ひるねこの居眠り

Hey!Say!JUMPと伊野尾慧…時々家族への愛を綴ります。

いたジャン『ありゆと』ロケに萌えました!

Hey!Say!JUMPには何組ものコンビが存在するけれど、みなさんはどのコンビが好きですか?

 

例えば…

アイドルとして生まれたときからずっと一緒…"King of シンメ"な『やぶひか』…山ちゃんの知念を見つめる慈愛に満ちた表情がたまらない『やまちね』Mステの登場シーンでお馴染みの『いのたか』はプライベートでも沖縄旅行へ行った仲だとか。

 

そしてひるねこは今日、新たなコンビに萌えてしまったのだ。

それはこの2人…『ありゆと』である!

f:id:hirunekotan:20190316153634j:image

3/16放送の『いただきハイジャンプ』…テーマは『日本一高額な盆栽の値段を調査せよ!』だった。

盆栽といえば、ジャニーズでは嵐の松本潤くんがハマっていると話題になったことがある。気が遠くなるような時間と手間をかけて作り上げていく盆栽…その道を知れば奥深く、味わい深いものだとは思うが、貧乏性ですこぶるせっかちなひるねこには、全く接点のない世界だ。

そんなわけで『盆栽がテーマってどうなの??』と思いながら観始めたのだが…正直、この日の『いたジャン』はとても面白かったわ。

もちろん、盆栽という知らない世界を知るのは興味深いし、驚くほど高額な値段がつくのは爽快だった。…しかし、それ以上に心踊ったのは出演したメンバーが大ちゃんと裕翔だったからだと思う。(←ちなみにひるねこは伊野尾担です!)

 

大ちゃんと裕翔…『ありゆと』かぁ。Hey!Say!JUMPの中ではわりとマイナーなコンビなんじゃないかな?……でも、ひるねこは確信しました。このコンビは絶対にロケに向いている!

まずこのふたり、並んで立った姿がいい。『いのひか』や『ありやま』みたいにサイズ感が揃っている、双子感タップリのコンビもいいのだが…『ありゆと』の身長差は見ているだけでワクワクする。

f:id:hirunekotan:20190316154236j:image

身長差14センチのふたり…漫才コンビにいそうなサイズ感じゃない??もともと、にぎやかなこの2人…『はい、どうも〜!ありゆとです〜』なんて登場して、今にもネタをはじめそうな雰囲気で、自然に頬が緩む。

『やぶちね』『ゆとやま』『ありたか』…他にも身長差コンビはあるけれど、このふたりには他のコンビにはない、実務的なポテンシャルの高さもありそう。

まず、2人のテンポ感がいい。頭の回転も身のこなしも速いし、トークのリズムも、受け答えも、リアクションのキレもよい。ふたりの無駄のない動きは清々しいほどだった。

そしてペアになった時の2人のバランスの良さだ。何にでも興味を持ち目を輝かせる裕翔を、ヒルナンデスでロケのいろはを叩き込まれている大ちゃんがさりげなくリードする。今回は序盤、巨大電卓のストラップがとっさに外れなかった裕翔をフォローしながら、自然に番組を進行する大ちゃんがとても頼もしかった。そしてじっとストラップをいじっている裕翔は実に可愛かった!

そして、ふたりの表情の豊かさ…リアクションのバランスの良さ!

f:id:hirunekotan:20190316140453j:image

ゆうてぃの端正なお顔から繰り出される激しいリアクションの斜め下にちょんといる大ちゃんの可愛いお顔…いくらでも観ていたい。

そして、スーツをスマートに着こなすゆうてぃとネクタイを緩めて着崩す大ちゃんの対比も面白い。(←大ちゃんのYシャツ、サイズが小さい…わけじゃないよね?)

さらに、裕翔がロケに向いていると思うのは…多趣味で知識が豊富、そして、色々なことにアンテナを張っているところ。取材の対象に本当に興味を持っているのが伺えて、見ていて気持ちがいい。

今回のロケでは、盆栽漫画家の百万友輝さんに『中島さん(盆栽の)見方、ご存知なんですね…』と言われていたね。実際に知識があったのか、無意識に盆栽をよく見ようとした結果なのかはわからないけれど、裕翔のそういうところがいいんだよね。盆栽の正面に屈んで真剣な顔で見つめる裕翔…素敵だった!

そして、大ちゃんは経験値が高い。ヒルナンデスで、石原良純さんなど癖の強いメンバーに揉まれながら、ロケを回しているから。よほどのことでは動じない。

そしてさらに良いのは、大ちゃんが良い意味で常識人で、庶民的だというところ。トップアイドルHey!Say!JUMPの一員だけれど、あたしたち視聴者と同じ感覚を持っていると思わせてくれる。

 

そして何より、ふたりの取材先での気遣いや礼儀正しさは、Hey!Say!JUMPファン以外の人からもきっと好感がもたれるだろう。JUMPがもっともっと大きくなるには『ありゆと』が大きな武器になるのかもしれない。

2人で、どんどんマニアックなものを取材して欲しい。JUMPのロケといえば『ありゆと』と言われる名コンビになる予感がする!