ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

山田涼介新ドラマ『セミオトコ』美しい蝉とアラサー女の切ない恋物語

 

山田涼介くんが7月期のドラマ『セミオトコ』に主演!

朝一番で嬉しいお知らせが飛び込んで来た。我がエース、山田涼介くんのドラマ主演の発表だ。7月期のドラマ『セミオトコ』…。

セミオトコ??

この夏、もっとも切なくて、だけどほんわか笑える

セミとアラサー女子の

7日間だけのキセキのラブストーリーが幕を開ける…。

(「セミオトコ」公式サイトより)

セミ??昆虫の蝉??我がエースが蝉?…あのグラスホッパーの蝉じゃなくて?……

朝から沢山の???が頭を駆け巡ったが…整理してみると、これは絶対面白い、期待値マックスのドラマだ!

 

テレ朝ナイトドラマ

放送枠はテレビ朝日ナイトドラマだ。金曜日夜11時15分〜7月スタート。

『家政夫のミタゾノ』の後番組だね。伊野尾くんから山ちゃんへ華麗なバトンリレーだ!主題歌もHey!Say!JUMPでお願いしたいなぁ♡

 

物語

何年もの間、地中で羽化する時を待ち続けたセミ。ようやく地上に出られたと思ったら、上から女性が落下してくる。「ようやく地上に出たのに飛べないまま終わるのか…」と潰れて死ぬのを覚悟した瞬間、女性の "華麗な避け " によって一命をとりとめた。

そしてどこか寂しそうな女性の表情が気になり「この人を笑顔にしてあげたい」と強く願うセミ。命を救ってくれた女性に恩返しをするために人間の姿になって命の尽きる最後の7日間を共に過ごすことになる。

という…シュールでファンタジーなお話だ。子どもの頃に読んだグリム童話なんかにありそうなシチュエーションだね。

 温かいドラマ

早速公式サイトを覗いて…泣いたよね…←なんでやねん…笑笑

セミの口癖は

『なんて素晴らしい世界なんだ!』

なのだそうよ。

何年も土の中に居て最後の7日間だけ地上で生活できるセミ。見るもの全てが素晴らしく見えるはず。…いや、そうでなければ生まれてきた意味がわからないじゃない?

テレビ朝日のプロデューサー服部宣之さんのコメントが良い。

SNS・WEBで "炎上" という言葉を見ない日はない…という今日この頃。

誰かの足を引っ張ったり、ほんの少しの綻びをよってたかって、広げたり…。生きづらい世の中です。

こんな時代だからこそ、現代を生きる全ての人々を優しく抱きしめ、そっと背中を押してあげるー、そんな温かいドラマを作りたいと思いました。

シュールで奇抜な設定に頼ったドラマではなくて、週末の夜に一週間頑張った疲れを癒してくれるような優しいドラマ…。そして

『みんなの生き方を、全肯定してくれる "全力肯定ドラマ" 』

だという。

 脚本は岡田惠和さん

シュールで面白くて…でも温かいドラマ。脚本が岡田惠和さんだと知って納得。

岡田惠和さんといえば、最近では『ひよっこ』や『この世界の片隅で』で有名だ。

岡田さんの沢山の名作の中で、ひるねこはTOKIO長瀬くん主演の『泣くなはらちゃん』が大好きだった。

冴えないアラサー女子のヒロインが描く漫画の主人公が現実の世界に飛び出すという突拍子もない設定だが、毎週見終わると心がホカホカ温かくなるドラマだった。←今思えば、ブレイク直前の賀来賢人くんや菅田将暉くんも出演していて豪華だったな…また観たいなぁ!

今回もシュールでハートウォーミングな絶対面白いドラマになるはずだ。

これはかなり野心作であると同時に自信作です。思い切り笑って、せつなくて、胸がキュンとして、ほっとして、泣けるけど、悲しい涙ではない。そんなドラマです。

岡田惠和さんの自信作!楽しみでしかない。

 ヒロインはだれかな??

セミ王子とたった7日間の淡く切ない恋に落ちるヒロインは誰が演じるのかな?

キャストはまだ山ちゃんだけしか発表されていないけれど、岡田惠和さんは

『大好きで最高なヒロインを得ました』

とコメントしている。誰かなぁ?

寂しげな表情が似合って、身のこなしが軽く『華麗な避け』が出来て、コメディも上手…20代後半〜30歳くらい….うーん…

ひるねこの予想は…

高畑充希ちゃん、戸田恵梨香ちゃん、水川あさみさん、吉高由里子さん…あたりでドヤっ??

岡田さんが『ほかにも面白い役者さんばかり登場します』と言っているし、キャストの発表が楽しみだね (*'ω'*)

 

なんて素晴らしい世界なんだ!

ところで、このセミくんの口ぐせ『なんて素晴らしい世界なんだ!』を聞いて思い出した。

蝉の最後の7日間を『なんて素晴らしいんだ』と表現していた作品が他にもあったなぁって…!

『世にも奇妙な物語 ’12秋の特別編』の『来世不動産』というお話だ。バカリズムさんが脚本の作品で、すっごく面白いので機会があったらぜひ観てみてください。←涼介セミに出会う前に、予習を兼ねてぜひ…笑笑

「来世不動産」というのは次に生まれ変わる物件を斡旋してくれる場所で、亡くなった男性(高橋克己さん) がセミへの生まれ変わりを勧める不動産屋(バカリズムさん) に『セミの最後の7日間は人間が夜の営みで得ることが出来る快感の100倍を得ることができる』と口説かれて、結局セミに生まれ変わるお話。

ラストで『セミ最高〜!セミ最高〜!!!』とご機嫌で飛び回る高橋さんのセミがとっても幸せそうで爽快感があった笑笑。

 『蝉』と『セミ』

脚本の岡田さんが

『最初から山田涼介さんを勝手に希望して、オリジナル企画を考えました』

と有難いことを言ってくれているが、服部Pも

セミの王子さまは、山田涼介さん以外、思い浮かびませんでした。日本で一番、"やさしく" 、"そっと" が似合う役者さんです。

(公式サイトより)

とおっしゃっていて、誇らしい気持ちでいっぱいになる。

グラスホッパーの殺し屋『蝉』とセミオトコの王子さま『セミ』全然違うセミだけれど、どちらの山ちゃんも美しく魅力的なはず。山田涼介の演技の振り幅をお茶の間に知っていただくチャンスだね!

 

 

涼介くんの記事はこちら↓

山田涼介 カテゴリーの記事一覧 - ひるねこの居眠り

 

Hey!Say!JUMPのドラマの記事はこちら↓

ドラマ カテゴリーの記事一覧 - ひるねこの居眠り