ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

JUMPの新曲カップリング曲の感想。Entertainment、バンビーノの巻

みなさん、Hey!Say!JUMPの5/22日(水) 発売のニューシングル『Lucky-Unlucky/Oh! my darling』楽しんでますか〜?!

今回のカップリング曲はどれもいいですね!みなさんはどの曲がお気に入りですか?

今日は『Lucky-Unlucky/Oh! my darling』のカップリング曲の感想を書いていきます!

 

 

Entertainment  作詞.作曲.編曲:HIRO (通常盤収録) 

『Entertainment』は『BANGER NIGHT』に続く完全クラブ仕様のスーパーダンスチューン、 久々に登場。中毒性のあるメロディラインに、めまぐるしく、でも軽やかに展開するマイクリレーが最高に気持ち良い1曲。大人の余裕なんて出しちゃいながら、ちょっとワルっぽさも出してくるJUMPに惚れ直していただけること間違いなしです。   

(Jストーム公式より)

 

オシャレなダンスナンバー

どこかK-POPを思わせる『Entertainment』はひたすらかっこよくオシャレな曲だ。コンサートでは素敵なダンスナンバーになるんだろうなぁ。一糸乱れぬダンスを踊るJUMPを早くみたい。

『BANGER NIGHT』や『Beat Line』を代表とするカッコいいダンスナンバーをたくさん持っているJUMPだが、この『Entertainment』は少し大人っぽく余裕のある感じで歌って踊って欲しい。公式さんも『JUMPに惚れ直していただけること間違いなしです』と言っているし…笑笑。

 

大人っぽい歌い方

JUMPの新しい曲を聴くたびに毎回『大人っぽくなった』と思うのだけれど、今回もまた、同じことを感じてしまう。

特に知念くんだ。声は『ちいたん』なのに、歌い方は大人の男性『知念さん』になっていて、ドキドキするわ。

ダメージさえも エネルギーに Just turn it out

↑ココ!程よく力が抜けている感じが大人っぽい。

 

8人の声が万華鏡のように絡む

大人数グループの強味だと思うのだけれど、声も歌い方も違う8人が、万華鏡のように絡んでいてとても華やかだ。ワンフレーズずつ声が目まぐるしく変わって…それぞれがお互いを引き立て合っている。←目まぐるしすぎて歌割り把握しきれないデス

そして…昔はなかなかソロをもらえなかったウチの伊野尾くんが、堂々とサビに絡んでいるのが誇らしい。こういう部分、あまり任された事なかったんじゃない?

Ah-Ah まだ知らない世界 I will show you right now, right here
Ah-Ah 感じるままに Show you now, show you how
Make you wanna “TOP UP!”

コンサートで実際にJUMPが歌って踊る姿を観たい!と思う。

 

 

バンビーノ  作詞.作曲:twelvelayers  編曲:遠藤ナオキ (通常盤収録)

 

コール&レスポンス!

ファンも一緒に声を合わせてコール&レスポンス!コンサートで絶対に盛り上がる曲だ。

『バンバンビーノ、バンバンバンバン!ビーノ!』と耳に残るキャッチーなメロディーとゴロのいい歌詞、JUMPと一緒に歌ったら幸せだね(≧∀≦)

JUMPに会える日に備えて、しっかり練習しておこう。←絶対セトリに入るよね?

『バンビーノ』は、コンサートで会場と一つになれる楽しい楽曲を作ろう!とメンバー発信のご機嫌POPチューン。いよいよ新時代到来、変遷期を迎える今まさに、高らかに叫ぶHey!Say!JUMP的テーマソングが完成。"いつだって始まり!高らかに叫んで、飛び跳ねていこうぜ!" 12年目も無邪気で元気なバンビーノ・Hey!Say!JUMPをこれからもどうぞよろしくお願いします。

みなさんもJUMPと一緒にこの歌を歌って、嫌なこと全部吹き飛ばして高く跳んでいきましょう。Hey!Say! "バンビーノ!

(Jストーム公式より)

『メンバー発信のご機嫌POPチューン』だなんて聞いたら、余計にこの曲が好きになってしまう(๑˃̵ᴗ˂̵)!

 

歌詞が可愛い

歌詞が可愛くて、JUMPっぽい。『ワクワクしちゃうね!』『トキメキたいね!』『無邪気なままでバンビーノ』キラキラした楽しい歌詞が散らばっている。

歌詞のゴロの良さ…耳馴染みの心地よさが堪らない笑笑。

ギラギラしたいね! 落ち着いてられない
子供みたいね? かまいません
絶対 でっかい あれやこれや
見せてあげるよ Boom Boom Boom!

↑歌割自信ないデス…ここの伊野尾くんが印象的で大好き!いつの間にか笑顔になってしまうね。

 

バント曲で是非!

途中でとてもファンキーなギターソロが入る。圭人が帰ってきたら、是非JUMPバンドで演奏して欲しいな。きっとノリノリで、さらに楽しくなるね。

 

限定盤1の『Last Dance』と限定盤2の『真夜中のシャドーボーイ〜SENSE or LOVE Remix〜  』←題名が長い笑笑…は、また明日!

 

JUMPの曲の記事はこちらにまとまってます!

楽曲 カテゴリーの記事一覧 - ひるねこの居眠り