ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

Hey!Say!JUMPのもしもシリーズ!JUMP兄弟のお留守番

もしもHey!Say!JUMPが兄弟だったら…なんて考えたことありませんか?最年長薮くんから最年少知念くんまで個性豊かなメンバー。お兄ちゃん気質や甘えん坊さんや…また、一緒にいる相手によっても関係性が違ったり…。

今日はJUMP兄弟にお留守番をしてもらいましょう。童話「7匹の子ヤギ」風にね…笑。

 

 

もしもシリーズ!JUMP兄弟がお留守番!

f:id:hirunekotan:20190627181818j:plain

ここはHey!Say!JUMP兄弟のお家です。今日はしっかり者のやぶひかお兄ちゃんが2人でお出かけ…。弟たちはちゃんとお留守番できるかな?訪問販売UMA商会には注意ですよ〜!

やぶひかのお出かけ

薮「じゃ、オレたち打ち合わせに行って来るからね。誰が来てもドアは開けるなよ」

裕翔「なんで?ねえ、なんで?なんで開けたらいけないの??」

裕翔くんは "なぜなぜ期"。なんでもハッキリさせたいお年頃。

光「最近この近所をUMA商会っていう怪しいセールスマンがうろついているんだって…だから」

涼介くんが目をキラキラさせて食いついてきましたよ。

涼介「え??UMA??未確認生物を見せてくれるの??ツチノコ、売ってるかなぁ?」

知念「涼介っ!そんなのニセモノに決まってるよ。買っちゃダメだよ、ね?いのちゃん?」

尊敬の瞳でウットリ慧兄さんを見つめる侑李くん。

伊野尾「さーどうだろうねぇ…」

知念くんに女神さまのように優しく微笑む伊野尾くん。

涼介「見るだけ…ね、買わないから…見るだけならいいじゃん??」

八乙女「それがさ…ね…」

困ったように目配せするやぶひか…。なになに??

薮「UMA商会を家に入れるとその家の住人がいなくなる…消える…っていう噂でさ…」

そっと雄也の陰に隠れる大ちゃんを見て、光兄さんが弟たちを安心させるように優しく言ってくれました。

八乙女「ただの噂だから。怖がらなくて平気だよ」

薮「でも、用心に越したことないから、誰か来ても開けちゃダメだぞ」

弟たち「はーい!」

薮「じゃ、雄也と伊野尾の言うことをよく聞いてな。雄也、伊野尾頼んだぞ」

雄也、伊野尾「ういっす!」

お留守番スタート!

とりんとりん走る…あ、やっぱりUMA商会!

ちょっと怖い話を聞いて心配になったけれど…しっかり鍵をかけておけば大丈夫!オレたち7人もいるんだからさ。

にぎやかにお留守番をはじめる弟たち。

と、早速

ピンポ〜ン♫

チャイムが鳴りましたよ!

圭人、裕翔「は〜い!」

こういう時にとてもフットワークの軽いとりんとりん。走ってインターホンをとります。

圭人「Hello!どなたですか?」

隣で裕翔がワクワクしていますよ。

裕翔「UMAかな?UMA商会さんかな??」

その様子を遠くから目をキラキラさせて見ている涼介くん。ビクビクしながらみている大ちゃん。

UMA商会「こんにちは、UMA商会の者です。今日はみなさまの為にとっておきの、おススメUMAをお持ちいたしました」

伊野尾「おい…インターホンとっちゃダメだろ…」

雄也「しょうがねーなー」

笑いながらとりんとりんのそばに行く髙木くん。←優しい…♡

雄也「ゴメンね〜!今日はアニキたちが留守なんで、また来てください」

涼介、ツチノコとネッシーに堕ちる!

UMA商会「あ〜そうなんですね?…残念だなぁ…今日は特別にツチノコをお持ちしましたのに…子どものネッシーもご用意してあるんですよぉ。生後3か月、可愛いですよ〜!しかし…いや、残念ですねぇ…では、失礼しま…」

涼介「まって!!……ねぇ!ほんとに?ツチノコ?赤ちゃんネッシー??他には?」

涼介くんが猛ダッシュでインターホンに飛びつきます。

雄也「こら、山田…ダメだよ」

UMA商会「はい、雪男や、半魚人…河童、などなど興味がおありなんですね!では是非お見せしたい」

知念「涼介!ダメだよ!宏太とひかに言われたでしょ?」

涼介くんの袖を引っ張る知念くん。

裕翔「そうだよ!やぶひかが言ったじゃん。やま、だめだよ!」

雄也sounds goodのTシャツで堕ちる!

UMA商会「ところで、皆さまの中に『sounds good』のTシャツを集めている方がいると伺ってますが…本日掘り出しものがございまして…」

「sounds goodのTシャツ」と聞いてグイッと身を乗り出す髙木さん。

雄也「はい!はい!オレ!『sounds good』集めてるよ。どんな掘り出し物??」

UMA商会「今回、レアな紫色を特別に入手いたしました。こちらをお召しになってお写真を "ゆやぺ" にアップなさったら、ファンがキャーキャー言うこと間違いなしでございます!」

雄也「えっ?そう?紫持ってないんだよね…ちょっと見てみたいな…」

有岡「だめっ!ひかがいったじゃない!消えちゃうんだよっ!UMA商会を入れたら…」

必死の顔で止めるのは有岡くん。瞳には涙が浮かんでいますよ。そう、やぶひかに言われたんだもんね。

大貴、マーベルのフィギュアに堕ちる!

