ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

伊野尾慧、エロキャラの確立?伊野尾くんのキャラ遍歴を追ってみた。

 

伊野尾慧『下ネタキャラ』へキャラ変か?

f:id:hirunekotan:20190625132238j:plain

歌手で俳優の伊野尾慧さん(28)が、既存のキャラ「可愛い」から完全に脱却した模様!今日はその辺りの事を記事にまとめてみたいと思いますっ(・◇・)/

…芸能ニュース風にスタートしてみました。伊野尾くん…最近新しいキャラを確立したと思いませんか?

 

伊野尾慧の変遷

まずはジャニーズ事務所におけるこれまで伊野尾くんのキャラの変遷を追ってみよう。

エリートのJr.時代

Hey!Say!JUMPでエリートJr.といえば、伝説のJr.ユニットYa-Ya-Ya-yahでバリバリ活躍していたやぶひかがすぐに想い浮かぶけれど、伊野尾くんも人気ユニットJ.J.Expressでセンターを張っていたことがある。なかなかのエリートだ。

リアルタイムで見たことはないが(ファンになったのが伊野尾革命以降なので…) おそらく、年少の後輩の面倒をよく見る責任感溢れる兄貴キャラだったのではないか?…今でもJUMPメンバーのちねたんやゆーてぃがいのちゃんを慕っている様子からも伺える。

 

デビュー後…見切れ時代

デビュー直後はあまり注目されず、伊野尾くん自身も自虐的に振り返っているように『Hey!Say!JUMPのバックダンサー』とか『見切れアイドル』という立ち位置。

メイキングでずば抜けていた

この頃の伊野尾くんは歌番組やPVでは、確かにちらっとしか映らない。がしかし!この時期のいのちゃんは楽曲のメイキング映像などでずば抜けて面白いのだ。

ひるねこがファンになりたての頃、YouTubeに『伊野尾慧のメイキングが秀逸過ぎてまとめるしかなかった』という動画が上がっていて←今思えば、あたしはこの動画を観て沼に落ちたのかもしれない!この動画に、伊野尾くんの魅力が全て詰まっていた。残念ながら今は削除されているのだが、JUMPの布教に絶対役立つ動画なので、むしろ事務所に保護して欲しいくらいだ!

のびのびとアイドルをしていた時期

横道に逸れたけれど…この頃のいのちゃんは、表面では目立たないけれど、水面下ではめちゃくちゃ面白い存在だった。見つけたファンはいのちゃんを独り占めしているような感覚になったと思う。面白いいのちゃんを見つけた時にすごく嬉しい…そんなキャラだった。

学業も忙しい時期だっただろうし、アイドルとしての活動では目立たなかったけれど、この頃のいのちゃんは表情もさっぱりしていてとても魅力的だ。伊野尾くん自身はキャラなんて考えずにのびのびとアイドルをやっていた時代なんだろうな。

 

伊野尾革命とともに「可愛い」にキャラ変

レアキャラだったいのちゃんが、2015年以降、伊野尾革命によってとうとう世間に知れるようになる。

急に注目を浴びるようになって、嬉しい反面戸惑っている様子も見られたよね。

キャラや役割は特にありません

この頃よく『Hey!Say!JUMPは9人もいるので、自分にはキャラや役割は特にない』と言っていたけれど、あれは正直な気持ちだったのかもしれない。注目されていなかったのだから、キャラも役割も特に考えていなかったのだと思う。注目を浴びるようになって、急に『グループでの役割は?』『キャラクターは?』なんて聞かれても、答えられなかっただろう。

きのこヘアから可愛いキャラへ

伊野尾くんはこの頃髪型を変えた。現在の伊野尾くんの代名詞『きのこ』…いわゆるマッシュルームカットになったのはこの頃だ。

マッシュルームカットにしたいのちゃんはとても可愛いくて…この時から『伊野尾慧=可愛い』となった。

マッシュルーム以前のいのちゃんは、もちろん可愛い瞬間もあったのだろうが、JUMPの中では可愛いキャラクターでは決してなかった。

先輩方の後押し

この頃、24時間テレビで共演したV6の岡田くんを始め、亀梨くん、滝沢くんなどのジャニーズの先輩方があちこちで『伊野尾が可愛い』と言ってくれた。もうこうなったら、可愛いキャラでいくしかないね笑笑。

この頃の伊野尾くんの名言『可愛いは作れる』…作っていたんだと思うよ、ホントに笑笑。

 

アラサーになり…

さぁ、そんな伊野尾くんもアラサーになり、自身のキャラに迷うようになっていったようだ。

実は2年前に出演した『しゃべくり007』で悩みを打ち明けていた。

詳しくはこちらの記事で↓↓
www.hiruneko.info

 

心の中の違和感

『可愛いキャラ』の絶頂期だったこの頃、すでに『可愛いのは今だけ』と認識していた。そしていのちゃんの本来のキャラとのギャップに悩んでいた節がある。

番組で可愛いと言われることに対して『見ている人の違和感はないかもしれないけれど、僕の心の中の違和感がスゴい』と言っている。

上品に下ネタを!

さらに『 ジャニーズは下ネタを言ってはいけないような雰囲気があるけれど、言いたいんですよ。エロいことをお上品に言いたいんです』

あー!もう2年も前から、エロ上品なキャラを目指していたんだ笑笑。

 

いよいよキャラ変確定だ

最近のリトラでは伊野尾くんの『エロ可愛いキャラ』が確立してきている。昔話や戦国回でエロい話題になると、川島さんから振られるようになったもんね笑笑。

川島『伊野尾くんおまたせしました』

伊野尾『もしかしてアッチの話ですか?』

のやりとりはもはやお約束だ笑笑。

そして嬉しそうにエロネタを聞くアイドル伊野尾さんの恍惚とした表情笑笑

 

さらに5/18放送のメレンゲでも、家ではパンツを履くという話から…

伊野尾『家ではパンツ履きますよ。伊野尾の伊野尾が暴れん坊なんで』

久本さんに『ヤマタノオロチか』とツッこんでいただき、大満足笑笑。

 

翌日5/19いたジャンでは、エロが過ぎて←午前の番組ですから!発言がナレーションベースになってしまった…

千原ジュニアさんの金言を答えるクイズで『骨折をするとおしりの穴が鍛えられる』と言っていたらしい。…( ´θ`)ノ

さすがに、朝の番組『めざましテレビ』では下ネタはNGなのだろうが、午前の番組『いたジャン』では果敢に狙ってくるのは立派…笑笑。

いよいよ『上品に下ネタを言えるアイドル』というキャラを確立したのではないか。←ん??

 

のびのびといいお顔で

ファンとしては、正直キャラはなんでもいい。いのちゃんが『心の中の違和感』なんて感じないで、自分らしくのびのびといいお顔でアイドルをしていてくれるのなら。

 

そして…あたしたちものびのびといいお顔でJUMPを応援していきたいな。人生に理不尽な事はつきもの。それでも笑ってJUMPを応援していきたい。あたしたちが笑っているJUMPが好きなのと同じように、JUMPくんたちも笑っているファンの顔が見たいはずだから。(*^o^*)/

今日は新曲のフラゲ日。たっぷり新曲を愛でよう!