ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

雨の日にはJUMPと家事を!① 薮くんと料理編【もしもシリーズ】

今年の梅雨は寒くて長いですね。←関東住みです…

鬱陶しい雨の日はJUMPと一緒に家事をしましょう!

きっとサクサクはかどりますよ。そして梅雨でも幸せ気分です(#^.^#)

さあ、楽しく妄想してみましょう♡

 

雨の日にはHey!Say!JUMPと家事をしよう!

f:id:hirunekotan:20190712113255j:plain

雨でもJUMPと一緒なら、楽しく家事がはかどります!←断言っ!

まずは、おっちょこちょいなこの方と料理を作りましょう♡

キッチンで可愛い最年長と戯れる→薮宏太の巻

宏太、キッチンへ襲来!

ご飯の支度をしていると必ず宏太がそばに来る。

「なんか手伝うよ」

ふにゃふにゃと可愛く笑いながらそう言うから、つい気持ちがとろけそうになるけれど…キミは料理はカラキシ苦手じゃない?

いや、料理だけじゃない。

宏太は家事全般のスキルが欠如している。

末っ子として大切に大切に育てられたからかな。誰のことでも自分以上に大切にできる人。

そこが大好き!…なんだけど…

宏太がキッチンに入ると、大変なんだよね。

その長い手足があちこちにぶつかり、あらゆるものをひっくり返すから。

あんなに歌やダンスやサッカーが上手いのに、この人は卵をかき回せばボールをひっくり返すし、調味料の分量を計ろうとすれば、必ず塩や砂糖をぶちまける。

慌てて片付けようとしてくれるけど、絶対にまた何かにぶつかって他のものをひっくり返すんだ笑笑。

「あ、ありがとう!でも疲れているでしょ?テレビでも見ていてよ。すぐ出来ちゃうから…」

すると、口を尖らせて

「サッカーの試合まだ始まらないんだよ。ほかの見始めたら中途半端になっちゃうからさ…」

( なるほど…退屈なのね…笑笑。暇つぶしに来たのね…)

そしてさっき以上のふにゃふにゃ笑顔でさらに言うんだ。

「オレが手伝ったら早く終わるじゃん?そしたらサッカー始まるまでに出来ちゃうじゃん?そしたらサッカーをキックオフから一緒に見られるぜっ?……だしさ、一緒に作った方が楽しいじゃん…?」

きた!キラースマイル!!

ふにゃふにゃ×100の最上級の笑顔!

「わかった、わかった笑笑…。じゃ、お願いしますよ」

はい、宏太の笑顔に負けました笑笑。

 

宏太の破壊活動…笑笑!

「じゃ、何すればいいの?」

もみ手をしながら嬉しそうにはしゃぐ宏太…こんどのお誕生日で30歳になるんじゃなかった?

外ではホントにしっかりしていて、グループをまとめる最年長、JUMPの帝王…なんていわれている宏太だけれど、じつはホントに可愛い人。家のことは、びっくりするほど出来ない笑笑。

「じゃあね、そこのボールとヘラを洗ってくれる?」

洗い物なら平気かな?ゆっくりでいいからね。

「わかった!」

元気にお返事をして、洗剤と水をジャバジャバしている宏太。そこら中に泡が飛び、びしょ濡れだけど……可愛いからまあいいや。

「サッカーはどっちが勝ちそうなの?」

大好きなサッカーの話は止まらなくなるのはわかっている。

だけど、一応聞いてあげよう笑笑。おとなしくおしゃべりしをしていてくれる方が助かるし…。←おとなしくおしゃべりって何よ?笑笑

「今日は見逃せないよ。久保がレアルでデビューするかも…」

「久保?…誰だっけ??…?」

「あ…久保知らないの?…あーそうだよね、女子はあまりサッカーに興味ないのかな?…こんどスタジアムに行こうよ、行けば楽しいしさ。チケットとるよ…!久保はさ…最年少で…」

はじまった笑!

水を出しっぱなしで、たったひとつのボールを洗う宏太。ボールを洗いながら、気持ちはスペインのスタジアムに飛んでいるみたい笑笑。

好きなことをたくさん喋る宏太が大好き。

お手伝いなんかいいから、そこでずっとサッカーの話をしていて…。

と、思っていると…

ガチャガチャ…ガッチャーン!!

あ?ボール洗っているだけなのに、おしゃべりに熱が入りすぎて食器棚にぶつかった。

あーまた…!

宏太がキッチンに入ると何かが壊れる。

でもまあ、可愛いから許す。

「わっわっわっ!ゴメン!肘が当たっちゃった」

少し反省しているようなので、怖い顔をしてあげる。

「ね、宏太?この家でお皿何枚割ったの?」

 

宏太、キッチンのマスコットになる!

宏太の笑顔がシュルシュルとしぼむ…。

割れたお皿のそばにしゃがみ、下を向いて何かゴニョゴニョ言ったあと立ち上がってまた、ふにゃふにゃ笑う。

「いや、悪かったよ。オレ、ちゃんと片付けるよ。それで、今後皿買いに行こう?お詫びご飯おごるよ」

宏太が再び動き出す前に、手早く割れたお皿を片付ける。何度もやっているので、この手順は慣れたものだ。

「じゃ、お洒落なお皿を買ってね。美味しいご飯もご馳走してくれるのね?それなら、許すよ笑笑」

宏太はニコニコしながらキッチンの隅に座って言う。

「もう、ここで静かに座ってる。料理が出来るのを静かに見てるよ」

…最初からそうしてくれたらいいのに…笑笑

「静かじゃなくていいよ。サッカーの話を教えて?試合の見どころはなんだっけ?」

夢中でサッカーの話をしている宏太を見ながら…

マシンガンのように連なる声を聞きながら、料理を作るのが大好き。

雨の日の料理も、宏太が一緒なら最高に幸せ!

 

 

あぁ、うちのキッチンにも薮くんが襲来してくれたらいいのに…。皿なんか何枚でも割ってくれていいのに…笑笑。

次はどのメンバーと家事をしましょうか? (*´ω`*)/