ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

平凡ブルータス(2019)で伊野尾愛が溢れてしまった!

関東はだいぶ春めいてきて、日差しも明るく、花粉も舞うようになった。鼻水が止まらないのは辛いけれど…春は大好きだ!

 

 

BRUTUSのHey!Say!JUMP

というわけで…春なので、少し浮かれてツイッターのヘッダーを変えてみた。今まではHey!Say!JUMP9人の写真を加工して使っていたのだが、今回はいのちゃんのソロだ。

あれこれ写真を吟味しているうちに…ふと気づいたんだけど…今回の平凡BRUTUSの実力よ。全ての写真にトキメクんですけど…!メンバーのソロもそれぞれ良いし、何人かずつの写真も見ればみるほど味がある。

【8人の写真】

例えば、最後のページの8人の写真は山ちゃんだけカメラ目線で、あとは全員別の所を見ている。視線の先を追いながら、あれこれ考えるのが楽しい。

【天界の通勤電車?】

そしてもう一つ…やぶひか+裕翔のショットは天界(←断言!)の通勤電車での一コマなんだけれど、仲良く出勤する大天使やぶひかパイセンを見つけてはしゃぐ後輩天使の裕翔…という妄想がすぐできちゃうわ笑笑。

 

BRUTUS 伊野尾くんの写真

もちろんテキストも良いし、ぶっちゃけJUMP以外のページも良い。大満足の平凡BRUTUSなのだが…今回は、ひるねこがヘッダーに選んだ伊野尾くんのソロショットについて。

今回、BRUTUSに載っているいのちゃんの写真は表紙を含めて全部で4枚。表紙では可愛らしさ…雄也とのツーショットでは妖艶さ…そして8人でのショットでは綺麗な指が印象的だけれど、ひるねこのお気に入りの写真には、いのちゃんの全てが写っていると思う。この写真のいのちゃんがとても好きだ。

頭に可愛い花冠を乗せて、花を持ち、美しい手には蝶が止まっている。

しかし、無造作に胡座を組み、ジャケットの袖を折りお洒落な裏地を覗かせて、さらにワイシャツの袖もボタンを外して着崩している。

そして手首にはゴツいブレスレット、指には可憐な蝶が止まっている右手を顎に添えて…何かを吟味するような微笑みをうっすら浮かべている。

さらによく見ると…首にチェーン巻いているのよ…ネックレスじゃない…あれは、首輪だ…!

もうこれは…あたしの好きな伊野尾慧の全てだ。言葉にすれば、可愛くて、男らしくて、色っぽい。少しだらしなくて、背徳的で…冷静に物事を俯瞰している。そして何より美しい。

『あたしは、いのちゃんがこういう人だから好きなのだ!』

もちろん、あたしはいのちゃんと喋ったことがない。コンサートで遠くから声援を送ったことがあるだけだ。だから…この言葉もアイドル伊野尾慧はこんな人物であるという思い込みに過ぎない。

でも、あたしの頭の中の思い込みを、こうして具現化してくださる雑誌があるということは、いのちゃんに対して、似たような感覚で眺めている人が多数いるということでしょう?

BRUTUSのカメラマンさん、天才なんじゃないか??それともコンセプトを考えた人が凄いの??わからないけれど、あたしの理想のいのちゃんを、よくまぁ、撮ってくださいました!

 

というわけで、しばらくはこのヘッダーを見るたびに『いのちゃん好き』って心の中でつぶやきながら、ブログを書いたりツイートしたりしよう♡←我ながらキモい…

 

さて、今日こそ…いのぺくるかしらね…いのちゃん!