https://analytics.google.com/analytics/web/https://analytics.google.com/analytics/web/

ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

その人が楽しく自由であってくれれば…いのちゃんに惚れ直しました!

2月28日放送のめざまし『イノ調』…『伊野尾慧、父になる』の回を見直した。

f:id:hirunekotan:20190305150818j:image

子連れ出勤のあり方について、友達の間でも話題になったからだ。

子どもを抱きながら働く…子どもへの負担を考えたら手放しで良いとは言えないのかもしれないが、待機児童の問題もある。家庭の事情もあれば、職場の事情もある。子育てのやり方は子どもの数だけあるのだろうし、どれが正解というわけでもないのだろう。選択肢が広がるのは良いことだと思う。

 

色々考えさせられる『イノ調』だったが、最後のいのちゃんの言葉が、いのちゃんらしくてとても良かった。

f:id:hirunekotan:20190305152328j:image

お父さんも子どもを連れて会社に来られるっていう、そういう社会になったらいいなとちょっと思いました。

職種にはもちろんよるかも知れないですけど、できるんだなと、そういう可能性もあるんだとすごく感じたので…。

改めて貴重な体験をさせていただいて、ありがとうございました。

この言葉、リアルタイムで家事をしながらチラリと見ていた時から引っかかっていたのよ。

この特集にはママさんしか出てこなかったのだけれど、いのちゃんは『お父さんも子どもを連れて会社に来られるっていう、そういう社会になったらいいな…』と言った。

いきなり『お父さん』ってワードを出してきたのだ。

そうよ、子育ては女性がするものって誰が決めたの?いのちゃんの考え方ははいつでもジェンダーフリーだ。(←使い方、合ってる?笑笑)

 

以前Twitterで見かけたのだけれど…とあるアイドル誌

『女友達や彼女にはない"男の友情の良さ"といえば?』

という質問があって沢山のジャニーズが回答を寄せていた。『本音で話せる』『気を使わなくていい』『表裏がない』…中には女子同士は『ネチネチしている』やら『ベトベトしている』(←オイ、コラ!)などと答えている子もいた。そんな中いのちゃんは

…特には無いです(笑)。べつに、男だからどうとか、女だからどうとか、そんなことないと思うんだよね。

と答えていた。ツイートを見ながら『だから好きなのよ〜♡』とえらく感心したのを覚えている。ちなみに同じところで、我らが髙木雄也も

わからない!みんな平等だから。女子も男子も変わらないよ。

と答えていた。さすがモテ男!そして沢山のジャニーズの中で、そういう答え方をしていたのはこの2人だけだった。

 

そしてひるねこ…以前、ブログにこんな記事を書いた。

www.hiruneko.info

ここでも、雑誌でのいのちゃんのセリフが良かったのだ。

そもそも、男らしさとか女らしさってものを考えないし、全然意識しない。女の人に"女性にはこうあってほしい"みないなことも求めません。その人が楽しく自由であってくれればイイかな。

ね、素敵でしょ?

 

おそらくいのちゃんは、素晴らしいお父さんになる。愛する人が体調不良なら、自分が職場に赤ちゃんを抱いて連れて行くような覚悟を持っていそう。

そして、自分にも他人にも『こうあるべき』を押し付けない…。本当の意味で、自由な人なのだと思う。そして、その自由を貫くための強さもきっと持っている人なんだ。

さっき『ジェンダーフリー』なんて仰々しい言葉を使ったけれど(←使ってみたかったのよ…笑笑) そんな大げさな話ではなくて、きっといのちゃんは、『男だからこうあるべき』『女だからこうあるべき』『大人だから…』『子どもだから…』『外国人だから…』『アイドルだから…』などというタグ付けを一切しない人なんだ。もしかしたら動物に対してですら『こうあるべき』と考えない人なんじゃない?だから安心して動物も子どもも、いのちゃんのそばで寛ぐ。

いのちゃん自身も含めて、全てのものに対して『楽しく自由であってくれればイイかな』って考えているのだと思う。

本当の意味で何にも囚われない自由人。そんな伊野尾慧が、あたしは今日も大好きだ!

f:id:hirunekotan:20190305185809j:image

↑この菩薩さまのようないのちゃんの表情が大好き!

 

とか言ってたら…今日(3/6) もまた舞台のお知らせだね…♡

嬉しい悲鳴!光くん、大ちゃん、頑張れ!←あたしらも頑張らなねば…

お財布と体力を充実させて、平成最後の春を迎えましょう!