UMA商会「その声は有岡さん…存じております。あなた様のマーベルへの深い造詣…!」

有岡「…え?マーベル?」

UMA商会「アイドル界1マーベルを愛する男だと伺っておりますですよ」

有岡「まあ…そうだね」

まんざらでもない表情の有岡くん。

UMA商会「そんな有岡さんには、マーベルの歴代ヒーローの超レアなフィギュアをご用意しておりますです」

ごくっと唾を飲む有岡くん。ドア、開けちゃうの??

伊野尾「おいこら、どーした…」

そこへのっそり現れた伊野尾くん!

伊野尾「ほらほら、ダメでしょ?みんな、この人押し売りよ!開けちゃダメってやぶひかに言われたでしょ。ダメよ開けちゃ!……ほらほら、帰ってくださ…」

伊野尾、人魚のグラビアに堕ちる!

UMA商会「あ、伊野尾さん!ありますよ、お好きなやつ…こちらに、とっておきのエッチなUMAがございます」

伊野尾くんの動きがピタリと止まり…目がイキイキと輝きだす。

伊野尾「え?…エッチなUMA?けっこうエッチなやつですかっ?」

UMA商会「もちろんでございます。人魚のグラビアに、メスの雪男のヌードなんかも…」

裕翔「メスの雪男って??メスなの?雪男なんでしょ??男なんじゃないの?おかしくない?そこ、ちゃんとしないと…!ね、いのちゃん?」

しかし、すでに恍惚とした表情の伊野尾くん…。

伊野尾「メスとか雪男とかじゃねえんだよ…ヌードっだってところが大事なんだろ…」

裕翔「え??どゆこと?そもそもさ、雪男なんだよ?ヌードだって毛むくじゃらだよね??みたいの?ホントに??」

UMA商会「さすが伊野尾さま!わかってらっしゃる!他にもメスの河童が頭の皿を外す瞬間を激写しているものや、メスの半魚人の入浴シーンは動画でご用意しております」

伊野尾「マジっすか?それ、ちょっと観たいなぁ…」

涼介くんが隣で大きく頷いている。

涼介「ヌードとか入浴シーンとかどうでもいいけどさ、河童だよ、半魚人だよ??みたいよ!ねっ!」

伊野尾「河童のメスがお皿を取った姿…半魚人の入浴シーン…みたいっ!」

有岡「マーベルのフィギュア!」

髙木「sounds goodのTシャツ!」

裕翔「え?え?何言ってんの?開けちゃダメだって!わ、わぁ〜」

圭人「NO〜!」

そしてとうとう扉を開けてしまったJUMP兄弟!

扉が開いた!

扉が開くとそこには口を大きく開けたクラーケンが…

涼介「あ、これ…本物のクラーケン…わぁ、見たかった!ホントに居たんだ!海じゃないのに…わっわっわ〜!!!」

クラーケンに丸飲みされたJUMPくんたち…!UMA商会の正体はクラーケンの化け物だったのです。お腹いっぱいになったクラーケンは丸くなって寝てしまいましたよ。

お腹の中から声が…

「クッソ〜騙された!せめて、人魚のグラビアだけでも見せてくれ〜」「NO!伊野尾ちゃん、暴れないで…」「おい!きたねーぞ!sounds goodのTシャツ…紫色のやつどこだよ!」「アベンジャーズ!!助けて〜」「クラーケン…オレ、今クラーケンのお腹の中にいる!クラーケンてホントにいるんだ!わぁい」「ヤマ!喜んでる場合じゃないよ…どうやって出るか考えよう!」

賢い末っ子…!

その時、大きな柱時計の中から出てきたのは…そう、賢い末っ子知念くん!

知念「もう、みんな…あれだけやぶひかに言われたのに…しょうがないなぁ」

お腹の中のJUMPくんたち「知念〜!助けて!」

知念「待ってて!」

はい、ここからは童話「7匹の子ヤギ」と一緒です。ハサミでお腹をちょきちょき、JUMPくんが1人ずつピョーンと飛びだして、一件落着!

もちろんお腹には重い石をたくさん詰め込んで、キチンと縫い合わせておきました。これでクラーケンはいつでもお腹いっぱい。住民を丸飲みしたりしませんね笑。

 

やぶひか帰宅!

薮「ただいま〜」

弟たち「おかえりなさい!」

嬉しそうに駆け寄るとりんとりん。

八乙女「誰も来なかった?UMA商会、現れなかった?」

チラリとみんなを振り返ってにやりと笑うとりんとりん。

裕翔「大丈夫、誰も来なかったよ」

圭人「No problem.We are fine!」

薮「そうか、よかった。でもこれからも注意しないとな」

知念「ううん、宏太。きっともう心配ないよ!ね、みんな」

賢い末っ子がいてよかったと、心から思うJUMPくんたちでした。

めでたしめでたし。

 

壮大な茶番に…最後までお付き合いありがとうございました(๑>◡<๑)/

今日はいよいよ知念くん主演の「頭に来てもアホとは戦うな!」最終回ですね。←関東地方

最後まで走り切ってくれますように!

 

 

もしもシリーズ退屈な時に是非読んでみてください↓

もしもシリーズ カテゴリーの記事一覧 - ひるねこの居眠り

 

f:id:hirunekotan:20190625100041j:plain