な意味でのアンタッチャブル感を備える人が出てくる。

すなわち、

ゲイではないルックスのいい恋愛強者たちは、同性の「美」を素直に称賛できる。その美しい仲間を「姫」にしたがる。

ということです。

前提としてそこには性的な意味はなく

同性同士の友情や強い連帯感のある場においての「姫」

なのだそうで、まさにジャニーズのグループが当てはまります。

そして、筆者は「嵐の中での松本潤」と「Hey!Say!JUMPの中での伊野尾慧」を「ノンケの姫」だと言うのです。

 

「末っ子ポジ」と「姫ポジ」の違い

ここで、はっきりさせたいのが「末っ子ポジション」と「姫ポジション」の違いです。

「末っ子ポジ」って?。

「末っ子ポジション」は、文字通りグループの最年少だったり、最年少でなくてもあどけなく、可愛くて、周りから自然に甘やかされ保護されるポジションだよね。

じゃあ、「姫ポジ」は?

「姫ポジション」は、その圧倒的な美しさと存在感で周りから賛美され、畏敬の念を抱かれるポジション。結果的に仲間から大切に扱われる存在だよ。

2016年の松潤や伊野尾くんはグループの中だけでなく、たくさんの芸能人から「姫」扱いされていたと思います。

 

2016年、圧倒的な姫ポジだった伊野尾くんのその後

2016年は伊野尾革命の全盛期です。伊野尾くんはたくさんの人と共演して、ジャニーズ内だけでなく、たくさんの芸能人を虜にしました。

千原ジュニアさんに「家賃を払ってあげたい」なんて言われていましたもんね。

伊野尾くんもずいぶんあざとく、可愛こぶっていました笑笑。この辺の事も先程の記事の後半に書かれています。

松潤が無意識な「姫」なのに対して伊野尾くんは「可愛いへの自覚と覚悟が半端ない」と…。

 

伊野尾くんは「可愛いを卒業」してしまった

伊野尾くんはホントに頭がいい人だと思います。あんなに「可愛い可愛い」と言われていたけれど、今はすっぱり「可愛い」を卒業しました。

きっと伊野尾くんの「姫」ポジションにセクシャルな意味も含まれるようになってしまったからだと思います。

千原ジュニアさんの「ちょっとゴニョゴニョしたい」という発言もバラエティ番組でおじさんたちとキスをさせられたりしたことも、正しい「姫ポジ」のあり方からズレていたと思います。

高貴な「姫」も性的な要素を含むと安っぽくなってしまいますね。この頃の私は、伊野尾くんを見ているのが嫌でしばらくJUMPから離れていました。今思えば、安っぽい「姫」になってしまった伊野尾くんを見たくなかったんだ思います。

そして、彼は誰かがプロデュースした「可愛い」をさっさと卒業してしまいました。さすが自己プロデュースの天才です。←伊野尾くんはもちろん今も可愛いですけど、今のあざとく可愛いところは伊野尾くん自身のプロデュースですから鼻につかないんですよね。

そして伊野尾くんはJUMPの「姫」もやめてしまったのだと思います。

 

2019年、JUMPの姫ポジは知念侑李!

私は知念侑李は「姫ポジ」ではないとずっと思っていました。知念くんがみんなに甘やかされるのは「末っ子」だからだと……。

しかし、昨日解禁された『獣と薔薇』のMVを観て考えをあらためてましたね笑笑。

『獣と薔薇』では知念くんからあどけなさが消えていました。

いままでは知念くんを「可愛い」と表現していましたが、可愛いではすまないもの凄い美貌でした。

仲良しのフォロワーさんが知念担界隈では「チワワを脱ぎ始めている」という表現があるのだと教えてくれましたが、ホントにその通りですね。

 

知念侑李は真性の「姫」

そんなわけで、昨日からひるねこの中でJUMPの「姫ポジ」は知念くんになりました。

伊野尾くんが「姫」だった頃はバラエティでセクシャルな要素が加えられてしまいましたが、きっと知念くんにはそれがない!

今後、知念くんにキスしようとしたり…バラエティでふざけて性の対象として扱う芸人さんが現れることはないと思うんですよね。

それこそ「ノンケの姫」の条件です。周りが畏敬の念を抱いてつい大切に扱ってしまう……知念くんは本物の「姫」ですね。

 

まとめ、JUMPのポジション

以前読んだ『ノンケの姫ポジ論』を思い出してあれこれ考えてました。

現在のHey!Say!JUMPの姫ポジは間違いなく知念くんです。

では、空いた『末っ子ポジ』はどうなるんでしょう?今JUMPで1番あどけない光くんかなぁ?

伊野尾くんは『参謀ポジ』で!…そんなポジションあるのか知らんけども…笑笑。

 

元記事はこちら、面白いですよ↓↓

松本潤と伊野尾慧に見る、「ノンケの姫」問題と「"かわいい"への覚悟」問題|サイゾーpremium